« 2009年2月 | メイン | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

今日から,地震の震度解説が新しくなります

ども,年度末,やっぱり今年もバタバタの(た)です.

さて,バタついていても暇でも,災害は待ってくれません.
地震なぞ,その典型ですね,と無理矢理関連つけて,地震の話題です.

地震がおきると,どれくらいの揺れだったか,実際にどのような現象や被害が発生するかが気になりますね.
その目安を,気象庁は「気象庁震度階級関連解説表」として示しているのですが,この解説表が本日3月31日から新しくなりました.
(気象庁報道発表のこちら

新しくした理由は,一言でいえばわかりやすくしたということです.

特に,木造住宅での耐震性が高い場合と低い場合の影響の度合いなど,みなさん,必見ですよ.

ともあれみなさんもご一読ください.

地震をしり,知識を付けることが防災への第一歩です.
と,京大防災研の先生がおっしゃってました.

2009年3月30日 (月)

大分県臼杵市さくら満開

大分県臼杵市さくら満開
ども、携帯から(た)です。

しばし休憩(^^;)

バリアフリー

ども、携帯から(た)です。
 
目についたのでご紹介
 
大分河川国道事務所です

2009年3月27日 (金)

金曜日はメルマガ

ばたばた年度末,(ま)のメルマガをどうぞ.

====================================================================
        お天気Magazine九州               2009.3.26号
====================================================================
◆桜満開

 桜前線は例年よりかなり早く日本列島を北上しています。九州では、23日
(月)に長崎県五島市で開花し、それで九州の全観測点で桜の開花が観測され
ました。
 桜の開花は、九州の全地点で平年より早く、記録的な早さのところも相次
ぎました。

この1週間に九州・山口で開花した地点は以下の通りです(かっこ内は平年
比)。        
 3月21日(土) 長崎市(4日早い)
   23日(月) 長崎県五島市(5日早い)

 また、今週は桜の満開の便りが届き始めました。23日(月)に満開になった
福岡市と宮崎市はそれぞれ平年より11日も早いなど、やはりかなり早い満開
となっています。

日本気象協会の桜情報
http://tenki.jp/sakura/

--------------------------------------------------------------------
◆5日先までの台風進路予報が始まります
 
 気象庁は、今年4月下旬から台風の5日先までの進路予報の発表を始めま
す。
 台風の進路予報は、これまで最長で3日先まででした。今回、それを5日
先までに延長することで、早めに台風へ備えるなどの対応ができるようにな
ります。

 台風の5日先までの予報は、6時間ごとに1日4回で、台風の強さに関す
る予報は発表されません。4日あるいは5日先の予報は難しいため、予報円
がかなり大きくなることが多いと予想されますが、台風の動きの傾向を捉え
ることで、台風が接近するおそれがあるのかどうかを知る目安となります。

気象庁「台風進路予報の予報期間の延長について」
http://www.jma.go.jp/jma/press/0903/19b/typhoon-5dayfcst.pdf

------------------------[お天気の豆知識]----------------------------
【噴火警戒レベル】

 鹿児島県の桜島は活動が活発な状態が続いており、噴火警戒レベルは3(
入山規制)が継続しています。

 噴火警戒レベルは避難などの判断により役立つ情報として2007年12月から
導入されました。レベルは1から5まであり、おおよそ次のような状態を示
しています。

レベル1(平常)    :火山活動は静穏。
レベル2(火口周辺規制):火口周辺に影響を及ぼす。
レベル3(入山規制)  :居住地域の近くまで重大な影響を及ぼす。
レベル4(避難準備)  :居住地域に重大な被害を及ぼす噴火が発生すると
            予想される。
レベル5(避難)    :居住地域に重大な被害を及ぼす噴火が発生、ある
            いは切迫している状態にある。

 桜島では3月10日に起きた昭和火口の爆発で、大きな噴石が2合目付近ま
で飛散し、ふもとの集落近くまで影響を及ぼしていることから、現在はレベ
ル3となっています。今後、さらに規模の大きな爆発が発生すると居住地域
まで被害がおよぶレベル4になるおそれもあり、桜島の動向に注意する必要
があります。

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------

 毎日新聞を読んでいたら「不況という環境対策」という見出しに目がとま
りました。

 環境省が「チームマイナス6%」というキャンペーンをしているように、
日本は1990年と比べて6%温室効果ガスの排出量を減らさなければならない
ことになっています。ところが現実はどうかというと、これまで温室効果ガ
スの排出量は増え続け、この6%減を達成するのは無理だと見られてました。

 ところが今回の記事によると、今回の大不況のために日本の温室効果ガス
排出量が減少し、6%減を達成する見通しになったというのです。

 これを読んでも半信半疑なところはあるのですが、でも最近のニュースで
日本の輸出額が半減などというのを見ていると、確かに工場などから排出さ
れる温室効果ガスが大幅に減っているということもあるのかもしれません。

 しかし、大不況で温室効果ガス排出量が減ったということは、景気が回復
すればまた増えるということでもあります。景気が回復しても温室効果ガス
排出量が増えないような政策が経済対策として行われればよいですが、たと
えそうだとしてもやはり温室効果ガス排出量は再び増えていくでしょう。
 一時の6%減で油断をせずに、省エネに努めたいものです。
         
毎日新聞「不況という環境対策」
http://mainichi.jp/select/biz/ushioda/news/20090322ddm008070104000c.html

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 せっかく桜が見ごろなのですが、週末は九州南部を中心にぐずついた天気
となりそうです。
 27日(金)は、晴れから次第に曇りに。28日(土)から29日(日)にかけては、
九州南部で時々雨。九州北部も曇りで、一時弱い雨が降るところがある見込
みです。
 寒気が流れ込みやすくなっており、特に夜は冷えます。夜桜見物などは十
分に暖かくしてお出かけください。
                                (ま)
====================================================================
  (財)日本気象協会九州 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
   配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================


2009年3月24日 (火)

潮干狩りに最適な日は?

ども,本日大分出張でロングドライブの(た)です.

お客様との打ち合わせが目的ですが,ネタもできるだけ準備しています.
今回は潮干狩り,です.

事務所へのお問い合わせも多くいただいています.
このネタサイトは実は.こちらです.

ううむ,長崎海洋気象台,ナイスなサービスですね.

あ,何より大事なのは天気ですね.
お天気はこのサイトと,お天気web九州をどうぞ.

おっと,今年のンが先海洋気象台は,副振動(あびき)など,「安全に潮干狩りを楽しむために」として注意を呼びかけてくれています.

このあたりも,ナイスな気配りですね.

福岡市大濠公園のさくら

福岡市大濠公園のさくら
ども、携帯から(た)です。

通勤途中、美しいコントラストについ一枚。

気象台の標本木と同じく、満開です。

2009年3月22日 (日)

鹿児島に竜巻注意情報と土砂災害警戒情報

ども,本日なぜか職場にいる(た)です.
連休の最初は穏やかだったのですが,22日は雨,しかも鹿児島方面は大荒れです.

Radar_anime01 ←22日朝の雨雲













Radar_anime11 ←鹿児島方面拡大
  かなり発達した雨雲
  特にこの下で竜巻や土砂災害の恐れ











先日の雨といい,今回といい,大雨や強い風のことが多くなりました.
季節の移ろいを教えてくれるのは桜だけではないようです.

大雨のシーズンです.

2009年3月21日 (土)

春うらら,土曜日にメルマガ

ども,年度末業務に忙殺されている(た)です.
と,めるまがアップの遅れを言い訳しております(笑)

忙しい時期ですが,桜の話題,あびきの話題などなど,盛りだくさんの(ま)の
メルマガをどうぞ.


====================================================================
        お天気Magazine九州               2009.3.19号
====================================================================
◆続々と桜の便り

 今週は、九州・山口の各地で最高気温が20度を超えるたいへん暖かい日が
多かったため、各地から続々と桜の便りが届きました。
 先週13日(金)に全国のトップをきって開花した福岡市をはじめ、各地で平
年より大幅に早く、記録的な早さのところが多くなっています。

九州・山口で開花した地点は以下の通りです(かっこ内は平年比、および観
測史上での早い方からの順位)。
         
 3月13日(金) 福岡市(13日早い,1位)
   16日(月) 熊本市(8日早い,2位)
        宮崎市(9日早い,1位)
   17日(火) 大分市(10日早い,2位)
   18日(水) 下関市(11日早い,1位)
        長崎県対馬市(10日早い,2位)
   19日(木) 佐賀市(7日早い,5位)
        鹿児島市(7日早い,2位)

 九州・山口の観測地点でまだ開花が観測されていないのは、長崎市と長崎
県五島市のみとなっています。これらの地点も、まもなく開花するものと見
られます。

今年の全国の桜開花状況
http://www.data.jma.go.jp/sakura/data/sakura2009_kaika.html
日本気象協会の桜の開花予想(第4回)
http://tenki.jp/sakura/expectation
気象庁の桜の開花予想(第3回)
http://www.jma.go.jp/jma/press/0903/18a/sakura2009_3.pdf

--------------------------------------------------------------------
◆副振動の調査報告公表

 今週18日(水)に気象台から、2月下旬に発生した副振動に関する災害調査
報告が公表されました。

 この副振動は2月24日から28日にかけて、九州西岸の長崎県、熊本県、鹿
児島県を中心に発生したもので、道路や家屋の浸水、漁船の転覆などの被害
が発生しました。
 現地調査をまとめた今回の報告書によると、鹿児島県の上甑島小島漁港で
は副振動による海面昇降の高低差が 2.9mにも達したとのことです。

 報告書の中には、多数の目撃証言や写真が掲載されています。特に上甑島
小島漁港の写真を見ると、道路や車が浸水している様子、2分後に激しく水
が引いていっている様子、さらに5分後に海面が岸壁よりはるかに低くなっ
た様子がよく分かり、今回の副振動の規模の大きさに驚かされます。
 
災害調査報告「2月24日から28日にかけて九州西岸を中心に発生した潮位の
副振動に関する現地調査」
http://www.nagasaki-jma.go.jp/gyomu/hodo/2009/saigai_chosahoukoku20090318.pdf

------------------------[お天気の豆知識]----------------------------
【桜の開花】

 この時期、毎日のようにニュースなどで、全国各地の桜の開花の話題が取
り上げられます。
 この桜の開花、気象庁では1953年から統計をとっています。ですから、今
年の開花が観測史上もっとも早かった福岡市や宮崎市、下関市は、半世紀以
上もの長い期間の中で、今年の開花が一番早かったということになります。

 開花の観測の基準となる木は「標本木(ひょうほんぼく)」と呼ばれ、多く
の場合、気象台や測候所の構内にある桜の木が用いられますが、その地域を
代表する桜の名所などの木が標本木として用いられることもあります。
 九州の場合、宮崎は気象台の移転があったため、現在は宮崎市の文化公園
の桜が標本木となっています。

 また、開花とする基準は、1本の木に「5,6輪」の花が咲いた時とされ
ています。以前は「数輪」と定義されていたのですが、気象台によって微妙
に解釈が異なっていたことが分かり、2003年に全国どの気象台でも「5,6
輪」に統一されました。

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------

 今週は、桜の便りが西日本の各地から続々と届いた1週間でした。
 そんな中、今週の毎日新聞に「桜開花:21世紀末最大24日早く 九大
教授分析」というちょっと驚く記事が掲載されていました。

 これは、九州大学の伊藤久徳教授が、気象庁の温暖化予測を基に、今世紀
末の日本各地のソメイヨシノの開花日を計算したものです。それによると、
今世紀末には、東北地方では 100年間に最大24日も開花が早まるという結果
になったとのこと。新聞に掲載されていた図から見ると、九州北部の広いエ
リアでは4~16日ぐらい早まり、九州南部ではあまり変わらずといったとこ
ろ。

 ただし、もっとも衝撃的なのは掲載されている図で、鹿児島県付近にいく
つも青い星印がついていること。この青い星は、ソメイヨシノが咲かなくな
ると予想される地点を示しています。
 ソメイヨシノは、冬の寒さを経験することで眠りから目覚め、春の暖かさ
で開花に至ります。ところが、冬の気温が高くなることで、眠りから目覚め
ることができなくなり、開花することもできなくなってしまうというわけで
す。

 測候所が廃止されたためソメイヨシノの開花も終わってしまいましたが、
近年、種子島ではやはり冬の寒さ不足で開花が異常に遅い年が多くなってい
ました。その開花の難しいラインが、種子島付近から九州本土へと温暖化に
伴ってだんだんと北上してくるということを今回の予測は示しています。
 気温に敏感なソメイヨシノが、温暖化の進行を私たちに示してくれている
といえます。
         
毎日新聞「桜開花:21世紀末最大24日早く 九大教授分析」
http://mainichi.jp/photo/archive/news/2009/03/15/20090315k0000m040095000c.html

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 週末までは暖かいですが、来週は花冷えにご注意を。
 20日(春分の日)は、朝まで雲が多いところもありますが、日中は晴れ。21
日(土)もだいたい晴れですが、22日(日)は各地で雨に。
 気温は週末まで高い状態が続きますが、来週は気温が下がり、少し寒くな
ってきそうです。

 なお、花粉の飛散は、スギが終息で向かっていますが、ヒノキ科の花粉が
今週、急激に増えているところが多くなっています。花粉症の方は引き続き
ご注意を。
                                (ま)
====================================================================
  (財)日本気象協会九州 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
   配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================


2009年3月18日 (水)

福岡管区気象台のさくら

福岡管区気象台のさくら
ども、携帯から(た)です。
二分咲き、ってとこですね

2009年3月13日 (金)

【速報】福岡で桜開花です!

ども,(た)です.

福岡管区気象台は,本日13日,さくら(ソメイヨシノ)の開花を発表しました.

平年(3/26)より13日早く,昨年(3/24)より11日早い開花です.

また,1990年の3/14日を抜いて,観測いらい最もはやい開花です.

お花見は来週末か??