« 2009年11月 | メイン | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月25日 (金)

受験生に中津駅からエールです

ども、携帯から(た)です。
出張帰りの中津で見つけました
受験生、ガンバレ〜

2009年12月19日 (土)

ガンバレ受験生!

ども、携帯から(た)です。
福岡市営地下鉄です
我が子を含めてすべての受験生へ!
 

土曜日にメルマガ、真冬の寒さもう少し

土曜日にメルマガ、真冬の寒さもう少し
忘年会の帰り、吹きつける雪で酔いが醒めた、(た)です(笑)

九州の寒波はピークをこえつつありますがまだ注意が必要です。
雪がやんでも路面凍結などが心配です。
(ま)のメルマガをどうぞ。

====================================================================
   お天気Magazine九州 2009.12.17号
====================================================================
◆この冬一番の寒気

 日本列島は冬型の気圧配置となっており、18日(金)から19日(土)にかけて
は、九州北部上空で氷点下10度以下というこの冬一番の非常に強い寒気が南
下してくる見込みです。
 このため、九州では山沿いの広い範囲で積雪することが予想されるほか、
平野部でも所によっては雪が積もるおそれがあります。
 週末にかけて道路、交通機関などの影響が出るおそれがありますので、十
分ご注意ください。

 今回の寒波で、各地から初冠雪や初雪の便りが届いています(17日午後9
時まで)。

 [初雪]
           平年比  昨年比
 17日(水) 山口市 7日遅い 28日遅い
      下関市 6日遅い 28日遅い
      福岡市 4日遅い 28日遅い
      佐賀市  同じ  11日遅い

 [初冠雪]
           平年比  昨年比
 16日(火) 脊振山 12日遅い 27日遅い
      天山  12日遅い 27日遅い
      桜島   同じ  10日遅い

西日本新聞「九州に寒気 各地で積雪」
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/141037
西日本新聞「雲仙の山々初冠雪 今年一番の寒気到来」
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/141169
佐賀新聞「佐賀県内に寒波 脊振山に樹氷、天山初冠雪」(動画あり)
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.1499561.article.html
南日本新聞「桜島で初冠雪 昨年より10日遅く、平年日と同じ」
http://www.373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=21102
      
--------------------------------------------------------------------
◆2009年の世界の平均気温は第3位

 14日(月)に、気象庁からことしの世界と日本の年平均気温についての発表
がありました。

 まだ半月ほど残っていますので暫定値となりますが、2009年の世界の平均
気温の平年差は+0.31度で、統計開始以来第3位タイの高い値、また、2009
年の日本の年平均気温の平年差は+0.58度で、こちらは統計開始以来第7位
の高い値になる見込みです。

 世界の気温、日本の気温ともに、地球温暖化などの影響で上昇する傾向が
続いており、特に1990年代以降は気温が高い年が頻出するようになっていま
す。
 なお、12月末までの気温が反映された最終的な気温の統計は来年2月初め
に公表される予定とのことです。

気象庁「平成21(2009)年の世界と日本の年平均気温について(速報)」
http://www.jma.go.jp/jma/press/0912/14a/world2009.pdf

------------------------[お天気の豆知識]----------------------------
【「雨か雪」と「雪か雨」】
 冬は天気予報で、よく「雨か雪」あるいは「雪か雨」という予報をよく聞
きます。この2つにはちゃんと意味があって、主体となるものが前にくるこ
とになっています。つまり、「雨か雪」なら雪よりも雨が主体。逆に、「雪
か雨」なら雨よりも雪が主体、といった具合。

 実は、降水確率にもこれらの区別は一応あって、降水確率の時間区分であ
る6時間ごとに、「雨」「雨か雪」「雪か雨」「雪」のどの確率なのかとい
うことがちゃんと発表されています。
 しかし、1日の中でも変わることが多くてややこしいため、それを見るこ
とはほとんどありません。以前は、一部のテレビ局で雪の可能性がある時は
小さな白いマークがついているのを見たことがありますが、それも最近は見
かけません。そういえば、気象庁のホームページでも単に降水確率と書いて
あるだけですので、どれの確率なのかは分からなくなってしまっています。

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------

 日本経済新聞社が選んだことしのヒット商品番付で「Twitter(ツイッター)」
が西の小結に選ばれました。このTwitterとは、インターネット上で短い「つ
ぶやき」を次々と投稿していくことで、コミュニケーションができるサービ
ス。(という私も、どういうものかは漠然と知っていますが、実は使ったこ
とはありません)

 このTwitter を意外なことに使おうとしているというニュースを見かけま
した。それがアメリカの地質調査所(USGS)が地震情報の収集に使おうという
もの。アメリカ地質調査所といえば、アメリカはもちろん、世界中の地震に
ついての観測を行っている機関で、海外で大地震が起こった時に日本の気象
庁が発表する情報も基本的にアメリカ地質調査所が決定した震源位置などを
用いています。
 このアメリカ地質調査所が、世界中のの「つぶやき」を常時監視し、各国
の「地震」という意味の言葉が急に増えたら、そこから大雑把な地震の位置
や規模を割り出そうというものなんだそうです。その名も「ツイッター地震
探知プロジェクト(TED)」。
 そんなことで決めていいのか?という感じもしますが、海外の地震の解析
に20分ぐらいかかるのに対し、「つぶやき」は地震発生後、なんと数秒後に
は始まるんだそうです。その速報性を重視しているようです。

 次々に新しい技術が生まれますが、この前初めて名前を聞いたTwitterが
もうそんなことに使われるほどに広がっているのは…。私もそろそろ使って
みなくては。

AFP BBNews「米地質調査所、ツイッターで地震情報収集」
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/it/2675271/5048782
 
--------------------------[これからの天気]--------------------------
 週末まで雪と寒さにご注意ください。
 18日(金)から19日(土)にかけては、雪が降りやすく、山沿いを中心に平野
部でも積雪のおそれ。道路や交通機関に影響が出るおそれがありますのでご
注意を。20日(日)も山沿いではさらに雪が降り積もるおそれがあります。
 来週に入ると、今回の冬型の気圧配置は次第に緩んできますが、週前半は
まだ朝の冷え込みはかなり強い見込みです。
 風邪などひかないよう用心を。
                                (ま)
====================================================================
日本気象協会九州支社 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================

2009年12月14日 (月)

朝靄晴れた大濠公園

ども、携帯から(た)です。
 
湿度が90%近い福岡市ですが日差しがまぶしくなってます
今週は、まずは穏やかスタートです

2009年12月13日 (日)

雨中のもちつき

雨中のもちつき

ども、町内会行事が終わってほっと一息の(た)です。
雨に降られてちょいと苦労しましたが楽しめました。来週はかなり寒くなりますからちょうど良かったです(^^;)

2009年12月12日 (土)

土曜日にメルマガ,来週は雪?

ども,あす日曜日の町内餅つきの準備に忙しい(た)です.
餅米やあんこの準備があり,気象担当としてとしては,判断を迫られました(笑).
おそらく,雨の可能性は小さく,明日に備えて準備万端です.
さあ,あすはおいしいおもちが食べられます^_^;

さて,(ま)のメルマガですが,盛りだくさん.
でもポイントは,来週の寒さと言えそうです.
来週は雪だるまマークも!
====================================================================
        お天気Magazine九州               2009.12.10号
====================================================================
◆ぞくぞくと冬の便り

 今週初めは朝の冷え込みが強まり、内陸部では広い範囲で氷点下まで気温
が下がりました。この冷え込みで、各地の気象台から初霜や初氷の便りがぞ
くぞくと届きました。

              平年比   昨年比
 7日(月) 佐賀市 初霜 15日遅い 6日遅い
          初氷 6日遅い 17日遅い
      大分市 初霜 6日遅い  同じ
      熊本市 初氷 15日遅い 19日遅い
      宮崎市 初霜 15日遅い 17日遅い
          初氷 8日遅い 17日遅い

 8日(火) 福岡市 初霜  同じ  7日遅い
      長崎市 初霜 1日遅い 7日遅い

 平年と比べても昨年と比べても遅いところが多く、全般に遅い冬の訪れと
なっています。

大分合同新聞「大雪 湯布院で氷点下4度」
http://www.oita-press.co.jp/localNews/2009_126016423472.html
      
--------------------------------------------------------------------
◆来春の花粉は少なめに

 日本気象協会は、今週10日(木)に来春の花粉飛散予測(第2報)を発表しま
した。
 それによると、来春のスギ・ヒノキ科花粉の飛散量は、九州の各地で例年
に比べて少ないかやや少なく、飛散が多かった昨年と比べると半分程度かあ
るいはそれ以下という少なさのところが多くなりそうです。

 春の花粉の飛散量は、その前年の夏の天候が大きく影響することが知られ
ています。ことしの夏は日照時間が少なく不順な天候となったため、来春の
花粉の飛散は少なくなるものと予想されます。

 なお、ヒノキ科より先に飛散が始まるスギ花粉の飛散開始は例年並みで2
月上~中旬ごろになるものと予想されます。

日本気象協会 来春の花粉飛散予測 ~例年と比べて、少ない傾向~
http://www.jwa.or.jp/content/view/full/2903/

------------------------[お天気の豆知識]----------------------------
【上空1500メートルの気温】
 冬はテレビなどの気象情報で上空の気温を示す図が頻繁に使われるように
なります。その主なものが、上空1500メートル付近の気温、そして上空5500
メートル付近の気温です。

 このうち、上空1500メートル付近の気温は、平野部で雨が降るか雪が降る
かという判断をする時によく用いられます。この気温が-6度以下になると平
野部でも雪が降り、それよりも高ければ雨が降るというわけです。

 ですから、テレビで上空1500メートル付近の気温が紹介される時にも、普
通は-6度のラインを示すような形で示されます。そのラインよりも北側なら
平野部でも雪が降る可能性が高いということになります。

 ただ、実際には、雨が降るか雪が降るかという点に関しては、地上の気温
や湿度など他の要素も大きく影響するため、この上空1500メートルの気温だ
けでは雨か雪かという判断はできません。

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------

 今週、あちこちのニュースで見かけたのが、地球温暖化データ改ざんメー
ル騒動。
 これは、イギリスの大学で気候調査を行っている教授のメールが、ハッカ
ーによって大量に盗み出された上、ウェブ上で公開され、その中に「気温の
低下を隠すためのトリックを終えた」という旨のメールがあったというもの
です。
 この教授は国連の地球温暖化に関する報告書の作成にも関わっていたとい
うことで、特に地球温暖化に対して懐疑的な人々を中心に論争になっている
ようです。
 このメールの真偽はともかくとして、国連の報告書作成には日本を含む世
界各国の非常に多くの研究者が関わっていますので、そのような改ざんが反
映されることはないはず。ただ、ちょうど次の温暖化対策を検討するCOP
15が開催されている最中でもあり、これが変な影響を与えなければよいので
すが。

ブルームバーグ「温暖化めぐる議論の電子メール公開騒動」
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920011&sid=aLsNcdi3r7os

 一方、今週はこんな衝撃的な写真にも出会ってしまいました。
http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPJAPAN-12847620091209
ホッキョクグマが狩りをする北極圏の氷原が溶けつつあるため、ホッキョク
グマが共食いを始めたというのです。

 COP15の議論はどう進むのか、そして地球の気候はどうなっていくのか、
ますます注目されます。

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 来週はだんだんと寒くなりそうです。
 11日(金)は朝まで雨が降りますが、日中は回復へ。12日(土)はいったん晴
れ間が出るところも多いですが、13日(日)以降、来週にかけては曇り空の日
が多くなりそうです。
 来週は次第に気温が下がり、特に17日(木)ごろから強い寒気が南下してく
る可能性があります。九州の平野部でも初雪が舞うところがあるかもしれま
せん。
                                (ま)
====================================================================
  日本気象協会九州支社 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
   配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================


2009年12月11日 (金)

しつこい雨です…

しつこい雨です…
しつこい雨です…
ども、携帯から(た)です。
雨雲を確認して、傘なし出勤したのですが…

みなさま、忘年会で傘なぞお忘れなく

2009年12月 9日 (水)

かなり遅れてメルマガ

サボってた(た)です(^^;)
次のメルマガの前に更新です


====================================================================
   お天気Magazine九州 2009.12.3号
====================================================================
◆11月は記録的な多雨

 11月は記録的に降水量が多い一か月となりました。

 11月の月降水量は福岡県飯塚市で197.0ミリ(平年比2.5倍)、鹿児島県枕崎
市で310.5ミリ(平年比3.4倍)で、いずれも観測史上1位。また、山口県下関
市は178.0ミリ(平年比2.4倍)、福岡市は181.5ミリ(平年比2.3倍)、宮崎県都
城市は、233.5ミリ(平年比3.4倍)で、観測史上2位。宮崎市は377.5ミリ(平
年比4.3倍)で、観測史上3位となりました。
 宮崎市は観測史上3位とはいえ、平年の6月の降水量が417.5ミリ、7月
は303.9ミリですから、梅雨時に匹敵するほどの雨が降ったことになります。

 11月は、この時期としては珍しく、低気圧が次々と九州の近くを通過し、
そのたびにまとまった雨が降ったことから、非常に降水量が多くなりました。

気象庁「11月の天候」
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/stat/tenko0911.pdf

--------------------------------------------------------------------
◆『スキー場情報』スタート!

 日本気象協会では、今週11月30日(月)から、気象情報サイト「tenki.jp」
と、携帯公式サイト「気象協会晴曇雨」で、『スキー場情報』の提供を開始
しました。

 「tenki.jp」では、各スキー場の状況のほか、tenki.jpユーザによる感想
や写真の投稿により、スキー場の情報をリアルに知ることができます。
 また、携帯公式サイト「気象協会晴曇雨」では、スキー場の状況や気象情
報のほか、ゲレンデに設置したライブカメラにより、スキー場の様子を知る
ことができます。

 九州ではスキー場は残念ながら少ないのですが、すでに佐賀県の天山スキ
ー場は滑走可となっています。

日本気象協会 ベストシーズンのスキー情報を「tenki.jp」と「気象協会晴
 曇雨」でチェック!!
http://www.jwa.or.jp/content/view/full/2962/
tenki.jp スキー情報
http://tenki.jp/ski/
天山スキー場
http://www.tenzan-resort.co.jp/

------------------------[お天気の豆知識]----------------------------
【初雪】
 12月になり、いよいよ本格的な冬。そろそろ雪が降ってもおかしくない時
期になってきます。

 気象台では、毎年、初めて降った雪を、初雪として観測しています。たと
えチラッとでも降れば初雪。また、雨と雪が一緒に降るみぞれでも、やはり
初雪として観測します。
 ただし、氷の粒が降ってくる、あられやひょうは初雪になりません。これ
らは、冬に限らず夏でも降ることがあるからです。

 昨年は冬全体としては暖冬でしたが、11月から12月初めにとても強い寒気
が流れ込んだため、山口市や下関市、福岡市では11月19日、対馬の厳原では
12月5日、大分市や長崎市などでは12月6日に初雪が降りました。

 ことしは、11月に寒い時期がありましたが、平野部で雪が降るほどのもの
ではなく、これから先もしばらくはやはり平野部で雪が降るほど強い寒気の
流れ込みはない見込みです。
 ことしの初雪はまだしばらく先となりそうです。

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------

 日本気象協会では「『天気予報API』活用アプリコンテスト」を実施し、
その受賞5作品が、3日(木)に発表されました。

 「API」とは何かというと、すみません…私も今ひとつ理解していない
のですが、天気予報やら洗濯指数やらのいろんな気象情報をインターネット
とかで使いやすいように提供してあげるから、それを利用して何かおもしろ
いものを作ってよ、というコンテストのようです。(システムの人から怒ら
れそうだ)

 このコンテストの開催のお知らせを見たときは、私もいったいどんなもの
を作るんだろうと想像さえできなかったのですが、発表された受賞作品を見
てびっくり。天気予報からこんな発想ができるのかと驚かされました。

 「天気予報API大賞」を受賞したのは、「天気オルゴール」という作品。
普段テレビの天気予報で見るような日本列島の地図の上に天気予報のマーク
が並んだ画面。その天気マークを北から順番にオルゴールのようにはじいて
いくと、天気マークによって違う音色が鳴る。つまり、全国の天気の分布に
よって、日々違う音色のメロディになるというわけです。

 天気予報をこんなふうにとらえることができるのかと、まさに目から鱗。
この「天気オルゴール」のほか、受賞作品を実際にWeb上で見ることが
できます。ぜひ、楽しんでみてください。

「天気予報API活用アプリコンテスト」
http://tenkiapi.jp/contest.html

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 天気の変化が早くなっています。
 4日(金)は、九州北部でやや雲が多いところがありますが、広い範囲で晴
れ。5日(土)は気圧の谷の通過で、昼ごろに九州北部を中心に一時雨。6日
(日)は天気は回復しますが、5日午後から6日は北風が強まり、少し寒くな
りそうです。
 来週は気温が上昇。再び過ごしやすい日が多くなりそうです。
                                (ま)
====================================================================
日本気象協会九州支社 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================

2009年12月 3日 (木)

あったかいコーヒーば飲みをしゃらんね〜

ども、携帯から(た)です。
出張途中、長崎道金龍サービスです
自販機の懐かしい外観とアナウンスでほっと一息(^^;)