« 木曜日にメルマガ,雨あがる | メイン | 東北沖で地震!大津波!宮崎,種子島屋久島,奄美諸島・トカラ列島,大分県豊後水道沿岸,鹿児島県東部,沖縄でも津波警報! »

2011年2月25日 (金)

金曜日はメルマガ,火山に地震に花粉に桜!

 

ども,今年の花粉にてん茶で対抗中の(た)です.

いろいろ盛りだくさんの(ま)のメルマガをどうぞ.

====================================================================
        お天気Magazine九州               2011.2.24号
====================================================================
◆新燃岳 12回目の爆発的噴火

 新燃岳では、18日(金)午後6時16分に爆発的噴火が発生しました。噴煙が
火口縁上3,000mまで上がり、大きな噴石が火口から1kmまで飛散したことが
確認されました。これで新燃岳の爆発的噴火は12回目となりました。

 新燃岳の火口内の溶岩は直径600m程度でほとんど変化がなく、時々噴火す
る状態が続いています。

 また、都城市では、16日(水)~17日(木)に20.0ミリ、20日(日)に 2.5ミリ、
23(水)に 2.0ミリの雨が降りましたが、これまでのところ土石流の発生は確
認されていません。


◇観測体制を強化へ

 新燃岳の火山活動の監視を強化するため、来月上旬より、地震計や傾斜計、
空振計、好感度カメラ、降灰量を自動計測する降灰計が、新たに設置される
ことになりました。

 また、土石流の発生に備え、22日(火)に以下の3か所に雨量観測所が設置
されました。

 高原(たかはる):宮崎県西諸県郡高原町大字西麓
 山田(やまだ):宮崎県都城市山田町山田
 霧島牧園(きりしままきぞの):鹿児島県霧島市牧園町高千穂

 これらの地点の雨量データについては、3月2日(水)からホームページな
どで閲覧できるようになる予定となっています。

気象庁
「霧島山(新燃岳)の噴火活動に伴う観測体制の強化について」
http://www.jma.go.jp/jma/press/1102/21a/kirishima110221.html
「霧島山(新燃岳)の噴火活動に伴う雨量観測体制の強化について」
http://www.jma.go.jp/jma/press/1102/21b/110221_temprain.html


[霧島山(新燃岳)上空の風 時系列予測]
http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/siryou/kirishima/kirishima.html

[気象庁発表の火山情報]
火山活動解説資料など
http://www.seisvol.kishou.go.jp/tokyo/volcano.html
火山の状況に関する解説情報
http://www.seisvol.kishou.go.jp/tokyo/STOCK/volinfo/kaisetsu.html
噴火に関する火山観測報
http://www.seisvol.kishou.go.jp/tokyo/STOCK/volinfo/gensho.html

[自治体による情報提供]
宮崎県
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/somu/kiki/volcano/sinmoe_funka.html
鹿児島県
http://www.pref.kagoshima.jp/bosai/saigai/h22/shinnmoe.html

[ライブカメラ]
気象庁火山カメラ画像
http://www.seisvol.kishou.go.jp/vo/32.php
NHK鹿児島放送局
http://www.nhk.or.jp/kagoshima/volcano/shinmoedake/index.html

--------------------------------------------------------------------
◆ニュージーランドで大地震

 今週22日(火)の日本時間午前8時51分ごろ(現地時間午後0時51分ごろ)、
ニュージーランド南島のクライストチャーチ付近を震源とするM(マグニチ
ュード)6.3の地震が発生しました。この地震でクライストチャーチでは
ビルの倒壊など大きな被害が発生しています。

 M6.3という地震の規模は特に大きなものではありませんが、震源がク
ライストチャーチにかなり近い位置であったこと、震源の深さが5km程度と
浅かったこと、また、クライストチャーチが堆積層の上に位置し地盤が悪か
ったことなどから、かなり大きな揺れになった模様です。

 ニュージーランドは、オーストラリアプレートと太平洋プレートの境界付
近に位置する島国で、日本とよく似た条件であるといえます。
 クライストチャーチの西では、昨年9月4日にもM7.0の地震が起こっ
ています。今回の地震は、この地震の余震域の東端付近に位置しており、昨
年の地震の余震の一つであるという考え方も示されています。

東京大学地震研究所「2011年2月22日の地震について」
http://outreach.eri.u-tokyo.ac.jp/eqvolc/201009_nz/#20110222EQ
防災科学技術研究所「ニュージーランド南島で2011年2月22日に発生した地
震」
http://www.bosai.go.jp/news/report/20110224_01.pdf

--------------------------------------------------------------------
◆スギ花粉の飛散急増中

 ことしは1月の低温の影響でスギ花粉の飛散開始が例年より遅れていたの
ですが、先週末ごろから九州の広い範囲でスギ花粉の飛散がいよいよ始まり
ました。
 そして、今週に入ってからは気温が高くなっているため、所によっては飛
散が急激に増え、すでに非常に多くなっているところがあります。

 今週末にかけては、気温が高い傾向が続くため、スギ花粉が飛散しやすく
なる見込みです。
 花粉症の方は十分ご注意ください。

tenki.jp「花粉情報」
http://tenki.jp/pollen/

--------------------------------------------------------------------
◆第2回桜の開花予想

 今週23日(水)に日本気象協会から、ことし2回目の桜の開花予想を発表し
ました。九州・山口の予想開花日は以下のとおりとなっています。

         予想開花日  平年比
     下関市 3月25日頃 4日早い
     福岡市 3月23日頃 3日早い
     佐賀市 3月24日頃 2日早い
     長崎市 3月22日頃 3日早い
     大分市 3月25日頃 2日早い
     熊本市 3月22日頃 2日早い
     宮崎市 3月21日頃 4日早い
    鹿児島市 3月22日頃 4日早い

 宮崎市の3月21日頃は、高知市と並んで、全国でもっとも早い予想開花日
となっています。
 日本気象協会発表の桜の開花予想は、来週以降、毎週水曜日に最新のデー
タを反映し発表します。次回発表は3月2日(水)です。

tenki.jp「桜の開花予想<第2回>」
http://tenki.jp/sakura/expectation

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 今週のポカポカ陽気から一転、来週は寒くなりますからご注意を。
 25日(金)は午前中、九州北部で雲が多いほかは、全般に晴れ。26日(土)は
次第に雲が広がり、27日(日)から28日(月)にかけて各地で雨が降る見込みで
す。
 週末にかけてはとても暖かいですが、来週、ちょうど3月に入るころから
冬の寒さがぶり返しそうです。

※今週は「お天気の豆知識」「お天気屋のつぶやき」はお休みしました。
                                (ま)
====================================================================

  日本気象協会九州支社 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
   配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/393724/26046855

金曜日はメルマガ,火山に地震に花粉に桜!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿