« 佐世保バーガー | メイン | 本日,明日は防災どんたく »

2009年3月 6日 (金)

金曜日はメルマガ,天気回復花粉に注意!

ども,出張続きがようやくおさまって事務処理中の(た)です.

天気は回復したのですが,花粉が心配ですね....

では(ま)のメルマガをどうぞ.

====================================================================
        お天気Magazine九州               2009.3.5号
====================================================================
◆気象庁から桜の開花予想発表

 今週4日(水)に気象庁から今年1回目の桜の開花予想が発表されました。
 それによると、九州は多くの地点で平年よりかなり早い開花となりそうで
す。九州・山口の予想日は以下の通りです(かっこ内は平年比)。

 3月15日 熊本市(9日早い)
   17日 福岡市(9日早い)
   18日 大分市(9日早い) 宮崎市(7日早い)
   19日 佐賀市(7日早い) 長崎市(6日早い) 五島市(9日早い)
   20日 対馬市(8日早い)
   21日 下関市(8日早い)
   22日 鹿児島市(4日早い)

 熊本市は、全国でもっとも早い予想日となっています。また、熊本市と長
崎県五島市は、それぞれの観測史上もっとも早い記録と同じ日となっていま
す。鹿児島市は、九州でもっとも遅い予想となっていますが、これは冬の寒
さが足りないと考えられるためで、近年の記録を見ても鹿児島市は開花が遅
い年が多くなっています。

 気象庁の桜の開花予想は、毎週水曜日発表で、第2回は来週11日に発表さ
れます。

気象庁の桜の開花予想
http://www.jma.go.jp/jma/press/0903/04a/sakura2009_1.pdf

--------------------------------------------------------------------
◆桜島の噴火警戒レベル3にアップ

 今週2日(月)の午前10時30分に、気象庁から噴火警報が発表され、鹿児島
県の桜島の噴火警戒レベルが2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げ
られました。

 桜島は、火山活動がやや活発化しており、1日(日)ごろから爆発的噴火が
時々発生しています。さらに、国土交通省大隅河川国道事務所が設置してい
る傾斜計の観測で山体が膨張していることを示す変化が認められているとい
うことで、活動の活発な状態が長期化するおそれもあります。

 桜島の昭和火口および南岳山頂火口から2km程度の範囲では噴石や火砕流
に警戒が必要なほか、風下側では降灰などに対しても注意する必要がありま
す。
 
2日に発表された噴火警報
http://www.jma.go.jp/jp/volcano/506-20090302103000-40.html
2日発表された桜島の火山活動解説資料
http://www.seisvol.kishou.go.jp/tokyo/STOCK/monthly_v-act_doc/fukuoka/09m03/506_090302.pdf

--------------------------------------------------------------------
◆2月は記録的な高温

 気象庁から2月の気候統計のまとめが発表されました。2月は月平均気温
が九州で3度前後も高いなど、全国的に記録的な高温となりました。
 九州・山口では次の各地で、2月としては観測史上もっとも月平均気温の
高い記録となりました。

 長崎県厳原(+2.8)、長崎県平戸(+3.1)、大分(+2.9)、宮崎県油津(+3.2)、
 鹿児島県屋久島(+3.2)、鹿児島県名瀬(+2.9)

 このほか、下関、福岡、熊本、鹿児島などでそれぞれ観測史上2位、山口、
佐賀、長崎、宮崎などでそれぞれ観測史上3位の月平均気温が高い記録とな
りました。

 また、このほか2月は雨が多かったのも特徴で、2月の降水量は、長崎県
雲仙岳、熊本県人吉、鹿児島県阿久根でそれぞれ観測史上第2位の記録とな
りました。2月の降水量は、阿久根で平年の約 2.4倍、人吉で約 2.2倍にも
達しました。

 あわせて、冬(12~2月の3か月間)の天候のまとめも発表されました。九
州は2月の記録的高温が冬の平均も引っ張り上げる形になり、3か月間の平
均気温は1度あまり高く、「暖冬」となりました。特に、大分では平年より
1.3度高く観測史上2番目に暖かい冬、下関や鹿児島ではそれぞれ観測史上
3番目に暖かい冬となりました。

気象庁「2月の天候」
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/stat/tenko0902.pdf
「冬(12~2月)の天候」
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/stat/tenko081202.pdf

------------------------[お天気の豆知識]----------------------------
【霜注意報】

 霜注意報は、早霜や遅霜により農作物などに被害が出るおそれがある時に
発表されます。冬場には発表されず、その前後の時期に発表され、発表され
る期間もあらかじめ決められています。
 九州・山口では、春先の遅霜については次のような期間となっています。

 鹿児島県(薩摩・大隅地方):3月10日以降
 福岡県、佐賀県、長崎県(北部・南部・五島):3月15日以降
 山口県、長崎県(壱岐・対馬)、大分県、熊本県、宮崎県:3月20日以降
 鹿児島県(種子島・屋久島地方、奄美地方):通年

 ただし、冬の気温が高いと、農作物が早く成長し、これよりも早い時期か
ら遅霜による被害が発生することがあります。今年も2月は記録的な高温で
あったため、霜注意報の発表開始が九州・山口の全域で3月5日以降の遅霜
を対象とすることに繰り上げられ、すでに各地で霜注意報の発表が始まって
います。
 遅霜では特にお茶などに被害が発生することが多く、霜に対する注意が必
要となります。

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 2月下旬以降、かなり日差しの少ない状態が続いていますが、この傾向は
今後も長引きそうです。
 6日(金)は朝まで雨が降るものの、日中は回復へ。7日(土)から8日(日)
は雲が多く、九州南部を中心に雨も。そして、来週に入っても、九州南部を
中心に曇りや雨の日が多く、日差しは少なくなりそうです。

 なお、スギ花粉飛散の最盛期が続いていますが、天気による飛散量の変化
がたいへん大きくなっています。雨の日は花粉の飛散は少ないですが、雨以
外の日にかなりたくさんのスギ花粉が飛散しています。今後はヒノキ科花粉
の飛散も始まりますので、引き続きご注意ください。

※今週は「お天気屋のつぶやき」はお休みしました
                                (ま)
====================================================================
  (財)日本気象協会九州 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
   配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/393724/18784409

金曜日はメルマガ,天気回復花粉に注意!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿