« 2010年2月 | メイン | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月28日 (日)

今年はやらんといかんばい!!

と、福岡市営地下鉄唐人町駅のでっかい川崎がいってます(^^;)

2010年3月26日 (金)

鶴田ダムの桜

満開です

川内桜

ども、携帯から(た)です。

2010年3月20日 (土)

みんなで防災、スタンプラリーでホークス応募ユニフォーム

みんなで防災、スタンプラリーでホークス応募ユニフォーム

ども、携帯から(た)です。
本日20日某イベントに参加です
福岡市赤坂の大名小
学校です景品あります(^^;)

2010年3月15日 (月)

鹿児島県北薩鶴田ダム桜ほころぶ

鹿児島県北薩鶴田ダム桜ほころぶ
ども、携帯から(た)です。
やはり今年は早いですね

2010年3月14日 (日)

臼杵石仏

ども、携帯から(た)です。
 
大分県臼杵市の駅前にあるレプリカです
 
懐かしのふるさと(^^;)
 

2010年3月 9日 (火)

遅くなりました,メルマガです.それにしても雪が心配!

ども,(た)です.
この冬は平均すると暖冬だったのですが,寒暖の差が大きいのが特徴で
平野部で雪の積もった日もありました.
その,寒暖の差が大きいという特徴がまだ残っているようです.
今日はつめたい雨,次第に雪に変わり,北西風が吹き付ける恐れが
あります.

体調管理はもちろんですが,交通機関の障害や農作物の管理など
お気をつけください.

※桜の開花予想は,このあたりの気温の変化も折り込み済み,さあて
 ウチのメンバーに自信のほどを聞いてみよう
Radar_anime01
← 今のところ雨雲ですが,次第に雪雲になりそうです
  大雪警戒です!

====================================================================
        お天気Magazine九州               2010.3.4号
====================================================================
◆チリ中部で巨大地震 各地で津波を観測

 日本時間の2月27日(土)午後3時34分ごろ、南米チリ中部沿岸を震源とす
るM(マグニチュード)8.6の巨大地震が発生しました。

 この地震に伴い日本に津波が到達するおそれがあるとして、気象庁は翌28
日(日)に、青森県の太平洋岸から岩手県、宮城県に大津波警報、そのほかの
全国の太平洋岸に津波警報、瀬戸内海の沿岸や九州の北部沿岸などに津波注
意報を発表しました。
 これに伴って、全国各地で太平洋沿岸の地域に避難指示・勧告が出される
などしたほか、九州のJR日豊線などを含め沿岸部の鉄道の運休などが相次
ぎました。

 28日(日)午後には日本各地に津波に津波が到達。岩手県の久慈港と高知県
の須崎港で最大1.2m、宮城県仙台港と鹿児島県志布志港で最大1.1mの津波を
観測。このほか九州では、大分県の別府港で最大0.6m、宮崎県宮崎港で最大
0.5mなど、全国の太平洋岸を中心に広い範囲で津波が観測されました。

 その後、津波は次第に収まり、3月1日(月)午前までにすべての津波に関
する警報・注意報は解除されたものの、まだ太平洋沿岸を中心に小さな海面
の変動が続いているとして、気象庁は注意を呼びかけています。
 
気象庁「2010年2月27日15時34分頃にチリ中部沿岸で発生した地震について」
http://www.jma.go.jp/jma/press/1002/27b/kaisetsu201002271900.pdf
http://www.jma.go.jp/jma/press/1002/28a/kaisetsu201002280830.pdf
http://www.jma.go.jp/jma/press/1002/28b/kaisetsu201002281650.pdf
http://www.jma.go.jp/jma/press/1002/28c/kaisetsu201002282145.pdf
http://www.jma.go.jp/jma/press/1003/01a/kaisetsu201003011000.pdf

--------------------------------------------------------------------
◆沖縄の地震でも津波発生

 27日(土)の午前5時31分には沖縄本島近海の深さ10kmを震源とするM(マ
グニチュード)6.9の地震が発生しました。
 この地震に伴い、気象庁は沖縄本島地方は津波警報、奄美諸島・トカラ列
島から、大東島地方、宮古島・八重山地方に津波注意報を発表しました。
 この地震で、沖縄県南城市で0.1m、南大東島で微弱な津波が観測されまし
た。

気象庁「2010年2月27日05時31分頃に沖縄本島近海で発生した地震について」
http://www.jma.go.jp/jma/press/1002/27a/kaisetsu201002270715.pdf

--------------------------------------------------------------------
◆桜の開花予想 さらに早まる

 今週3日(水)に日本気象協会から桜開花予想(第3回)を発表しました。
 2月下旬にかなり気温が高かったことなどを反映して、2週間前に発表し
た前回の予想よりも、九州では全般に早めの予想となりました。

 今回発表の予想開花日は以下のとおりです。
    下関市 3月23日(平年比6日早い)
    福岡市 3月16日( 〃 10日早い)
    佐賀市 3月21日( 〃 5日早い)
    長崎市 3月18日( 〃 7日早い)
    大分市 3月18日( 〃 9日早い)
    熊本市 3月18日( 〃 6日早い)
    宮崎市 3月21日( 〃 4日早い)
    鹿児島市3月24日( 〃 2日早い)

 日本気象協会では、今後、毎週水曜日に最新の気象データを反映した桜開
花予想を発表します。次回(第4回)は10日(水)発表です。

日本気象協会 桜開花予想(第3回)
http://tenki.jp/sakura/expectation

------------------------[お天気の豆知識]----------------------------
【津波警報・注意報】
 津波警報・注意報には、「大津波警報」、「津波警報」、「津波注意報」
の3つのランクがあります。

 「大津波警報」は、高いところで3m程度以上の津波が予想され、家屋の
倒壊など人命に関わる被害が発生するおそれある時に発表されます。
 「津波警報」は、高いところで2m程度のの津波が予想され、漁船の流失
や家屋の浸水などの被害が発生するおそれがある時に発表されます。
 「津波注意報」は、高いところで 0.5m程度の津波が予想され、満潮時刻
と重なると浸水などの被害が発生するおそれがある時に発表されます。

 今回のチリの地震のように海外で発生した地震に伴う津波の場合は、日本
への津波の到達までに時間があることもあり、海外での津波の観測状況など
を確認した上で、津波警報・注意報が発表されます。
 一方、日本近海で地震が発生した場合には、津波の到達までに一刻を争う
ことも多いため、地震発生から2~3分程度で、津波警報・注意報が発表さ
れることになっています。

気象庁「津波警報・注意報、津波情報、津波予報について」
http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/index_tsunamiinfo.html

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------

 日曜日の朝、テレビをつけると気象庁の会見が生中継されており、大津波
警報を発表する予定であることが発表されていました。そこから、いつもと
違う日曜日が始まりました。テレビでは沿岸部での避難が繰り返し放送され、
九州でも一部の鉄道路線が運休になるなどしました。

 たくさんの報道の中で、東北の三陸や沖縄県の年配の方が、50年前のチリ
地震に伴う大津波の時のことを覚えており、急いで避難している様子が報じ
られていました。
 1960年5月のチリ地震は今回の地震よりもさらに大きく、三陸などには数
メートルにも津波が到達。当時は、海外の地震で発生する津波に対する備え
がなかったこともあり、たいへん大きな被害が出ました。

 今回の津波は地球の裏側で起こった地震に伴うものであったため、避難な
どの時間的な余裕がありましたが、将来、日本列島のすぐ南で発生すること
が想定されている、東南海、南海といった巨大地震の際には、地震発生から
数分以内で大津波が太平洋岸を襲うことが想定されています。
 実際に大きな被害をもたらすような津波が起こることは滅多にないだけに
昔の大津波の記憶を語り継ぎ、いざという時にはすぐに行動に結びつけられ
るようにしておくことが大事だと感じられました。

毎日新聞「昭和のニュース チリ地震津波、三陸を襲う」
http://showa.mainichi.jp/news/1960/05/post-9900.html

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 なかなか天気がすっきりしない日が続いています。
 5日(金)は、日中いったん晴れ間が出るものの、夜にはまた次第に雨に。
6日(土)、7日(日)も前線の影響で、雨が降りやすくなりそう。
 来週に入ると、冬型の気圧配置に変わるため、来週中頃を中心に寒さが厳
しくなり、平野部でも雪が舞う可能性があります。これまで暖かい日が続い
ただけに、来週の寒さにはご注意ください。
                                (ま)
====================================================================
  日本気象協会九州支社 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
   配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================

2010年3月 5日 (金)

木がくるまれてます

ども、携帯から(た)です。
山口県JR防府駅前で発見
 
作業の方によると鳥よけのネットだそうです
初めて見ました
 

2010年3月 2日 (火)

集中!!しらしんけん!

ども、携帯から(た)です。
大分のお客様事務所で発見、見習いたいですね(^^;)

2010年3月 1日 (月)

月曜日にメルマガです

 

ども,ばたばたの(た)です.
津波による被害がなかったことは幸いでした.
貴重な経験となり,次回の津波の糧にできればと思います.
(自戒をこめて)

さて,遅れておりました(ま)のメルマガをどうぞ.

====================================================================
        お天気Magazine九州               2010.2.25号
====================================================================
◆九州北部に「春一番」

 25日(木)に九州北部地方で「春一番」が吹きました。九州北部では、昨年
より12日遅い「春一番」となりました。

 25日(木)は、低気圧が次第に発達しながら朝鮮半島南岸付近へ進み、温暖
前線が対馬海峡付近に延びる形となりました。それらに向かって、南からの
暖かい空気の流れ込みが強まったものです。
 最大瞬間風速は、雲仙岳で24.3m/s(東南東)、萩市須佐で22.5m/s(南南東)、
福岡市中央区で18.6m/s(南南東)などを観測。また、広い範囲で気温が20度
を超え、4月下旬ごろのポカポカ陽気となりました。

 ただし、26日(金)午前中にかけては、九州・山口の各地でさらに南寄りの
風が強まり、雷を伴った激しい雨や突風など、荒れた天気となるおそれがあ
ります。春の嵐に十分ご注意ください。
 
福岡管区気象台「春一番に関するお知らせ」
http://www.jma-net.go.jp/fukuoka/gyomu/osirase/houdou20100225.pdf

--------------------------------------------------------------------
◆スギ花粉急増!

 今週に入って、とても暖かい日が続いているため、九州・山口各地でスギ
花粉の飛散が急激に増えています。
 スギ花粉の飛散量は、通常、1日に1平方センチあたり50個以上の花粉が
観測された時に「非常に多い」という表現を用いています。それに対して、
今週は1平方センチあたり 100個前後から最大で数百個以上ものスギ花粉が
観測されたところが多くなっています。

 スギ花粉の飛散はピークを迎えているものとみられます。花粉症の方は十
分にご注意ください。

福岡県医師会 九州各地の花粉情報
https://www.fukuoka.med.or.jp/kafun/kafun.htm

------------------------[お天気の豆知識]----------------------------
【大気・海洋結合モデル】
 25日(木)に気象庁から、3~5月の3か月予報と、さらにその先8月にか
けての「暖候期予報」が発表されました。発表された予報の見た目はこれま
でとあまり変わりませんが、実は予報に用いる手法が今回から変わっていま
す。

 気象予測は、モデルと呼ばれる仮想的な地球をコンピュータの中に作り、
その大気などがどう変化するかを予想することで行っています。
 これまでは、ある海の温度分布を仮定し、その条件を加味した上で大気が
どのように変化するかを計算することで予報を行っていました。
 しかし実際には、海の温度なども絶えず変化しており、それが天候に大き
な影響を与えます。そこで、今月からは大気と海が相互に影響しあう状況ま
でをモデル上でシミュレーションする「大気・海洋結合モデル」が長期予報
に用いられるようになりました。

 モデルの高度化により、長期予報の精度が向上することが期待されていま
す。

25日発表の3か月予報
http://tenki.jp/long/?forecast_span=three_month
暖候期予報
http://tenki.jp/long/?forecast_span=six_month

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------

 春全体を通した飛散量は少ないと予想されているこの春の花粉。しかし、
今週のあまりの暖かさに、スギ花粉が一気に飛散してしまっているようです。

 私は、比較的軽症の花粉症だと思っていましたので、この春はあまり症状
が出ることなく終わってくれるかも、と甘い期待をし、薬の準備などもして
いなかったのです。
 ところが、水曜日の出張の際、近くの地下鉄の駅まで歩いただけで、くし
ゃみは止まらなくなるわ、目はかゆいわでもうボロボロ。これではとても話
などできないということで、出張先で薬局に駆け込み、鼻炎薬を買うはめに。

 結局、その鼻炎薬のおかげで、お客様のところで話をしているうちにだん
だんと花粉症は落ち着いてきたのでした。そして、薬が効くまでの間、薬局
のおばちゃんがおまけでくれたポケットティッシュが大活躍することとなり
ました。

 あすは雨の予報。雨で花粉が飛ばない日が待ち遠しくなるきょうこの頃で
す。

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 短い周期で天気がコロコロと変わりそうです。
 26日(金)は昼ごろまでを中心に激しい雨のおそれ。雷や突風のおそれがあ
ります。27日(土)は次第に天気は持ちなおしますが、まだ所々で一時雨。28
(日)はいったん晴れますが、来週も3月2日(火)ごろと4日(木)ごろに雨が
降り、その際にも風が強まりそう。荒れた天気になるおそれがあります。た
びたびやってくる春の嵐にご用心を。
                                (ま)
====================================================================
  日本気象協会九州支社 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
   配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================