« 2010年6月 | メイン | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月20日 (火)

本日20日猛暑!九州南部も梅雨明け

ども,朝の通勤から日中の外回りまで,突き刺すような日差しに,ちょっとバテ気味の(た)です.

福岡の最高気温は36度1分,大分県の玖珠では36度8分と,九州北部を中心に猛暑日でかつ今年一番の気温となっています.
最高気温が35度以上になると,「猛暑日」として記録されますが,ほんと猛烈な暑さです.

一方,梅雨明けが遅れていた九州南部地方も,本日梅雨明けです.
梅雨前線は北上していたのですが,大気の状態が不安定で,曇りや雨の状態が続いていました.
梅雨の期間の雨量は平年を大きく上回り,二倍から三倍近くを記録した所もありました.

ともあれ,あしたも九州全般に晴れて猛暑日のところがおおくなります.

ご自愛ください.

2010年7月17日 (土)

土曜日にメルマガ,九州北部梅雨明け!(南部はまだです)

ども,朝から庭仕事で蝉時雨(!)と紫外線に負けそうな(た)です.
九州北部ではようやく梅雨が明けてくれました.南部はまだ宮崎など雨の降っているところがあるためお預けですが,広範な大雨の心配はひとまず切りがついたようです.

梅雨明けの時期は平年並みでしたが,福岡や山口では雨量が平年の二倍近くになったところがありました.
詳しい内容は気象庁のこちらのページをどうぞ.
梅雨の時期に関する九州北部地方(山口県を含む)気象情報 第2号

さて,このあたりもふまえて,(ま)のメルマガです.


====================================================================
        お天気Magazine九州               2010.7.15号
====================================================================
◆九州北部・山口で大雨災害

 九州北部・山口県は10日(土)ごろから梅雨前線の影響で雨が降り続き、特
に14日(水)から15日(木)にかけては局地的に非常に激しい雨が降りました。

 14日は明け方から長崎県から佐賀県、福岡県付近で急速に雨雲が発達。そ
れが昼前にかけてゆっくりと九州を南下しました。佐賀県の北山では午前7
時までの1時間に79.5mm、福岡県太宰府市でも午前7時10分までの1時間に
73.5mmの雨を観測するなど、九州北部の広い範囲で1時間に50mmから70mm前
後という非常に激しい雨が降りました。
 この雨で、福岡県や佐賀県を中心に、土砂崩れや浸水、河川の増水が相次
ぎ北九州市では市内を流れる紫川が一部であふれるなどしました。

 また、15日朝には山口県内で雨雲が発達し、下関市豊田で午前6時30分ま
での1時間に70.0mm、美祢市東厚保で午前8時までの1時間に58.0mmの非常
に激しい雨を観測しました。
 この雨で、美祢市や山陽小野田市で厚狭川がはんらんし、広い範囲で浸水
などの被害が発生しました。

 10日(土)の降り始めから15日(木)午後3時までの総雨量は、佐賀県の北山
で607.5mm、山口県の美祢市東厚保で588.0mm、福岡県の北九州市小倉南区で
579.5mmに達するなど、1週間足らずの間に平年の7月一ヶ月分を大きく超
える雨が降ったところも多くなっています。

 この大雨をもたらした梅雨前線は、16日(金)には日本海を次第に北上し、
九州から次第に離れていきます。
 16日(金)はまだやや不安定な天気でにわか雨が降るところが多いですが、
連休中は次第に天気が安定して青空が広がり、梅雨明けが発表されそうです。 

気象台による災害のまとめ
「平成22年7月10日から14日にかけての梅雨前線に伴う福岡県の大雨につい
て」
http://www.jma-net.go.jp/fukuoka/chosa/saigai/20100710-14_fukuoka.pdf

西日本新聞「11万人に避難勧告 福岡県内で記録的豪雨 北九州市 紫川はん
らん」
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/184439
佐賀新聞「土石流、民家襲う 吉野ヶ里町の地区民ぼう然」
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.1683949.article.html

--------------------------------------------------------------------
◆キティちゃんと一緒に熱中症予防!

 日本気象協会では、熱中症の危険度ランクをライトとブザーでお知らせす
る「携帯型熱中症計」の新製品として、「携帯型熱中症計(ハローキティ)」
と「携帯型熱中症計(ロディ)」を株式会社デザインファクトリーと企画、開
発しました。

 携帯型熱中症計は、その場所の気温と湿度から独自の計算手法により、熱
中症の危険度を5段階のLEDライトで表示するものです。手のひらサイズ
なので、様々な場所で熱中症の予防に役立てることができます。
 今回の「携帯型熱中症(ハローキティ)」と「携帯型熱中症計(ロディ)」は
本体に人気キャラクターのイラストとカラフルな色を採用し、かわいいデザ
インになっています。
 もうすぐ子供たちは夏休み。炎天下でのスポーツやレジャーも多くなりま
すが、熱中症の予防のためにかわいい携帯型熱中症計をぜひお役立てくださ
い。

日本気象協会「携帯型熱中症計」に『ハローキティ』『ロディ』が登場!!」
http://www.jwa.or.jp/content/view/full/3318/

※携帯型熱中症計は日本気象協会では販売は行っておりませんが、Amazonで
購入いただけます。Amazon のホームページ
http://www.amazon.co.jp/
で、「携帯型熱中症計」を検索ください。

------------------------[お天気の豆知識]----------------------------
【梅雨明け】
 九州付近に停滞していた梅雨前線が北上し、九州が太平洋高気圧に覆われ
ると梅雨明け。いよいよ本格的な夏の訪れです。

 九州の梅雨明けの平年日は、九州南部が7月13日、九州北部が7月18日で
す。
 昨年は、九州南部はほぼ平年並みの7月12日でしたが、九州北部は8月4
日と平年より大幅に遅く、九州の中でも大きな差がある珍しい年でした。

 梅雨明けの判断は、太平洋高気圧が強まってしばらく晴れそうだというこ
とでされるわけですが、一気に太平洋高気圧が強まってすかっと梅雨が明け
る年もあれば、じわじわと太平洋高気圧が強まり梅雨明けをいつにするか、
なかなか難しい年もあります。また、梅雨前線は離れたけど、その途端に台
風がやってきて雨が降るなんていう年には、梅雨明けはいったいいつなのか
悩むことになってしまいます。

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------
 私たちがよく参考にしているものに、韓国気象庁ホームページの気象レー
ダー画像があります。日本のレーダーでは、長崎県五島列島のあたりまでし
か映りませんが、韓国の気象庁はチェジュ島にレーダーが設置されているた
め、東シナ海から九州に近づいてくる雨雲の強さをいち早く知ることができ
るのです。

 その韓国気象庁のページ、言語は当然、ハングルが基本なのですが、これ
までも英語のページがありましたので、それを使ってレーダーなどの画像を
参照していました。ところが、最近、ホームページがリニューアルした際に、
なんと日本語版のページを新設してくれたのです。
http://web.kma.go.kr/jap/index.jsp

 日本語版のページを見ると、ハングルではさっぱり分からなかった天気予
報の地名も「ソウル」などとばっちり日本人が読める表記になっています。
 しかし、ところどころにちょっと違和感がある言葉も。「天気画像」「危
険気象」「町内予報」などと、なんだか見た目、中国語っぽい言葉が…。何
が表示されるのか?と見てみると、「天気画像」は気象衛星やレーダー、天
気図、「危険気象」は台風や地震、黄砂の情報、そして「町内予報」は、さ
すがに町内の予報ではなくて、日本でいうところのピンポイント予報のよう
なもののようです。

 そして気になるのが、「Q&Aメール・サービス」というところ。これを
クリックすると、「お問い合わせ」というページが開き、そこにはちゃんと
「氏名」「タイトル」などの日本語の入力フォームが表示されます。ここに
日本語で質問を書くと、日本語で回答のメールが返ってくるのか? 興味の
ある方、よろしければお試しください。 

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 梅雨明け間近。いよいよ夏がやってきます。
 16日(金)はまだやや不安定な天気。晴れ間も出ますが、あちこちでにわか
雨。17日(土)以降は晴れ間が多くなり、天気は安定していきそう。週末には
梅雨明けということになりそうです。
 梅雨明けとともに一気に暑さも厳しくなります。これからは熱中症にご注
意を。
                                (ま)
====================================================================
  日本気象協会九州支社 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
   配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================



			

2010年7月15日 (木)

梅雨明け?

ども、帰宅途中の(た)です
 
大雨も落ち着いて、福岡市は青空も広がってます
 
しばらく雨もなさそうですから、明日あたりかな(^^;)

2010年7月14日 (水)

九州北部大雨、河川氾濫警戒!!

九州北部大雨、河川氾濫警戒!!
福岡県佐賀県長崎県を中心に激しい雨です。この方面の河川は水位が上昇しており一部氾濫の恐れがあります。地元自治体の情報に注意し、早めの対応をお取りください。
危険な状況はお昼までは続きそうです

2010年7月12日 (月)

九州北部大雨警戒

九州北部大雨警戒
明け方の強い雨の音で目覚めた(た)です

梅雨前線は九州北部付近にありあちらこちらで激しい雨を降らせています

明日にかけて要警戒です

2010年7月 9日 (金)

金曜日はメルマガ、九州南部でまた大雨

金曜日はメルマガ、九州南部でまた大雨
ども、梅雨明けが待ち遠しい(た)です。
昨年に続いて梅雨明けが遅れそうで、また、大雨の恐れが高いのが気がかりです

まだまだしばらくは気の抜けない状況が続きそうです

(ま)のメルマガをご参考ください


====================================================================
   お天気Magazine九州 2010.7.8号
====================================================================
◆九州南部で豪雨災害

 2日(金)夜から3日(土)朝を中心に、九州南部は局地的な豪雨に見舞われ
ました。アメダスの観測では、宮崎県えびので3日午前2時20分までの1時
間に 110ミリの雨量が観測されたほか、レーダーなどによる解析で午前2時
までの1時間に宮崎県都城市付近で 120ミリ以上、午前5時までの1時間に
は鹿児島県霧島市北部付近でも 120ミリ以上の猛烈な雨が降ったとして、記
録的短時間大雨情報が発表されました。

 この豪雨により、九州南部では土砂災害などが相次いで発生しました。
 また、今週に入って九州の雨は小康状態となっていますが、鹿児島県南大
隅町ではこれまでの雨によって地盤が緩んだことによると見られる大規模な
土石流も発生しています。

 今週、九州の南海上に南下していた梅雨前線が9日(金)以降は再び北上を
始め、今週末から来週にかけては九州付近に停滞する見込みです。前線に向
かって非常に湿った空気が流れこみ、局地的な大雨が降りやすい状態になる
ことが予想されます。
 九州南部を中心にこれまでの雨で地盤が緩んでいるところもあり、再び大
雨に対して警戒が必要になります。 

気象台による災害のまとめ
「平成22年7月2日から3日にかけての宮崎県の大雨について」
http://www.jma-net.go.jp/fukuoka/chosa/saigai/20100702-03_miyazaki.pdf
「平成22年7月2日から4日にかけての鹿児島県の大雨について」
http://www.jma-net.go.jp/fukuoka/chosa/saigai/20100702-04_kagoshima.pdf

国土交通省河川局砂防部
「平成22年7月2日からの梅雨前線豪雨による土砂災害の発生状況について」
http://www6.river.go.jp/riverhp_viewer/entry/y2010e7cdc696d0594c8ea9c62d251e2ec09d56b0708be.html

宮崎日日新聞「県西部豪雨1人不明 都城で土砂崩れ」
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/index.php?itemid=28545&catid=74
南日本新聞「鹿児島県豪雨 各地で土砂災害、死者2人」
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=24974

朝日新聞による鹿児島県南大隅町の土石流現場の映像
http://www.youtube.com/watch?v=57PxUjCFn2c

--------------------------------------------------------------------
◆夏のおともに「モバイルライフサポートチェッカー」

 日本気象協会のケータイ公式サイト「気象協会晴曇雨」では6月30日から
「モバイルライフサポートチェッカー」を提供中です。

 「モバイルライフサポートチェッカー」は、日本気象協会の監修で現在、
発売中の「携帯型熱中症計」などの機能を、皆さんがお持ちのケータイで利
用できるもの。
 夏は、GPSまたは選択した地点における気温、湿度のデータから日本気
象協会独自の計算手法により算出した、熱中症危険度ランクを知ることがで
きます。
 また、主に冬には風邪危険度も知ることができるようになっています。

 「モバイルライフサポートチェッカー」は、i-mode、Ezweb、Yahoo!ケー
タイに対応で、料金は月105円(Ezwebは99円)です。
 夏のレジャーやスポーツなどに、ぜひ「モバイルライフサポートチェッカ
ー」をご活用ください。

日本気象協会「『モバイルライフサポートチェッカー』をリリース」
http://www.jwa.or.jp/content/view/full/3293/
好評発売中の「携帯型熱中症計」についてはこちら
http://www.jwa.or.jp/content/view/full/3266/

------------------------[お天気の豆知識]----------------------------
【台風発生数】
 ことしは例年になく台風の発生が少なくなっています。
 平年の6月末までの台風発生数は 4.5個。それに対し、ことしはまだ3月
に発生した1個だけという状況です。これほど台風の発生が少ないのは、7
月になってようやく1号が発生した1998年以来のことです。

 台風は、主にフィリピン周辺などで海からの上昇気流が活発に起こること
によって発生します。しかし、ことしはインド洋の海面水温が高い状態が続
いており、インド洋で上昇気流が活発に起こっています。すると、インド洋
で上昇した空気がフィリピン周辺で下降して、フィリピン周辺の上昇気流を
おさえこむ形になり、その結果として台風の発生が少なくなっているものと
考えられます。

 なお、例年、フィリピン周辺で上昇気流が活発になると、そこで上昇した
空気が日本周辺で下降することで、太平洋高気圧を強め、日本に安定した夏
空をもたらすという関係もあります。現在のような台風が発生しない状況は
日本の夏を不安定な天気にする可能性もあり、今後も注目しておく必要があ
ります。
 「風が吹けば桶屋が儲かる」のように広大な地域の海や大気の状況が複雑
に関係しあっているといえます。

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------
 最近、本屋さんに行くといろいろな気象に関する本が発売されていますが、
ついにこんなものが!という感じの本が発売されてしまったようです。それ
が、「WEATHER GIRLS 気象・天気 〜萌えて覚える気象学の基本〜」。

 これは、元素や星座などを美少女イラストで擬人化して人気を集めている
PHP出版の”萌えて覚える”シリーズの第4弾だということでして、今回
の「気象・天気」編では、雲や雨や竜巻、さらにはモンスーン、フェーン現
象、アメダス、百葉箱まで完全擬人化(!?)しちゃってるそうです。
 …とここまで聞くと、アニメ好き向けの本なのかなという感じもしますが、
内容は、天気図の見方や気象に関する公式や単位、天気の国際記号一覧もあ
るということなので、意外としっかり気象について学べる本のようにも感じ
られます。

 とりあえず私はそんなに萌えなくてもよいので、話のタネに本屋さんでパ
ラパラっと見てみたいものです。それにしても、この本の「日本気象萌協会
編」ってなんだか気になる団体名ですが…。
 
PHP出版
http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-79056-5
Walker plus
http://news.walkerplus.com/2010/0702/10/

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 週末から来週中ごろにかけて、再び大雨に警戒が必要です。
 9日(金)は九州南部で雨で、激しく降るおそれ。さらに10日(土)には雨の
範囲は九州北部へと広がり、来週中ごろにかけて、局地的な激しい雨が降り
やすい状態が続く見込みです。
 すでに災害が発生している地域もあり、今後はさらに警戒が必要です。
                                (ま)
====================================================================
日本気象協会九州支社 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================