« 2010年9月 | メイン | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月29日 (金)

金曜日はメルマガ,奄美に台風接近

ども,昨日の東京出張で11月下旬並の寒さに体調不良の(た)です.
強い寒気が流れているためですが,そんな時期にも関わらず,台風が心配です.

Radar_anime02
←気象レーダを見ると,奄美大島の東海上を進んでいるのがわかります.
奄美地方は,29日日中が雨風のピークになる模様です.










早く雨風波がおさまって欲しいものです.

台風を含め(ま)のメルマガです.

====================================================================
        お天気Magazine九州               2010.10.28号
====================================================================
◆台風14号、奄美に接近

 24日(日)にフィリピンの東海上で発生した台風14号は、勢力を強めながら
北上し、沖縄本島、奄美の東海上へと北上しています。28日(木)夜の段階で
台風の中心気圧は 935ヘクトパスカル、最大風速は45メートルと非常に強い
勢力を保っています。

 先週の豪雨で大きな被害を受けた鹿児島県の奄美地方は、29日(金)にかけ
て台風14号がもっとも接近するものと見られ、台風の雨による土砂災害の発
生や暴風、高波などに警戒が必要な状況となっています。

 また、台風は30日(土)には九州の南東海上を北東へ進むものと予想されま
す。今のところ、九州への直接的な影響は比較的小さいものと見られますが、
30日を中心に北東の風が強まり、海上は太平洋側を中心にしけるところがあ
る見込みです。また、30日は雨が降るところが多く、宮崎県など太平洋側で
は雨量が多くなる可能性もあります。

 今後の台風14号の動きにご注意ください。

最新の台風の進路は「お天気Web九州」
http://www.jwaq.gr.jp/
をご覧ください。

--------------------------------------------------------------------
◆奄美大島豪雨の解析雨量図を公開

 先週20日(水)を中心とした奄美大島の記録的豪雨について、解析雨量(気
象レーダーとアメダスなどから推定した雨量)の移り変わりを動画にしたも
のを「お天気Web九州」で公開しました。
 特に大きな被害が出た奄美市住用町周辺で、20日昼ごろから昼過ぎにかけ
て連続的に猛烈な雨が降った様子などが分かる画像となっています。

詳しくは、「お天気Web九州」のお知らせ
http://www.jwaq.gr.jp/jwaq/info.html
をご覧ください。

--------------------------------------------------------------------
◆12月は寒さ厳しく

 今週25日(月)に気象台から11月から来年1月にかけての3か月予報が発表
されました。
 それによると、特に12月は西日本に寒気が流れ込みやすく、寒さが厳しく
なりそうです。九州では、月別におおむね次のように予想されます。

 11月 天気は秋の周期変化パターン。
    気温は平年よりやや高めの傾向が続く。
 12月 西日本中心に寒気が流れ込みやすく、寒さが厳しい。
    冷たい北風が強く吹き、雪が降る日も例年より多くなりそう。
 1月 冬型の気圧配置となる日が多く、寒い日が多い。

 現在、赤道太平洋東部の海面水温が例年より低くなるラニーニャ現象が発
生しており、冬まで持続することが予想されています。ラニーニャ現象発生
時には、冬は西日本で気温が低くなる傾向があり、この冬もその影響が現れ
ることが予想されます。

3か月予報
九州北部
http://tenki.jp/long/detail-10.html?forecast_span=three_month
九州南部・奄美
http://tenki.jp/long/detail-11.html?forecast_span=three_month

------------------------[お天気の豆知識]----------------------------
【遅い台風上陸】
 台風14号は週末にかけて、九州、四国の南海上を北東へ進み、31日(日)ご
ろには関東付近に接近し、場合によっては上陸するおそれもあります。

 日本に台風が上陸したもっとも遅い記録は、1990年11月30日に和歌山県白
浜町の南に上陸した台風28号ですが、2番目に遅い記録となると1967年10月
28日に愛知県南部に上陸した台風34号で、その間には1か月以上もの開きが
あります(1967年は台風の発生がもっとも多く、39個もの台風が発生した年
でもあります)。
 ですから、もし、今回の台風14号が日本列島に上陸すれば、史上2番目に
遅い上陸ということになります。

 ちなみに九州へのもっとも遅い台風上陸は、1998年の10月17日に鹿児島県
枕崎市付近に上陸した台風10号です(この年は台風が16個しか発生せず、も
っとも発生数が少なかった年です)。

気象庁 台風上陸日時のランキング
http://www.data.jma.go.jp/fcd/yoho/typhoon/statistics/ranking/late_early_l.html

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------
 先週20日(水)、奄美大島は1時間 130ミリ以上もの猛烈な雨が降るなど、
記録的な豪雨に見舞われ、大きな被害が出ました。
 10月のこの時期になってそのような記録的な豪雨が起こったことに驚かさ
れるとともに、土砂災害などによって道路や電話などが途切れると途端に被
害の状況を把握することさえも困難になってしまうという島特有の災害の恐
ろしさを感じさせられた災害でした。

 今回の豪雨をめぐっては、被害の状況や豪雨の原因などさまざまな報道が
されていますが、その中で南日本新聞の記事を読み、今回の災害の怖さをま
ざまざと感じさせられました。それがこちらです。
http://373news.com/_kikaku/amami_gouu/index.php?storyid=27439#news
 豪雨が降りだした直後に、今回の豪雨でもっとも大きな被害が出た住用町
に入った記者が、土砂崩れで住用町から出られなくなり、記者自身が土砂崩
れに遭った老人ホームのお年寄りを救出に加わった際のルポです。その救出
を始める際、その場にいた人たちに奄美市住用総合支所長は、「外部からの
応援は来ない。ここにいるメンバーで何とかするしかない」と呼びかけたと
いいます。

 豪雨の復旧作業が始まった矢先の今回の台風14号接近。どうか被害が出ず
に台風が過ぎ去ることを祈りたいと思います。

※奄美豪雨に関する資料です。
鹿児島地方気象台・名瀬測候所
「平成22年10月18日から20日にかけての鹿児島県奄美地方の大雨について」
http://www.jma-net.go.jp/fukuoka/chosa/saigai/20101018-20_amami.pdf
気象庁「前線による大雨」
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/bosai/report/new/jyun_sokuji20101018-21.pdf
国土交通省砂防部
「10月20日からの豪雨による奄美地方における土砂災害について」
http://www6.river.go.jp/riverhp_viewer/entry/y2010eec4eab7848fbd3a319f62164e675b8826816cba5.html

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 週末にかけて台風14号の動きに注意を。
 29日(金)は九州は晴れるところが多い。30日(土)は台風が九州にもっとも
近づくため、全般に北東の風が強く雨。31日(日)には天気は持ち直すが、九
州北部を中心に雨が残るところも。
 なお、31日(日)には、台風が関東地方などに接近し、全国的に交通機関に
影響が出るおそれもありますので、こちらもご注意を。
                                (ま)
====================================================================
  日本気象協会九州支社 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
   配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================



2010年10月26日 (火)

コスモスぶるる

ども、携帯から(た)です。
福岡市の大濠公園です
北風が強く寒い状態が続きます
ご自愛ください

2010年10月24日 (日)

鹿児島方面大雨警戒

鹿児島方面大雨警戒
ども、日曜日予定していたソフトボールが雨天中止で残念、の(た)です

しかし九州北部より雨の降り方が強い南部では、大雨注意報や警報が出ています

今後の雨にご注意です

2010年10月22日 (金)

奄美大島豪雨の解析雨量図

10月20日を中心とした奄美大島の記録的豪雨について、解析雨量(気象レーダーとアメダスなどから推定した雨量)の移り変わりを動画にしました

下記サイトにおいております.
http://www.jwaq.gr.jp/jwaq/info.html
「奄美大島豪雨の解析雨量図を掲載 」の「こちら」をクリックすると
動画でみられます.

金曜日にメルマガ,奄美大雨.

ども,奄美の大雨に驚いている(た)です.
奄美の三日間の積算雨量画像です.


2010101820_3












====================================================================
        お天気Magazine九州               2010.10.21号
====================================================================
◆奄美大島で記録的豪雨

 今週20日(水)を中心に、奄美大島は記録的な豪雨に見舞われました。
 鹿児島県が奄美市住用に設置した雨量計では、20日午後1時までの1時間
に 131ミリという猛烈な雨を観測。名瀬測候所からは、奄美市などで1時間
に 120ミリ以上の雨が降ったと見られるとして、3度にわたり記録的短時間
大雨情報が発表されました。
 奄美市名瀬のアメダスでは、18日の降り始めからの雨量がすでに 750ミリ
を超えています。名瀬では20日だけで 622.0ミリの雨が降り、1896年の観測
開始以降で最大の日降水量となりました。また、名瀬の年間降水量の平年値
は2900ミリほどですので、その4分の1以上もの大量の雨が3日足らずのう
ちに降ったことになります。

 この豪雨で、奄美大島島内では各所で大規模な土砂災害や浸水などの被害
が発生しているほか、電話や電力にも大きな被害が発生しており、被害状況
の把握なども依然困難な地域がある模様です。

 今週は、秋雨前線が奄美付近に停滞しています。また、台風13号が南シナ
海で動きが遅い状態が続いており、その外側を回る風に乗って南から流れ込
んだ湿った空気が、秋雨前線の活動を活発にさせたものと見られます。

 奄美付近には、週末にかけても湿った空気の流れ込みが続くため、雨が降
りやすく、局地的に非常に激しい雨が降るおそれもあります。
 これまでの雨で非常に地盤が緩んでいることなどから、わずかな雨でも大
きな災害が発生するおそれがあり、今後も厳重な警戒が必要です。

鹿児島地方気象台
「災害時気象資料」
http://www.jma-net.go.jp/fukuoka/chosa/saigai/20101018-20_amami.pdf
「災害時支援資料」
http://www.jma-net.go.jp/kagoshima/shien/shienshiryou.pdf

鹿児島県「10月20日からの大雨に関する被害状況」
http://www.pref.kagoshima.jp/bosai/saigai/h22/ooame1020.html

内閣府「防災情報のページ」
http://www.bousai.go.jp/index.html

NHK「気象・災害情報」
http://www3.nhk.or.jp/weather/

南日本新聞「奄美豪雨写真ニュース」
http://www.373news.com/_kikaku/amami_gouu/index.php

------------------------[お天気の豆知識]----------------------------
【記録的短時間大雨情報】
 数年に一度程度しか起こらないような猛烈な雨が降ると、気象台から「記
録的短時間大雨情報」が発表されます。
 内容は、どこで1時間に何ミリの雨が降ったかということを示すもので、
猛烈な雨が降った時に、その事実をいち早く伝え、甚大な被害がすぐにも起
こるおそれが大きいことを示すためのものです。

 記録的短時間大雨情報の発表基準となる1時間雨量は、次のように地域別
に決められています。
    山口県 100ミリ
    福岡県 110ミリ
    佐賀県 110ミリ
    長崎県 北部、南部 110ミリ 壱岐・対馬、五島 100ミリ
    大分県 110ミリ
    熊本県 110ミリ
    宮崎県 110ミリ
    鹿児島県 120ミリ 

 今回の奄美大島の豪雨では、レーダーやアメダスを用いた解析で、1時間
120ミリ以上の雨が降ったと見られたため、記録的短時間大雨情報が発表さ
れました。

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 奄美地方は、週末にかけても南から湿った空気が流れ込みやすいため、引
き続き土砂災害などに厳重な警戒が必要です。

 九州は、22日(金)は曇り。23日(土)は南部から雨が降りだし、24日(日)は
北部も雨に。さらに、25日(月)にも北から寒冷前線が南下してくるため、一
時雨が降る見込みです。
 そして、26日(火)からはこの秋一番の寒気が南下してくるため、急に気温
が下がり、朝の冷え込みも強まりそうです。来週は風邪をひかないようご注
意を。

※今週は「お天気屋のつぶやき」はお休みしました。
                                (ま)
====================================================================
  日本気象協会九州支社 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
   配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================

2010年10月20日 (水)

奄美大島記録的短時間大雨情報

奄美大島記録的短時間大雨情報
奄美大島で記録的な大雨です

奄美地方(鹿児島県)記録的短時間大雨情報 第2号
平成22年10月20日13時25分 名瀬測候所発表
 13時鹿児島県で記録的短時間大雨
 奄美市付近で120ミリ以上
 大和村付近で120ミリ以上

2010年10月 6日 (水)

秋風さわやか筑後川

ども、携帯から(た)です。
久留米出張で、しばし休憩です(^^;)。

2010年10月 3日 (日)

日曜日にメルマガ、雷突風短時間強雨に注意!

日曜日にメルマガ、雷突風短時間強雨に注意!
ども、雷で目覚めた(た)です

昨日温暖前線通過で一時雨、その後暖域に入り蒸し暑く、今は寒冷前線通過で雷と雨です

教科書通りの変化で、気象災害の起こりやすいパタンなので,ちょっと心配です

さて火山に観測記録に地震、話題満載の(ま)のメルマガです

====================================================================
   お天気Magazine九州 2010.9.30号
====================================================================
◆桜島の噴火警戒レベル2に引き下げ

 30日(木)の午前11時に、鹿児島市の桜島について噴火警報が発表され、桜
島の噴火警戒レベルが、これまでの3(入山規制)から2(火口周辺規制)に引
き下げられました。

 桜島の昭和火口では、今月9日以降、爆発的噴火が発生しておらず、16日
以降は小規模な噴火も発生していません。また、南岳山頂火口では噴火は発
生していません。
 また、火山性地震や火山性微動は少なく、山体の膨張を示すような地殻変
動も観測されていないことから、噴火警戒レベルの引き下げになりました。

 ただ、昭和火口の噴火活動は、長期的には次第に活発化する傾向にあり、
今後も活動には注意をする必要があります。

30日発表の桜島の噴火警報
http://www.jma.go.jp/jp/volcano/506-20100930110000-40.html

--------------------------------------------------------------------
◆京田辺の39.9度はなかったことに

 9月5日に京都府京田辺市のアメダスで39.9度という今年最高の気温が観
測された後、アメダスの温度計につる性の植物が巻き付いているのが見つか
ったのを受けて、気象庁が全国のアメダスなどの観測環境について緊急点検
を行った結果が30日(木)に発表されました。

 それによると、気温については京田辺のみ観測環境が不適切で、9月5日
に観測された39.9度などのデータは削除されることになりました。
 一方、雨量計については、全国15ヶ所の観測所で雨量計の上に草がかぶさ
るなどの不適切な環境が見つかり、うち6ヶ所については観測データに影響
があったとしてデータが削除されることになりました。

 九州では、大分県の竹田と宮崎県の延岡で、雨量計の観測環境が不適切で
あるとされましたが、観測データへの影響はなかったと判断されました。

気象庁「アメダス観測環境の緊急点検結果について」
http://www.jma.go.jp/jma/press/1009/30a/100930_amedas.pdf

------------------------[お天気の豆知識]----------------------------
【測候所】
 10月1日(金)に、根室、若松、千葉、御前崎、輪島、山口の6測候所が無
人化され、「特別地域気象観測所」という名前に変わります。
 もともと全国に 100ヶ所近くあった測候所は、行政の効率化のためにこれ
まで毎年、無人化が進められてきており、これで残る測候所は、鹿児島県の
名瀬測候所と北海道の帯広測候所のみとなります。これら2つの測候所は、
管轄区域が広く、注意報・警報などの発表も行っていることから、無人化の
対象とはならず、有人での観測などが今後も続けられていくことになりまし
た。

 実は、「測候所」という名称が初めてつけられたのは長崎なのだそうです。
1876(明治9)年ごろ、内務省において、地方に気象観測所をつくって天気予
報や暴風警報の発表を行う方針が打ち出され、その場所が青森、仙台、新潟、
兵庫、長崎と決められました。
 そのうち最初に設置されたのが「長崎測候所」。この時に初めて「測候所」
という名称が生まれたとのことです。

長崎海洋気象台の沿革
http://www.jma-net.go.jp/nagasaki/gyomu/syoukai/enkaku.html

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------
 今週29日(水)の午後5時に、気象庁から緊急地震速報が発表されました。
内容は、福島県付近で地震が発生し、南は東京、神奈川から北は宮城県付近
まで震度4程度の揺れが予想される、というもの。
 実際には震度4が観測されたのは福島県内のみでしたので、結果的には広
すぎる範囲に緊急地震速報が発表されたことになります。地震のM(マグニ
チュード)が5.8だったのですが、この速報発表時点では6.6と見積も
られており、その分、広い範囲に強い揺れを予測してしまったようです。

 緊急地震速報が発表されると、それに対応した携帯はたとえマナーモード
にしていても、いつもとは違う音が鳴り出したりします。このため、東京に
も発表された29日は、オフィスの携帯が一斉に鳴り出して騒然としたり、携
帯持ち込み禁止の学校で授業中に携帯が鳴り出して先生に携帯を没収された
り、東京地裁では殺人事件の裁判員裁判の最中に裁判所内の放送や携帯が鳴
り出して数分間、審理を中断したりと、いろいろな騒ぎがあちこちで起こっ
たようです。

 幸いにして西日本では最近、大きな地震が比較的少ないため、携帯から緊
急地震速報の警報音が鳴るようなことはないのですが、それだけに自分の携
帯が緊急地震速報を知らせてくれるのか?くれないのか?そしてどんな音が
鳴るのか?分からないという方も多いのでは。いざという時のためにチェッ
クしておきたいものです。

29日午後5時の緊急地震速報の内容
http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/EEW/kaisetsu/joho/20100929170001/content/content_out.html

NTTドコモ「エリアメール」(警報音を聴くことができます)
http://www.nttdocomo.co.jp/service/safety/areamail/
au「緊急地震速報」
http://www.au.kddi.com/jishin_sokuho/index.html
ソフトバンク「緊急地震速報」(警報音を聴くことができます)
http://mb.softbank.jp/mb/service/3G/EEW/

NHKの警報音はこちら
http://www.nhk.or.jp/bousai/about.html

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 週末はまとまった雨となりそうです。
 10月1日(金)は全般に晴れ。日中は30度近くまで気温が上がるところも。
2日(土)は九州の南部から天気は下り坂で、次第に雨に。3日(日)は雨で、
雷を伴って雨脚が強まるところもありそうです。
 この雨の後は、北から冷たい空気が流れ込み、来週前半、朝晩の気温の下
がり方が大きくなります。気温の変化が大きくなり、体調を崩しやすい時期
ですので、ご注意を。
                                (ま)
====================================================================
日本気象協会九州支社 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================