« 2009年5月 | メイン | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月29日 (月)

イカのおすしで身を守る!

ども、携帯から(た)です。
 
出張先のの福岡県前原市で見つけました
 
前原では強い風に雨が交じりはじめました。

2009年6月27日 (土)

土曜日にメルマガ,雨接近!

ども,おくれてメルマガです(すみません).

福岡県,行橋方面は待望の雨ですね.これから,大雨が本格化です!

Radar_anime01

====================================================================
        お天気Magazine九州               2009.6.25号
====================================================================
◆大雨シーズン到来

 この梅雨は雨が少ない状態が続いてきましたが、21(日)ごろから梅雨前線
が九州付近に北上し、大雨が降ったところがありました。

 特に、23日(火)から24日(水)朝にかけては、台風3号から変わった低気圧
が九州南部付近を通過したため、九州南部を中心に局地的に非常に激しい雨
が降りました。鹿児島県南大隅町ではこの2日間の総雨量が279.5 ミリに達
しました。また、長崎市などでも局地的に一時激しい雨が降りました。

 この雨で、鹿児島県や宮崎県の一部では、土砂災害が起こりやすい状況に
なったため、土砂災害警戒情報が発表されました。また、鉄道などに一時運
休などの影響が出ました。

 24日の日中には九州の雨はやみ、天気は回復しましたが、次は27日(土)か
ら再び雨が降りやすくなる見込みです。大雨のおそれもありますので、今後
もご注意ください。

西日本新聞「大雨、長崎で土砂崩れ」
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/104237

--------------------------------------------------------------------
◆『携帯型熱中症計』発売

 日本気象協会では、熱中症指標値をもとに熱中症の危険度ランクをLED
ランプとブザーでお知らせし、コンパクトで外出時などにも持ち運びの便利
な「携帯型熱中症計」(税込み1,050円 )の販売を、今週26日(金)より開始し
ます。
 
 「携帯型熱中症計」は、計測した気温と湿度から日本気象協会の独自の計
算手法により熱中症指標値(WBGT近似値)を算出し、熱中症の危険度ランク
を表示することで、屋内外における職場環境やスポーツ環境、生活環境での
熱中症予防に役立てることを目的に作られた製品です。

 気軽に持ち運び可能な「携帯型熱中症計」を様々なシーンでご活用いただ
き、これからの夏場の必需品としてぜひ熱中症予防対策にお役立てください。

 「携帯型熱中症計」は、ネットショップのみでのお取り扱いとなっており
ます。詳しくは
http://www.jwa.or.jp/content/view/full/2708/
をご覧ください。

------------------------[お天気の豆知識]----------------------------
【台風から変わった低気圧】

 この時期、台風が南の海上から北上してきても、九州周辺の海の温度はま
だ低いため、九州に近づくまでに熱帯低気圧や温帯低気圧に変わることがよ
くあります。

 温帯低気圧に変わると、天気図上では「低」と表されるだけで、それだけ
見たのでは、もともと台風であったということは分からなくなってしまいま
す。
 しかし、このような台風から変わった低気圧はしばしば大雨をもたらしま
す。台風から弱まり、強い風は吹かなくなっても、台風のころの大量の湿っ
た空気は持ったままやってきてしまうからです。

 今週は、23日夜を中心に鹿児島県などで大雨が降りましたが、これをもた
らしたのは台風3号から変わった低気圧。また、今、南シナ海にある台風4
号も、やはり温帯低気圧に変わって、来週九州に近づくおそれがありますの
で大雨にご注意ください。

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------

 今週は、鹿児島県などで大雨が降りましたが、その一方で雨が降ってほし
くてたまらないというところがあります。それが福岡県の行橋市です。

 行橋市は福岡県の東部に位置する市ですが、水源を添田町にある油木ダム
に頼っています。ところが、油木ダムの貯水率は、今週22日(月)の段階で、
なんと 6.3%まで下がってしまいました。このままいくとダムが空っぽにな
ってしまうという状況になっています。

 これは、梅雨に入ってからも、これまで雨が少ない時期が長く続いてきた
こと、そして梅雨に入る前も春から雨量がかなり少ない状態が続いていたこ
とが原因です。

 私たちも気象情報を伝える上で、大雨のおそれがあれば、やはり大雨に注
意という話をしなければならないのですが、その一方でこの油木ダムの周辺
には雨が降ってほしいという複雑な心境になってしまいます。

 大雨の被害が出るようなこともなく、それでいて水不足を解消してくれる
よう、うまく雨が降ってくれるのを願うばかりです。

西日本新聞「油木ダム:行橋市、1日200トンの水もらい受け開始」
http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20090623ddlk40040441000c.html
福岡県内主要ダム貯水状況
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/d13/damuchosui.html

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 来週も大雨にご注意ください。
 26日(金)までは晴天ですが、27日(土)には雲が広がり、九州南部から次第
に雨が降りやすくなりそう。28日(日)以降は、雨が降りやすい日が続き、雨
が激しく降る日もありそうです。
                                (ま)
====================================================================
  (財)日本気象協会九州 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
   配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================


すみません,先週のメルマガ

ども,(た)です.先週のメルマガです.ちとバタバタ.....

====================================================================
        お天気Magazine九州               2009.6.18号
====================================================================
◆雨が降りませんが…

 九州は、先週9日に梅雨入りした後も、雨が降る日がたいへん少なく、晴
れて暑い日が多くなっています。一部の地域では、ダムの貯水率が著しく低
下したり、川の流量が少なくなるなどの影響が出ています。
 このように雨が少なくなっているのは、梅雨前線が南西諸島付近から九州
へ近づくことがあまりなかったためです。

 しかし、来週には梅雨前線が九州付近に停滞するようになり、梅雨前線の
活動も活発になる見込みです。

 これまでの少雨から打って変わって、来週には大雨が降るようになるおそ
れがあります。
 一気にこれまでの少雨を解消とはいきませんので、まだしばらくは少雨に
も注意が必要ですが、来週からは大雨にも十分にご注意ください。

15日(月)に発表された九州北部の少雨に関する情報
http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/109_04_807_20090615113028.html
西日本新聞「油木ダム貯水率 一層厳しく 行橋市 減圧給水強化へ」
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/102773

--------------------------------------------------------------------
◆日食まであと1か月

 7月22日の日食まであと1か月あまり。九州では、鹿児島県の種子島・屋
久島の南部から奄美地方で皆既日食となるほか、そのほかの九州各地でも太
陽の9割程度以上が欠ける部分日食が起こります。

 ただし、そこで気になるのが当日の天気。世紀の天体ショーも雨や曇りで
は台無しです。そこで、日本気象協会の全国の気象情報サイトtenki.jpでは
過去の統計による各地の晴天率を公開中です。

 たとえば、奄美地方の名瀬では晴天率63.3%で、3回に2回は晴れ。九州
の各地でも晴天率は60%前後となっています。

 梅雨明けの平年日が、九州南部で7月13日、北部が18日ですので、梅雨が
順調に明けてくれるかといったことが九州の天気を大きく左右することにな
ります。
 なんとか、よい天気になってくれるとよいのですが。

tenki.jp 皆既日食情報
http://tenki.jp/forecast/eclipse

------------------------[お天気の豆知識]----------------------------
【陽性型の梅雨】

 よく、梅雨のタイプを分ける時に、陽性型の梅雨、陰性型の梅雨、という
表現が用いられます。

 陽性型の梅雨は、晴れる時はよく晴れて、雨が降る時には一気に降るとい
った天気の変化がはっきりしたタイプの梅雨。
 一方の陰性型の梅雨は、雨がだらだらと長期間にわたって降り続けるよう
なタイプの梅雨のことをいいます。

 ただ、その年の梅雨がどちらのタイプが事前に分かることは普通はありま
せん。梅雨が終わり振り返ってみて、どちらだったか何となく分かるといっ
たものです。

 また、梅雨の中でも時期によって違い、梅雨の初めは陰性で、後半に陽性
に移っていくことが多いとよくいわれます。
 今年については、これまでほとんど雨が降っておらず、いきなり梅雨の最
盛期がやってくる陽性型になる可能性もあります。

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------

 携帯電話のauなどのサービスをしているKDDIが、「震災時に関する
調査」の結果を公表したという記事を発見。

 まず、「非常時に必ず持っていくであろう物はどれですか?」という質問
に対する答えのベスト3は、財布、携帯電話、めがね・コンタクトレンズ。
 続いて、「安否の確認方法として次のうちまずどれを取りますか?」とい
う質問に対して、自分の携帯電話が84.7%を占め、圧倒的な第1位。

 また、こんな質問も。「震災時に携帯電話を使用する上で、不安に思うこ
とは何ですか?」。回答は、第1位が充電切れで47.8%、そして第2位が回
線の混雑で42.4%となっています。続いて、「携帯充電器を普段から持ち歩
いていますか?」という質問に対しては、はいが21.3%、いいえが78.7%と
いう回答が紹介されています。

 と、資料をここまで読んだところで登場するのがauの新製品、太陽光で
充電できるというソーラー携帯。な~るほど、そういう話に持っていくため
の質問だったのね、と気づかされた次第です。

 とはいえ、災害時に携帯電話をいかにして充電するかというのは実は結構
大切な問題。音声通話は混雑で使用が困難になることが予想されますが、メ
ールなどは通信施設が壊れるといった場合を除けば災害時でも利用できるこ
とが想定されています。しかし、携帯の充電が切れてしまってはどうにもな
りません。それに対する対策として、ソーラー携帯は今後、注目されるかも
しれません。

 ちなみに私は、携帯充電機能付き手回しラジオ兼ライトを準備しています。
こういったものも役立ちそうですよ。

KDDIの震災時に関する調査の結果
http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0222557_01.pdf
auのソーラー携帯 SH002
http://www.au.kddi.com/seihin/ichiran/kishu/sh002/index.html
ソフトバンクのソーラー携帯 936SH
http://mb.softbank.jp/mb/product/3G/936sh/

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 週末は大きな天気の変わり目。本格的な雨の季節がやってきます。
 19日(金)は九州全般に晴れ。日中は暑さが続きます。20日(土)は次第に雲
が広がり、21日(日)には雨が降り出すところも。
 22日(月)以降は、九州付近に梅雨前線が停滞し、雨の降りやすい状態が長
期間にわたって続く見込みです。また、激しい雨が降るおそれも十分にあり
ます。来週からは大雨にご注意を。
                                (ま)
====================================================================
  (財)日本気象協会九州 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
   配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================


2009年6月20日 (土)

福岡は今日も暑い

ども、携帯から(た)です。
室見川から福岡タワー方面です

2009年6月18日 (木)

博多は晴れ、宮崎は梅雨空!

博多は晴れ、宮崎は梅雨空!
本日宮崎出張の(た)です
福岡空港は夏のような天気でしたが宮崎は雨!

油断しました
お客様訪問の前に傘かわなきゃ…

2009年6月13日 (土)

土曜日にメルマガ

昨日はお仕事で長崎道,今日は私用で大分道,総走行距離800kmの(た)です.

ともあれ,雨には余り遭わずに済みました.
梅雨なんですけどね~.

さて,そのあたりもふくめて(ま)のメルマガです.

====================================================================
        お天気Magazine九州               2009.6.11号
====================================================================
◆梅雨入り

 今週9日(火)に九州南部、九州北部の梅雨入りが発表されました。
 九州南部は、平年より11日遅く、昨年より12日遅い梅雨入りとなりました。
また、九州北部は、平年より4日遅く、昨年より12日遅い梅雨入りとなりま
した。

 今年は北からの寒気の流れ込みが例年に比べ強い状態が続いており、これ
が梅雨前線の北上を妨げる形になっています。このため、九州では梅雨入り
が平年より遅くなりました。
 今後も来週にかけては、梅雨前線が北上しにくく、南西諸島付近にほとん
ど停滞した形になるため、九州では梅雨には入ったものの、晴れ間が出る日
が多くなりそうです。

 全国的には、9日(火)に九州のほか、中国、四国、近畿、東海、10日(水)
には北陸、関東甲信、東北南部、11日(木)に東北北部が、相次いで梅雨に入
り、梅雨がない北海道を除いて全国すべての地方が雨の季節を迎えました。

九州南部の梅雨入りに関する情報
http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/110_04_827_20090609110424.html
九州北部の梅雨入りに関する情報
http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/109_04_807_20090609110029.html

--------------------------------------------------------------------
◆夏にエルニーニョ現象発生の可能性

 今週10日(水)に、気象庁から「エルニーニョ監視速報」が発表されました。
 それによると、太平洋赤道域東部の海面水温は今後、次第に高くなり、今
年の夏のうちには、エルニーニョ現象が発生する可能性が高いと予測されて
います。

 エルニーニョ現象は、ペルー沖など太平洋赤道域の東部の海面水温が高く
なる現象で、一般にはエルニーニョ現象が発生すると、日本では夏は冷夏、
冬は暖冬になることが多いとされています。

 今後、エルニーニョが発生した場合に、どの程度、日本などの天候に影響
が出てくるのか、また影響が出るとしたらいつごろから出てくるのか、まだ
予測は難しいですが、今後の動向に注目しておく必要があります。

気象庁「エルニーニョ監視速報」
http://www.jma.go.jp/jma/press/0906/10a/c_kanshi_joho.pdf

------------------------[お天気の豆知識]----------------------------
【梅雨】

 普段、当たり前のように「梅雨」という言葉を使いますが、なぜこの時期
の雨を梅の雨と書くのか、そしてそれをなぜ「つゆ」と読むのか、不思議な
ものです。

 まず、「梅雨」という漢字で書くのは江戸時代ぐらいに中国から伝わった
とされています。梅の実が熟すころだからというのが、その理由です。

 では、それを日本で「つゆ」と読むようになったのはなぜか?というと、
いくつかの説があるようです。一説には、湿度が高くて露ができやすいから
「つゆ」になったという説。また一説には、食べ物が腐りやすいから、つぶ
れるという意味の「潰(つい)ゆ」という言葉が、「つゆ」になったという説
があるそうです。

 ちなみに、この「梅雨」という言葉が日本に伝わる前、日本ではこの雨の
シーズンを「五月雨(さみだれ)」と呼んでいました。芭蕉の「五月雨をあつ
めてはやし最上川」も、梅雨の様子を詠んだ句です。

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------

 5日(金)に気象庁から「今年度の測候所の機械化・無人化について」とい
う発表がされました。

 気象庁では、国の行政機関のスリム化の一環として、測候所の観測を自動
で行うようにし無人化していく方向で作業を進めており、来年度までに全国
すべての測候所を原則として無人化する計画となっています。そして、無人
になった「測候所」は、「特別地域観測所」という名前に変わっていってい
ます。

 すでにこれまでに数多くの全国の測候所が無人となり、現在、全国に残る
測候所は18か所となっています。このうち、今年10月1日に10か所の測候所
が無人化されることになりました。九州・山口では、長崎県の厳原測候所と
福江測候所、熊本県の阿蘇山測候所が無人になります。

 全国の測候所の中には、地元で測候所の無人化に対して反対運動が行われ
ている所があります。その中の一つが鹿児島県の奄美大島にある名瀬測候所。
鹿児島市からはるか離れた島にあり、また台風に襲われることも多いことか
ら、防災の拠点として重要であるということで、無人化反対運動が地元で行
われています。
 気象庁の方針もよく見ると、「無人化」の前に「原則として」という言葉
がついているのは、測候所によっては残る可能性があるということではない
でしょうか。地元に頼りにされている測候所だけに、どうかよい結果になっ
てほしいものです。

気象庁「今年度の測候所の機械化・無人化について」
http://www.jma.go.jp/jma/press/0906/05a/chiiki.html
気象庁「各地の気象台・施設等機関一覧」
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/link/link1.html

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 梅雨には入りましたが、雨はほとんど降りません。
 12日(金)は、午後は雲が多くなり、13日(土)は全般に雲が多いですが、雨
が降るのは種子島・屋久島や奄美が中心。14日(日)以降、来週にかけては、
全般に晴れ間が多くなりそうです。
 なお、6月下旬には梅雨前線が九州付近に北上し、大雨が降りやすくなる
ことが予想されます。晴天に油断をせずに、大雨への備えをしておきたいも
のです。
                                (ま)
====================================================================
  (財)日本気象協会九州 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
   配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================


2009年6月12日 (金)

雲仙がまだすロードのひまわり

ども、携帯から(た)です。
お客様まわり、しばし休憩です

2009年6月10日 (水)

梅雨入り、即大雨!

ども、携帯から(た)です。
 
鹿児島は雨脚強し、大雨警戒です

2009年6月 5日 (金)

金曜日はメルマガ,梅雨入り遅れる,少雨,今夜は雷?

ども,ネクタイなしのクールビズ大好き,の(た)です.

晴れていなくても,なんかムシムシしていますが,梅雨入りはこの次のまとまった雨からになりそうです.
また,九州北部は,あす土曜日の朝にかけて落雷やヒョウの可能性もあります(気象庁のこちらのサイト
ともあれ,金曜日は(ま)のメルマガです.

====================================================================
        お天気Magazine九州               2009.6.4号
====================================================================
◆九州北部に少雨に関する情報

 今週2日(火)に、福岡管区気象台から九州北部地方について少雨に関する
情報が発表されました。

 九州では4月ごろから高気圧に覆われて晴れることが多く、全般に降水量
が少なくなっています。また、6月に入っても、梅雨前線が沖縄付近、ある
いはそれよりもさらに南に位置することが多く、九州では少雨を解消するよ
うなまとまった雨が降りにくい状況となっています。

 すでに福岡県行橋市では、水を供給しているダムの貯水率が低くなったた
め、渇水対策本部を設けて節水を呼びかけるなどの対策を始めています。

 来週中ごろには梅雨前線が九州付近に北上し、梅雨入りが発表される可能
性があります。ただ、北からの寒気が例年に比べて強いため、梅雨前線が本
格的に北上しにくい傾向が続いており、これが長引くおそれもあるため、し
ばらくは少雨に注意をする必要があります。

九州北部地方の少雨に関する情報
http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/109_04_807_20090602140026.html
西日本新聞「油木ダム貯水率30%切る 行橋市 渇水対策本部設置も」
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/98521

--------------------------------------------------------------------
◆5月も記録的な少雨

 今週1日(月)に、気象庁から5月の天候のまとめが発表されました。4月
に続き、5月も記録的な雨の少なさと日照時間の多さになったところがあり
ました。

 降水量については、山口県萩市、宮崎県延岡市、日南市油津、鹿児島県枕
崎市で、それぞれ観測史上5月としてはもっとも少ない記録となりました。
枕崎市では月降水量が31.0ミリで、平年のわずか14%という少なさでした。
 また、このほか、長崎県五島市福江、鹿児島県の屋久島と奄美市名瀬で観
測史上2位。山口市と大分市、熊本県天草市牛深で観測史上3位の雨の少な
さとなりました。

 一方、日照時間はかなり多い地点が相次ぎ、宮崎県日南市油津と鹿児島県
の種子島、屋久島、沖永良部で、それぞれ5月としては観測史上第1位の記
録となりました。屋久島では平年の 1.5倍もの日照時間となりました。

気象庁「5月の天候」
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/stat/tenko0905.pdf

------------------------[お天気の豆知識]----------------------------
【ハザードマップ】

 最近、「ハザードマップ」という言葉を聞くことが多くなってきました。
「ハザード」とは「危険」、そして「マップ」は「地図」ですから、危険を
記した地図ということになります。

 ハザードマップは、洪水などの災害などが発生した時に、どの地域にどの
ような被害が生じるかという予測を地図上に示したものです。たとえば、洪
水に関するハザードマップであれば、予想される浸水の深さによって色が塗
り分けられたような地図になります。そして、その地図には避難所なども書
き込まれており、自分が避難所に避難する際の経路を考える際などの参考に
もなります。

 ハザードマップは、想定される災害に応じて、洪水のほか、土砂災害や高
潮、津波などさまざまなものがあります。鹿児島県の桜島などでは火山噴火
の際の被害の広がりを想定したハザードマップも非常に重要なものとなって
います。

 これからは大雨や台風などの災害が多くなる季節。地元のハザードマップ
をチェックしてみてはいかがでしょうか。

国土交通省「ハザードマップポータルサイト」
http://www1.gsi.go.jp/geowww/disapotal/index.html

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------

 普段から「気象」という文字が入った新聞記事などをインターネットで検
索してチェックするようにしているのですが、今週、ちょっと意外な記事が
検索に引っかかりました。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が2010年度に打ち上
げる予定の金星探査機PLANET-Cに関する記事です。

 なぜ、金星探査機が気象に関係あるのか?と思ったら、金星はほとんど回
転していない(243日かかってやっと1回転するそうです)のに、秒速 100メー
トルというような猛烈な風がぐるぐると金星を取り巻くように吹いており、
これが「気象学最大の謎」だというのです。気象学最大の謎が、地球ではな
く、宇宙にあったとは!

 地球の大気は、地球の回転(自転)に引きずられるようにして回転していま
す。ところが、金星の大気は、金星の自転よりはるかに速い風が吹き続けて
いるとのこと。その風は「超回転」という名で呼ばれており、金星のみなら
ず、土星の衛星タイタンでも吹いているらしいことが分かっているそうです。

 他の星の風の話なんてどうでもいいような感じもしますが、しかしその風
の正体が分かると、地球で吹いている風についても何か大切なことが分かる
かもしれません。
 2010年度、種子島から打ち上げられる予定の金星探査機PLANET-Cの活躍が
今から楽しみになってきました。

JAXA 金星探査機「PLANET-C」のページ
http://www.jaxa.jp/projects/sat/planet_c/index_j.html
JAXA 超回転に関する説明のページ
http://www.isas.jaxa.jp/j/forefront/2007/imamura/02.shtml

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 土曜日にかけて、やや不安定な天気が続きます。
 5日(金)から6日(土)にかけては、南から流れ込む湿った空気と上空の寒
気の影響で、大気の状態が不安定になる見込みです。全般に雲が多く、所々
で晴れ間ものぞきますが、あちこちで一時雨が降るといった天気。所によっ
ては雷を伴うおそれもありますのでご注意を。7日(日)には回復して、各地
で晴れ間が広がりそうです。
                                (ま)
====================================================================
  (財)日本気象協会九州 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
   配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================


2009年6月 1日 (月)

6月はクールビズ

ども、外回りで汗、の(た)です。
 
ありがたいです!