« 2010年7月 | メイン | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月30日 (月)

月曜日にメルマガ、暑さと雷雨と台風にご注意

月曜日にメルマガ、暑さと雷雨と台風にご注意
ども、土曜日は町内会夏祭りの(た)です

←日曜日だったらかなり大変なことに…

このあとも厳しい残暑と雷を伴うにわか雨にご注意です
あ、南海上の台風も気にかかります

ともあれ(ま)のメルマガです

====================================================================
   お天気Magazine九州 2010.8.26号
====================================================================
◆猛暑続く 秋も厳しい残暑に

 全国的に記録的な猛暑が続いており、九州でも連日、広い範囲で最高気温
が35度前後、あるいはそれ以上という厳しい暑さが続いています。
 九州・山口の各県庁所在地では、山口市や、福岡市、佐賀市、大分市、熊
本市で、8月の25日までの平均気温が、これまでの8月の観測史上最高の記
録を上回っており、この調子でいくと、8月の平均気温の最高記録を更新す
る可能性が高くなっています。

 また、今週25日(水)に気象庁から9〜11月の3か月予報が発表されました。
それによると、九州は9、10月にかけても、気温は平年より高く、特に9月
は厳しい残暑になることが予想されます。
 涼しい秋風が吹くのは、まだまだ先のこととなりそうです。

3か月予報
九州北部地方
http://tenki.jp/long/detail-10.html?forecast_span=three_month
九州南部・奄美地方
http://tenki.jp/long/detail-11.html?forecast_span=three_month

--------------------------------------------------------------------
◆ケータイ公式サイト『ライフサポートチェッカー』期間限定無料公開

 日本気象協会のケータイ公式サイト「気象協会晴曇雨」で、8月19日(木)
から9月17日(金)まで、「ライフサポートチェッカー」を期間限定無料公開
中です。
 この「ライフサポートチェッカー」は、全国主要都市における24時間後ま
での熱中症や風邪の危険度をチェックできるもの。
 まだ厳しい残暑が続くことが予想されておりますので、ぜひこの「ライフ
サポートチェッカー」を熱中症対策にご活用ください。

 また、あわせてケータイ公式サイト「気象協会晴曇雨」では、「夏休み天
気」も公開中。夏休み期間中の各地の毎日の天気を見ることができますので、
追い込みに入る夏休みの宿題にぜひご活用ください。 

日本気象協会 
ケータイ公式サイト「ライフサポートチェッカー」に関するお知らせ
http://www.jwa.or.jp/content/view/full/3364/
「夏休み天気」に関するお知らせ
http://www.jwa.or.jp/content/view/full/3359/

------------------------[お天気の豆知識]----------------------------
【平均気温】
 気象の統計でよく、「平均気温」というものが登場します。平均気温には、
その期間によって、「日平均気温」や「月平均気温」、「年平均気温」とい
ったものがあります。

 日平均気温は、1時から24時まで1時間ごとの気温を平均したもの。
 月平均気温は、その日平均気温を1か月分、平均したもの。
 年平均気温は、さらにその月平均気温を12か月分、平均したものとなりま
す。

 8月の月平均気温は、全国的に猛烈な暑さと少雨に見舞われた1994年が最
高記録となっているところが多いですが、今月はそれに匹敵する、あるいは
それ以上の暑さとなっているところも多くなっています。
 今月の平均気温は、9月1日には統計値が気象庁から発表されます。今月
いかに暑かったかということがニュースとして報じられそうです。

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------
 「ぐらっときたら「要塞化」!耐震ベッドを中国人男性が発明」。こんな
不思議なニュースをAFPのサイトで発見。
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2749386/6091175

 四川省など中国で相次いで起こった大地震を見た66歳の男性が発明したも
のだそうですが、この記事には写真がないのが非常に残念です。記事による
と、ベッドの両端に戸棚がついており、地震が起こると、荷重に耐える板が
ベッドの上にせり出し、寝ている人を落下物から守る。しかも、両端の戸棚
の中には数日間生きられるだけの飲料水や缶詰、拡声器や金づちが入ってい
るとのこと。
 いったい板がどうやって出てくるのか、そしてその板はどれほど頑丈なも
のなのか、よく分かりませんが、ベッドの両端に戸棚がついているというこ
とは、なかなか大きな家具ではあるようです。

 ま、この人はほかにも5つの発明をしていて、商品化したものはないとい
うことですので、そういうものばかり作っている人なのかもしれません。そ
して、中国の新聞では特許証を持った写真が出ているそうですが、AFPが中
国特許庁に聞いたら確認できなかった、というのも気になるところではあり
ます。
 それにしても写真が出ていないのがやっぱり残念です。

AFP「ぐらっときたら「要塞化」!耐震ベッドを中国人男性が発明」
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2749386/6091175

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 九州付近は湿った空気が流れ込みやすく、やや不安定な天気となりそうで
す。
 週末にかけては、太平洋から湿った空気が流れ込む宮崎県など太平洋側で
雲が多く、時々雨が降りそう。九州のその他の各地は、午前中は晴れても午
後にはあちこちでにわか雨という天気。
 気温は、来週にかけても広い範囲で最高気温35度前後という日が続きそう
です。引き続き熱中症にご注意を。
                                (ま)
====================================================================
日本気象協会九州支社 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================

2010年8月23日 (月)

メルマガ,暑さまだまだ続く,長期間の高温に関する気象情報 第2号

炎天下の日曜日,壮年ソフトでバテバテの(た)です.
いやあ,あらためてこの夏の暑さを身をもって感じました.
やはり,こまめな水分補給と無理をしないこと,何より,「暑いところ水分補給をしなければならない状態にしないこと」の重要さを痛感します.
さて,気象台からは,まだまた暑さが続くという情報も発表されています.

長期間の高温に関する九州北部地方(山口県を含む)気象情報 第2号


ともあれ,皆様ご自愛ください.


おっと,(ま)のメルマガです.
====================================================================
        お天気Magazine九州               2010.8.19号
====================================================================
◆大分県玖珠町で38.3度

 今週も厳しい残暑が続いています。特に19日(木)は西日本への太平洋高気
圧の張り出しが強まったため、大分県の玖珠町で38.3度、日田市で37.6度ま
で気温が上がり猛烈な暑さになったのをはじめ、九州の広い範囲で35度前後
の猛暑となりました。

 今週、前半は関東や東海で38度を超えるような猛烈な暑さとなりましたが、
東日本付近にあった上空の太平洋高気圧の中心が19日になって西日本上空へ
と移動してきました。これに伴って猛烈な暑さも西日本へと移動してきた格
好となっています。
 この高気圧の中心は今週末にかけて西日本の上空に居座り、猛烈な暑さも
続くことが予想されます。

 この夏、ニュースなどで大きく報じられているように、熱中症によって救
急搬送される方が非常に多くなっています。
 厳しい暑さはまだ長く続くことが予想されますので、熱中症には引き続き
警戒が必要です。

総務省消防庁「熱中症情報」
http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/fieldList9_2.html

--------------------------------------------------------------------
◆携帯型熱中症計をご活用ください

 日本気象協会監修の携帯型熱中症計が好評発売中です。
 昨年、発売した携帯型熱中症計に加え、この夏は、10分ごとに定期的に熱
中症危険度を知らせる「見守り機能付き」、子供さんに最適な「ハローキテ
ィ」「ロディ」柄、さらにウォーキングを楽しまれる方に最適な「歩数計付
き」と、さまざまな機種をラインナップ。
 気温や湿度は場所によって大きく異なるため、特にスポーツや作業をされ
る際、また、高齢の方は屋内でも気温、湿度を把握することが大切です。
 厳しい残暑は長引くことが予想されておりますので、ぜひ携帯型熱中症計
をご活用ください。 

日本気象協会 携帯型熱中症計に関するお知らせ
http://www.jwa.or.jp/content/view/full/3266/
http://www.jwa.or.jp/content/view/full/3318/
http://www.jwa.or.jp/content/view/full/3335/

※携帯型熱中症計は日本気象協会では販売は行っておりませんが、Amazonで
購入いただけます。Amazon のホームページ
http://www.amazon.co.jp/
で、「携帯型熱中症計」を検索ください。

--------------------------------------------------------------------
◆福岡管区気象台で「お天気フェア」が行われます!

 福岡市の大濠公園南側にある福岡管区気象台で20日(金)と21日(土)の2日
間、「お天気フェア2010」が行われます。
 天気に関する実験や天気予報の現場の見学など、さまざまな催しが行われ
ます。事前申込みは不要です。残り少なくなってきたお子さんの夏休みの宿
題を片付けるためにも、お出かけになってみてはいかがでしょうか。

 20日(金)は午後1~4時、21日(土)は午前10時~午後3時に行われます。
詳しくは
http://www.jma-net.go.jp/fukuoka/gyomu/osirase/otenki2010.pdf
をご覧ください。 

------------------------[お天気の豆知識]----------------------------
【高い最低気温の記録】
 「高い最低気温」というと矛盾しているようにも聞こえますが、「朝の気
温がここまでしか下がりませんでしたよー」という記録ということです。

 福岡市では先週14日(土)の最低気温がなんと29.7度で、福岡市での1890年
からの観測史上もっとも高い記録となりました。
 そして、これは日本の観測史上でも歴代6位という記録となりました。で
はこれより上はどこかというと、1位が新潟県の糸魚川で観測された1990年
8月22日の30.8度、以下、5位まで30度台の記録が並んでいますが、それら
は石川県、富山県、福井県という北陸の地点で占められています。北陸は夜
に台風が日本海を北上した時に、フェーン現象によってこのようなとんでも
ない最低気温になることがあるため、こんなちょっと意外なランキングにな
っています。
 それだけに、台風など関係なく観測された福岡市の29.7度という最低気温
はとんでもないものであるといえます。

気象庁「歴代全国ランキング」
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/rankall.php

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------
 異常気象の裏に気流変化、国連機関「緊急に調査必要」―こんなニュース
を見つけました。 
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2749395/6089873
 国連の世界気象機関(WMO)などが、世界に異常気象をもたらす「ブロッ
キング現象」などの気流の変化について、緊急に調査する必要があると述べ
たということです。

 地球の気流が変化して世界中で異常気象が起こるなどというと、なんだか
映画のストーリーのようにも見えてしまうかもしれませんが、この夏のロシ
アの猛暑や森林火災など世界の各地で起こる異常気象の多くが、地球を取り
巻く偏西風の南北への蛇行が大きくなり、さらにはそれが長期間、固定する
「ブロッキング現象」が起こることによってもたらされていると考えられて
います。
 この「ブロッキング現象」が起こると異常気象が起こりやすいということ
は以前から知られているのですが、それが起こるメカニズムは完全には解明
されていません。

 近年は日本でも、夏がものすごい猛暑だったり、また冬に寒波が長期間続
いたりということがよく起こっています。そしてそれにも、偏西風の蛇行や
ブロッキング現象が影響しているのですが、これがたまたま続いて起こって
いるのか、それとも地球温暖化などに伴う長期間の気候変動の一部なのか、
非常に気になるところです。

 この夏のロシアの異常高温に伴ってロシアは麦の輸出を禁止したなどとい
うニュースも報じられており、異常気象は食料の確保などにも大きく影響す
るものとなっています。今後、この分野の調査、研究がどのような進展を見
せていくのか注目されます。

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 太平洋高気圧は勢力のたいへん強い状態が続きます。
 この先、来週にかけても、晴天と猛暑。特に今週末にかけては、所により
猛烈な暑さとなるおそれがあります。
 熱中症に警戒が必要です。
                                (ま)
====================================================================
  日本気象協会九州支社 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
   配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================


2010年8月17日 (火)

お盆明けにメルマガ,急な雨にご注意!

ども,お盆は故郷大分で過ごした(た)です.
昼は,かなり暑いのですが,朝はひんやりですね.ちょっと体調崩し加減,私も気温の変化に弱いようです.

さて,お盆明けで,お仕事のエンジンもかかってきたとは思いますが,暑さと急な雨にお盆もお盆明けもなさそうです.

Radar_anime01
















このあたりも含め(ま)のメルマガです.

====================================================================
        お天気Magazine九州               2010.8.12号
====================================================================
◆台風4号北上

 8日(日)夜に沖縄県宮古島の南の海上で発生した台風4号が、次第に勢力
を強めながら東シナ海を北上し、11日(水)の日中、朝鮮半島南岸付近を北東
へ進みました。
 台風は九州の西海上でいったん風速25メートル以上の暴風域を持ったもの
の、九州に接近した段階では暴風域がなくなったため、九州で暴風域に入っ
たところはありませんでした。ただ、それでも台風が接近した長崎県対馬市
厳原では最大瞬間風速33.6m/sを観測するなど大荒れの天気となったほか、
台風を取り巻く発達した雨雲がかかった長崎県五島地方では200ミリを超え
る大雨が降ったところがありました。
 また、大潮の時期に当たっており、もともと満潮時の潮位が高かったとこ
ろに台風の接近が重なったため、高潮によって沿岸部が浸水したところがあ
りました。

 台風4号は、その後、徐々に勢力を弱めながら日本海を北東へ進み、12日
(木)午後5時ごろには秋田市付近に上陸。ことし初めて日本列島に上陸した
台風となりました。

--------------------------------------------------------------------
◆ラニーニャ現象始まる

 今週10日(火)に気象庁から「エルニーニョ監視速報」が発表されました。
 それによると、赤道太平洋東部の海域では、7月の海面水温が基準値より
0.9度低くなり、ラニーニャ現象がすでに発生しているとみられるとして
います。そして、今回のラニーニャ現象は少なくとも冬までは持続する可能
性が高いと予想しています。

 ラニーニャ現象は、赤道太平洋東部のエルニーニョ監視海域の海面水温が
低くなる現象で、これが発生すると世界の天候に大きな影響を与えることが
知られています。過去、ラニーニャ現象が発生した際には、九州など西日本
では、秋は高温、冬には低温になる傾向が現れており、今後、ラニーニャ現
象が天候にどのような影響を与えるのか注目されます。

 エルニーニョ監視海域の海面水温は、昨年夏からことし春まで基準値より
高くエルニーニョ現象が継続していたのですが、エルニーニョ現象が終了し
た途端に海面水温は大きく下がり、今度はラニーニャ現象の発生となりまし
た。 

気象庁「エルニーニョ監視速報」
http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/elnino/houdou/pdf/elnino201008.pdf

--------------------------------------------------------------------
◆気象台のイベントへどうぞ!

 各地の気象台では、夏休み期間中を中心に、気象台の公開などさまざまな
イベントを毎年、行っています。
 今月中には、佐賀地方気象台と福岡管区気象台で、次のようなイベントが
予定されています。

佐賀地方気象台「お天気フェア2010 SAGA」
 8月17日(火)午後1時30分から佐賀市の第2合同庁舎7階で行われます。
 申し込み先などはこちらをご覧ください。
 http://www.jma-net.go.jp/saga/houdou/otenki_fair.pdf

福岡管区気象台「お天気フェア2010」
 8月20日(金)の午後1時~4時と、21日(土)の午前10時~午後3時に福岡
 市中央区の福岡管区気象台で行われます。こちらは事前申込みは不要です。
 問い合わせ先などはこちらをご覧ください。
 http://www.jma-net.go.jp/fukuoka/gyomu/osirase/otenki2010.pdf

子供さんの夏休みの自由研究のヒントが見つかるかもしれません。夏休みは
ぜひ気象台にお出かけ下さい。 

------------------------[お天気の豆知識]----------------------------
【深層崩壊】
 通常の山崩れやがけ崩れのように表層の土砂が崩れ落ちるだけでなく、よ
り深いところの岩盤ごと崩壊する現象の。6月にNHKスペシャルで取り上
げられ、注目されるようになりました。

 今週11日(水)には、国土交通省から「深層崩壊推定頻度マップ」が公表さ
れました。これは、過去の深層崩壊の事例をもとに、全国の地形・地質から
深層崩壊の起こりやすさを推定したものです。
 これによると、九州では特に宮崎県から熊本県南部にかけての地域で、深
層崩壊の危険が高いとされています。

 深層崩壊が起こる頻度は決して高くはありませんが、ひとたび起こると甚
大な被害をもたらすことがあります。今後はさらに調査が進み、注目される
ことも多くなっていきそうです。

国土交通省「深層崩壊に関する全国マップについて」
http://www.mlit.go.jp/report/press/river03_hh_000252.html
NHKスペシャル「深層崩壊が日本を襲う」
http://www.nhk.or.jp/special/onair/100627.html

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 お盆は蒸し暑さと急な雨に注意。
 13日(金)~15日(日)は、暖かく湿った空気が九州に流れこんできます。こ
のため、午前中は晴れ間が出ても午後は雲が広がり、あちこちでにわか雨が
降るといった天気が続きそう。落雷や中小河川の急な増水にも注意が必要で
す。
 また、たいへん蒸し暑い日が続きます。熱中症にはくれぐれもご注意を。

※今週は「お天気屋のつぶやき」はお休みとさせていただきました。
                                (ま)
====================================================================
  日本気象協会九州支社 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
   配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================

2010年8月11日 (水)

台風4号接近、要警戒!

台風4号接近、要警戒!
本日、台風の影響をできるだけ避けるため、早めの出勤の(た)です

これから今夜にかけて、台風4号による強い風と雨が予想されます
地元気象台や自治体の警報・情報にご注意ください

2010年8月 8日 (日)

台風4号発生、今後の動きに警戒!!

台風4号発生、今後の動きに警戒!!
ども、ソフトボール仲間から夕立予測を聞かれつつ、ヒットでも貢献の(た)です

試合後の一杯を楽しんでたら台風情報です(8日21時)

ちょっと気になるコースです
今後の情報には十分お気をつけください

2010年8月 6日 (金)

金曜日にメルマガ、高温と少雨続く

厳しい暑さ、突然の夕立にも負けず、地元の花火を楽しんだ(た)です。

それにしても暑い!みなさまご自愛ください。
暑さの情報は(ま)のメルマガで詳しく。

====================================================================
   お天気Magazine九州 2010.8.5号
====================================================================
◆猛暑、長期にわたって続く

 全国的な猛暑が続いています。
 今週5日(木)、福岡県糸島市で最高気温38.3度を観測。糸島市で観測を開
始した1977年以降でもっとも高い気温となりました。また、九州・山口で38
度以上の気温が観測されたのは、この夏初めてのことです。

 5日は太平洋高気圧の勢力が強い状態が続いたことに加え、九州に向かっ
て南東から湿った空気が流れ込みました。この風が九州山地を越えて吹き降
ろす時に気温が上昇するフェーン現象が発生したため、このような猛烈な暑
さになったものと見られます。

 また、5日には気象庁から「長期間の高温と少雨に関する気象情報」が発
表されました。気温が高く、雨が少ない状態は、少なくとも今後2週間程度
は続くことが予想されますので、体調や農作物の管理などに十分に注意する
必要があります。

「長期間の高温に関する九州北部地方(山口県を含む)気象情報 第1号」
http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/109_04_807_20100805160844.html
「長期間の高温に関する九州南部地方気象情報 第1号」
http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/110_04_827_20100805160115.html

--------------------------------------------------------------------
◆7月の平均気温は意外と平年並み

 7月の天候のまとめが今週2日(月)に気象庁から発表されました。
 暑かったという印象が強い7月なのですが、月平均気温は福岡市で27.7度
(平年+0.8度)、熊本市で27.3度(同+0.3度)、鹿児島市では27.8度(同-0.1度)
と、平年並みかやや程度の気温となっています。
 梅雨明け後は平年以上の厳しい暑さの日が多かったものの、梅雨明け前は
例年の梅雨以上に雨が降り続き、九州南部では梅雨明けが平年より1週間遅
れるなどして、気温が低かったため、月全体としては平年に近い値になった
ものと見られます。
 全国的には東へ行くほど平年より気温が高く、特に東日本、北日本では月
平均気温が2度前後も高いところも多くなっています。

 また、7月の降水量は、梅雨末期の大雨に見舞われた福岡市で453.5ミリ
と平年の1.7倍、鹿児島市で466.5ミリと平年の1.5倍に達した一方、長崎市
では214.5ミリで平年の65%にとどまるなど、大雨が降った所と降らなかっ
た所で、降水量の差がたいへん大きくなりました。

気象庁「7月の天候」
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/stat/tenko1007.pdf

------------------------[お天気の豆知識]----------------------------
【気温の観測】
 気象台やアメダスでの気温の観測は、どのような環境で行うか基準が決め
られています。
 それは、地面が芝生で覆われており、直射日光が当たらず、風通しがよい
場所、そして気温を測る高さは1.5m前後というものです。

 この条件は、私たちが生活している環境を考えると、比較的低い気温にな
りやすいものであるといえます。
 たとえば、地面は照り返しの強いアスファルトに覆われていることも多い
ですし、道など歩けばどうしても直射日光に当たってしまいます。また、高
さについては、特に背の低い子どもやベビーカーに乗っている乳児は、大人
よりはるかに地面に近い位置にいることになり、それだけ大人より暑さを感
じているはずです。

 私たちは、気象情報やニュースで報じられる気温よりもさらに高い気温の
中で活動していることが多いということになります。

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------
 毎日、暑い日が続いていますが、こんな暑い夏に思い出すことがあります。
それは今から16年前、1994年の夏。私は京都に住んでいましたが、この年は
今年以上に全国的に記録的な猛暑で、とりわけ盆地の京都はつらい暑さでし
た。
 今、あらためてその時の京都の気温を見てみると、8月に最高気温35度以
上となった日が21日。とりわけ暑かったのが、8月5日からの4日間で、最
高気温が39.3度、39.4度、39.2度、39.8度と、39度台が続いたのでした。そ
して、この4日間の気温は今でも京都の高温の記録の1位から4位までを占
めています。

 そんなに毎日、暑い日が続いていると、「今の気温は体温より高いな〜」
というのがだいたい分かるようになりました。自転車に乗っていたりすると
風が吹いてきてもまったく涼しくなくて、逆に風が熱く感じられるようにな
ってくるのです。ドライヤー状態です。風さえも熱くなってしまうとどうに
も涼みようがありません。

 さて、今週はいよいよ気温が高くなり、福岡市も5日には37.1度とまさに
体温並みの気温になってきました。もう、これ以上の熱風が吹くような暑さ
は勘弁いただきたいものですが。

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 猛暑はまだまだ続きます。
 6日(金)は、宮崎県など太平洋側でやや雲が多いほかは全般に晴れ。そし
て午後を中心に所々でにわか雨。7日(土)と8(日)は、上空に強い寒気が流
れこんでくるため、大気の状態が不安定。午前中、晴れていても、午後には
雲が広がり、あちこちで夕立がありそう。急な強い雨や落雷にも注意を。
 7日(土)、8日(日)は、天気が不安定になる分、若干、暑さが和らぐ可能
性もありますが、来週に入ってからは再びカンカン照りになりそうです。
                                (ま)
====================================================================
日本気象協会九州支社 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================

2010年8月 2日 (月)

月曜日にメルマガ

最近バテぎみ、でも夕べの西日本大濠花火は堪能した(た)です。

暑さに負けないよう、(ま)のメルマガです。
====================================================================
   お天気Magazine九州 2010.7.29号
====================================================================
◆暑さ続く

 全国的に厳しい暑さが続いています。 
 今週は、28日(水)から太平洋高気圧の勢力が一時的に弱まったため、九州
南部で大雨が降るなど、各地で天気が崩れ、気温も少し下がりましたが、こ
れも一時的なもの。今週末からは再び太平洋高気圧が強まるため、夏空が広
がり、厳しい暑さも戻ってきそうです。

 全国で熱中症が相次いでいます。厳しい暑さは長引くことが予想されます
ので、今後も十分ご注意ください。

 なお、好評をいただいております日本気象協会監修の「携帯型熱中症計」
が引き続き発売中です。
 屋外でのスポーツや作業などのほか、特に高齢の方は室内でも温度などの
管理に注意する必要があります。熱中症予防にぜひ「携帯型熱中症計」をご
活用ください。

※携帯型熱中症計は日本気象協会では販売は行っておりませんが、Amazonで
購入いただけます。Amazon のホームページ
http://www.amazon.co.jp/
で、「携帯型熱中症計」を検索ください。

--------------------------------------------------------------------
◆高潮にご注意ください

 7月から9月ごろにかけては、一年で特に潮位が高くなる時期です。
 これは、海水温が高くなるためで、海水の温度が上がることで、海水がわ
ずかに膨張し、それに伴って海水面が高くなります。そして、潮位の変化が
大きい大潮のころは、満潮の時間帯の潮位が特になります。

 これに伴い、この時期は海岸部で浸水の被害が発生することがありますの
で、お気をつけ下さい。
 また特にこの潮位が高い時期に、台風の接近が重なると、大規模な高潮が
発生することもあるため、十分に注意する必要があります。

長崎海洋気象台「高潮と異常潮位による浸水被害に注意」
http://www.jma-net.go.jp/nagasaki/kaiyo/tide/tidesummer2010/index.html

------------------------[お天気の豆知識]----------------------------
【猛暑日】
 「猛暑日」が気象用語に加えられたのは2007年のこと。それまで、最高気
温25度以上の「夏日」、30度以上の「真夏日」はあったのですが、35度以上
を示す言葉は気象用語としてありませんでした。
 しかし、近年、気温が大きく上昇することが増え、35度を超えるような日
が増えてきたことから、「猛暑日」が気象用語に加えられました。

 猛暑日は、特に内陸部で現れやすく、九州の県庁所在地の中では海から比
較的遠い熊本市や佐賀市で多く現れる傾向があります。
 たとえば、熊本市の猛暑日日数を見ると、過去もっとも多かったのは全国
的に記録的な暑さとなった1994年の41日。それに次いで2001年と07年に27日
を記録するなど、2000年代に入ってからは比較的多い年が続くようになって
きています。
 これは地球温暖化の影響も考えられますし、都市化も大きく影響している
ものと見られます。

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------
 福岡市役では、3年ほど前から庁舎の壁面で朝顔を育てています。この時
期、天神に行くと、市役所の壁が緑色になっているのを見ることができます。
これは、ひとつには景観の向上、そしてもうひとつ温暖化対策という目的が
あります。
 この「朝顔のカーテン」を始めた3年前に効果を確かめた資料が公開され
ていました。8月に、朝顔のカーテンがある部屋は、ない部屋に比べ、室温
が1.4〜2.7度低く抑えられていたそうです。これによって、ひと夏に二酸化
炭素排出量にして31トン削減、光熱費にして66万3千円の節約という試算も
示されています。
 また、福岡県の飯塚市役所でも、ことし初めてゴーヤを育てて、その効果
を調べているそうです。

 そして、実は私たち気象協会九州支社でも、この夏、ベランダで朝顔やゴ
ーヤなどの栽培を始めたのです。とはいっても、プランタや植木鉢を数個並
べた程度。しかも、植えるのがちょっと遅かったので、朝顔はまだ花が咲く
気配がなく、ゴーヤはまだ背の高さ10cmほど。これでは、残念ながら涼しく
してくれる効果はほとんどなさそう。おいしいゴーヤチャンプルが食べられ
るのはいつのことやら。
 
福岡市「市役所本庁舎における「朝顔のカーテン」の効果について」
http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/5834/1/kishahappypousiryou.pdf
読売新聞「緑のエコカーテン、市役所の日よけにゴーヤ」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100729-OYT1T00186.htm

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 今週は、猛暑がひと休みしましたが、これも束の間。週末からは猛暑が戻
ってきます。
 この週末から来週にかけては、高気圧が勢力を強めるため、夏空と猛暑が
続くようになります。厳しい暑さが続きますので、そろそろ夏バテなどしな
いようにご注意を。
                                (ま)
====================================================================
日本気象協会九州支社 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================