« 2011年3月 | メイン | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

土曜日にメルマガ,大型連休天気に注意,沖縄梅雨入り

ども,ゴールデンウイーク初日は庭仕事,腰の痛い(た)です.
でも,昨日29日が一番貴重なお天気だったかもしれません.沖縄は梅雨入りしましたし,これからあすは雨の心配ありです. (追.奄美地方も本日梅雨入りです)
Radar_anime02
連休のお出かけは直前のお天気チェックをお忘れなく!

では,(ま)のメルマガです.

====================================================================
        お天気Magazine九州               2011.4.28号
====================================================================
◆ゴールデンウィークはややぐずつき気味に

 29日からゴールデンウィーク。天気が気になるところですが、ややぐずつ
き気味の天気となりそうです。
 今のところ、次にような天気の傾向を予想しています。

 29日(祝) すがすがしい晴天。行楽日和。
 30日(土) 次第に雲が広がる。南風が吹き込み、暑くなる。
 1日(日) 午前中中心に雨。雨の後に黄砂飛来の可能性。
 2日(月) いったん晴れ。
 3日(火) 九州の南を低気圧が通過し、各地で一時雨。
 4日(水) 九州の南に前線停滞。雲多いが、九州の北部中心に晴れ間も。
 5日(木) 引き続き前線の影響。雲が多く、九州の南部を中心に雨も。

 3日(火)以降、九州の南海上に前線が停滞し、その前線の南北への微妙な
動きによって天気が変わる可能性があります。お出かけなどの際は最新の予
報をご利用ください。

お天気Web九州
http://www.jwaq.gr.jp/

--------------------------------------------------------------------
◆もう真夏日!

 今週27日(水)は、南西から暖かい空気が流れ込んだため、九州各地で大き
く気温が上昇しました。
 特に、南西からの風が山を越えて吹き下ろす形になった宮崎県や大分県で
はフェーン現象が加わり、たいへん厳しい暑さとなりました。最高気温は、
宮崎空港で30.8度、大分県杵築市で30.4度、大分市で30.2度に達し、ことし
全国で初めての真夏日となりました。

 ゴールデンウィーク中の30日(土)も似たような気圧配置となります。全般
に気温が高く、やはり大分県や宮崎県では大きく気温が上がることが予想さ
れますので、お出かけの際には服装などに十分ご注意ください。

大分合同新聞「今年初の真夏日 最高気温30度越え」
http://www.oita-press.co.jp/localNews/2011_130386843674.html

--------------------------------------------------------------------
◆少雨続く

 九州は雨の少ない状態が続いています。今週26日(火)には九州南部・奄美
地方に、28日(木)には九州北部地方に、少雨に関する情報が発表されました。

 今後、周期的にある程度の雨が降ることは予想されるものの、少雨傾向を
解消するにはまだ時間がかかる見込みです。

 特に宮崎県などでは極端に降水量が少ないところもあり、農業などに影響
が出るおそれがあります。今後も降水量の状況にご注意ください。

「少雨に関する情報」
九州南部・奄美地方
http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/110_04_827_20110426070956.html
九州北部地方
http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/109_04_807_20110428020011.html

宮崎日日新聞「ダム貯水率回復至らず 渇水続く県内で降雨」
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/?itemid=37672&catid=74&blogid=13

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------
 ことしもゴールデンウィークがやってきました。といっても、ことしは東
日本大震災があったため、東日本では交通機関などに影響が残っており、な
んとなく例年とは気分が違うような感じもします。

 しかしながら、JRの指定席の予約状況は、全国のJR各社で昨年を大幅
に下回る一方で、九州だけは九州新幹線開業の効果もあり、逆に昨年を大幅
に上回っているそうです。
 例年、全国で最大規模の人出でにぎわう博多どんたくも、ことしは「がん
ばろう!日本」がスローガン。九州から東日本に元気を届けたいものです。

 ただ、このゴールデンウィーク、天気が少々心配になってきました。
 5月に入るあたりから、天気が変わりやすくなり、3日、4日のどんたく
のあたりも天気が崩れる可能性が。
 どうか、きれいな青空のもと、元気な声が響くゴールデンウィークとなっ
てほしいものです。

「博多どんたく港まつり」ホームページ 
http://www.fukunet.or.jp/dontaku/

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 ゴールデンウィーク中の天気は、上の記事の通り、1日(日)と3日(祝)ご
ろに雨。また5日(祝)ごろにも雨の可能性があります。
 晴れの日には、もう紫外線が強い季節になってきました。お出かけの際に
は日焼けにもご注意を。

※今週は「お天気の豆知識」はお休みしました。
                                (ま)
====================================================================

  日本気象協会九州支社 http://www.jwaq.gr.jp/

  ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
   配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================


2011年4月22日 (金)

金曜日はメルマガ

ども、(た)です
サボってましたが(ま)のメルマガです

====================================================================
   お天気Magazine九州 2011.4.21号
====================================================================
◆新燃岳が噴火 火山れきによる被害も

 新燃岳で、18日(月)午後7時22分に噴火が発生し、噴煙が火口縁上2000m
まで上がりました。
 大きな噴石が約1km飛散したほか、最大2cmの小さな噴石(火山れき)が風
に流されて火口から約9kmの高原町まで達し、民家の太陽熱温水器や太陽電
池パネルが破損するなどの被害が発生しました。
 これに伴う降灰は、新燃岳から東方向の地域に分布し、日向灘まで達して
いました。

 新燃岳は、時々噴火を繰り返す状態が続いており、今後も火山れきなどに
注意が必要です。

「霧島山(新燃岳)の火山活動解説資料」(4月19日19時30分発表)
http://www.jma-net.go.jp/fukuoka/jikazan/kinkyu/V20110419000155103000001104191933.pdf

霧島山(新燃岳)上空の風 時系列予測
http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/siryou/kirishima/kirishima.html

--------------------------------------------------------------------
◆東北地方太平洋沖地震

 東北地方太平洋沖地震に伴う余震は、発生数はやや少なくなってきている
ものの、21日(木)午後4時までに発生した余震数が、M5.0以上は 425回、
M6.0以上が73回に達するなど、非常に多くなっています。

 また今週も、17日(日)午前0時56分に新潟県中越地方を震源とするM(マ
グニチュード)4.9の地震が発生し、新潟県津南町で震度5弱を観測した
ほか、19日(火)午前4時14分には秋田県内陸南部を震源とするM4.9の地
震が発生し、秋田県大仙市で震度5弱を観測するなど、東北地方太平洋沖地
震の震源域から離れた地域でも地震活動が活発化しており、広い範囲で地震
に対する注意が必要な状況となっています。

 気象庁ではM7.0以上(最大震度5強以上)の余震が発生する確率につい
て、4月21日午後3時から3日間以内には10%、さらに24日午後3時から3
日間以内には10%未満、と予想しています。

気象庁「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震について(第40報)」
http://www.jma.go.jp/jma/press/1104/21b/kaisetsu201104211600.pdf

気象庁「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震関連情報」
http://www.jma.go.jp/jma/menu/jishin-portal.html#b

--------------------------------------------------------------------
◆福岡でひょう 阿蘇山で積雪

 福岡市で19日(火)午前9時ごろ、直径8mmのひょうが観測されました。
 当日は九州の上空5500m付近に氷点下27度以下という強い寒気が南下し、
大気の状態が不安定になっていました。
 福岡市でひょうが降ったのは、2008年12月11日に直径7mmのひょうが観測
されて以来のことです。

 また、強い寒気の流れ込みに伴って、阿蘇山では雪が降り、アメダスの観
測では19日(火)午前7時に1cmの積雪が観測されました。

西日本新聞「春の珍客 阿蘇白々 九州冷え込む」
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/237841

------------------------[お天気の豆知識]----------------------------
【ひょう】
 空から降ってくる氷の粒のうち、直径が5mm以上のものを「雹(ひょう)」
といいます。そして、逆に直径5mmに満たないものを「霰(あられ)」と呼ん
で区別しています。

 ひょうは、大きいものになると自動車や窓ガラスなどに被害を出すことも
ありますし、時には人がけがをすることもあります。
 また、通常のひょうでも、農作物に大きな被害をもたらすことがあります。

 ひょうは、発達した積乱雲から降ってきます。
 これから5月ごろにかけては、日差しが強まって地表付近の気温が上がる
一方で、上空に時々冬の名残の強い寒気が南下してきます。すると、暖かく
て軽い空気の上に、冷たくて重い空気が載る形になり、大気の状態が不安定
になってしまいます。
 このような状況が予想される時には、気象台から落雷や突風、ひょうに関
する情報が発表されますので、注意する必要があります。 

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 九州は雨がたいへん少ない状態が続いていますが、22日(金)は久しぶりに
ややまとまった雨となるところもありそうです。
 22日(金)は九州北部は日中次第に雨が降りやすくなり、九州南部も夜には
雨。23日(土)は雨は朝までにやみ、日中は晴れ間も。24日(日)は九州の北部
を中心にやや雲が広がりやすい天気となりそうです。

※今週は「お天気屋のつぶやき」はお休みしました。
                                (ま)
====================================================================

日本気象協会九州支社 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================