« 月曜日にメルマガ,スミマセン! | メイン | 龍門ダム »

2009年1月 9日 (金)

今年も金曜日はメルマガ,寒さと雪に注意!

ども,年末年始は田舎で酒と本と風呂の日々だった(た)です.ちょっとメタボがきにかかる...

さて,九州北部は年末年始に続いて寒気が流れてきます.
三連休ですが,雪の可能性がありますから,外出される方,成人式の方は,事前の情報にご注意ください.

このあたりの情報も含め,今年も(ま)のメルマガをどうぞ.

====================================================================
   お天気Magazine九州 2009.1.8号
====================================================================

      ◆◇◆あけましておめでとうございます◆◇◆

   今年も「お天気Magazine九州」をよろしくお願いいたします。

--------------------------------------------------------------------
◆寒波がやってきます
 この週末から来週にかけて、日本付近は強い冬型の気圧配置となり、たい
へん強い寒気が南下してきます。九州では山沿いを中心に雪が降りやすくな
り、対馬海峡や東シナ海に面した地域を中心に平野部でも雪が積もるおそれ
があります。

 九州では、9日(金)夜から強い寒気の流れ込みが始まり、山沿いなど雪が
降り始めるところがある見込みです。10日(土)にはこの冬一番の非常に強い
寒気が流れ込んでくるため、宮崎県など太平洋側の平野部を除く広い範囲で
雪が降るようになりそうです。そして、その後、来週13日(火)ごろにかけて
強弱を繰り返しながら、寒気の流れ込みが続く見込みです。

 積雪による道路や交通機関への影響が心配されるほか、たいへん寒い日が
続くため風邪やインフルエンザなどにも注意が必要です。

最新の気象情報は、「お天気Web九州」
http://www.jwaq.gr.jp/
をご覧ください。

--------------------------------------------------------------------
◆寒かったお正月
 年末年始は、元日を中心に強い寒気が流れ込み、寒くなりました。元日は
九州北部を中心に平野部でも雪が降り、山口市では1センチの積雪も観測さ
れました。また、一部の高速道路が一時通行止めになるなどの影響も出まし
た。

 また、熊本市では元日の朝に初雪が観測されました。平年に比べて10日遅
く、昨年の冬に比べ1日遅い初雪となりました。

 初日の出は、宮崎県の平野部など九州の太平洋側では見られましたが、そ
のほかの各地は寒気に伴う雲に広く覆われ、見られなかったところが多かっ
たようです。

西日本新聞「寒さに負けず各地に人出 銀世界を空中散歩 九重夢大吊橋」
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/68823

------------------------[お天気の豆知識]----------------------------
【寒気の蓄積期と放出期】
 冬は、北極付近にたまった寒気が南に吹き出すことで、日本など中緯度の
地域が寒くなります。

 北極付近では寒気がたまる「蓄積期」と、たまった寒気を南に向かって放
出する「放出期」を繰り返すことが知られています。冷蔵庫に例えるなら、
扉を閉じて中を冷やしている時が「蓄積期」、そして扉を開けて冷蔵庫の中
の冷たい空気が外に出てくる時が「放出期」ということになります。

 また、寒気が放出する時には、ある程度きまったパターンがあり、日本を
含む東アジア、アメリカ東部、ヨーロッパ付近に向かって同時に寒気が流れ
込むことがよくあります。つまり、世界の遠く離れた地域の寒波が、実は日
本の寒さとも連動しているということになります。

 8日(木)には「欧州各地で氷点下20度を記録、8人が凍死」というニュー
スがありました。
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/disaster/2555596/3660782
これも、これから日本にやってくる寒波とある程度、関係があるということ
が考えられます。

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------
 あけましておめでとうございます。今年は元日の雪で一年が始まりました。
雪の元日は昨年に続いて2年連続のことです。

 冬場、雪が予想される時には、行事などとの関係も気にしながら天気予報
をすることになります。たとえば、年末年始はたくさんの人が帰省などで移
動するため、大雪でも降れば大混乱になることがあります。今年のお正月は
雪が降ったのが、移動の少ない元日中心であったため、そのようなことにな
らずにすみました。

 今後は、入試も多くなるため、入試の日程をチェックすることもあります。
入試の中でももっとも規模が大きいセンター試験は今月17日(土)と18(日)。
今週末の寒波がもしあと1週間遅ければ、試験への影響も心配しなければい
けなくなるところでした。

 それから、意外と影響が大きいのが東京の雪。飛行機でも新幹線でも東京
が中心なので、東京で雪が積もると九州でも交通機関などに大きな影響が出
てしまうことがあります。しかも、東京で雪が積もるかどうかという予報が
たいへん難しいことが多く、悩まさせることがよくあります。

 これから、9日(金)には東京など関東地方で積雪のおそれがあるほか、週
末からは九州・山口で平野部でも積雪するおそれが出てきます。連休である
上に成人の日もあるため、やはり影響が心配されます。週末から来週中ごろ
にかけて、遠出の予定などある方は雪に十分お気をつけください。

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 10日(土)から13日(火)ごろにかけて、雪や寒さに注意が必要です。
 9日(金)は、次第に冬型の気圧配置が強まり、夜には対馬海峡や東シナ海
側を中心に雨、そして山から次第に雪に。10日(土)から13日(火)にかけては、
宮崎県など太平洋側で晴れるほかは、広い範囲で雪や雨。特に、標高の高い
ところでは雪が降りやすい状態が長く続くため、積雪も多くなることが予想
されます。また、平野部でも雪が積もるところがある見込みです。
                                (ま)
====================================================================
(財)日本気象協会九州 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/393724/18043668

今年も金曜日はメルマガ,寒さと雪に注意!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿