« 2008年12月 | メイン | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月30日 (金)

今度は暴風!九州北部は警戒です!

ども,本日鹿児島出張だった(た)です.
出張の途中でも,事務所と連絡を取るのですが,(ま)から昨日の雨の記録を聞いてびっくり!
1月29日,
屋久島では22時から23時の一時間に73mmの激しい雨が降りました.
これは,屋久島の
1月の一時間雨量の記録更新だったのです.
このほか,
種子島や名瀬でも一月の1時間雨量を更新しています.

と,雨の方に気が行ってたら,今度は暴風です.
九州北部では今夜30日の夜からあす31日にかけて,海上で20mを超える激しい北東風が
吹く恐れがあります.

寒波,好天,大雨,暴風....一月にでそろってしまうなぁ....

とにかく,気象情報にはご注意です!

暴風と高波に関する九州北部地方(山口県を含む)気象情報  

 

2009年1月29日 (木)

種子島屋久島,奄美は大雨警戒!

ども,風呂上がり焼酎タイムの(た)です.
が,のんびりモードではないです.
厳しい寒波の後,青空が広がったと思ったら雨,この雨も九州南部方面で激しく降っています.

種子島屋久島,そして奄美方面は,30日朝にかけて,短時間の強い雨に警戒です!


Radar_anime11

木曜日だけどメルマガ,インフルエンザ注意!

ども,通勤・出張にマスク常備の(た)です.

寒さは和らいだのですが,インフルエンザ,凄いですね.
私の部署でも,家族がインフルエンザ,という声がきかれています.
出張の多い部署ですから,外から持ち込まないかが,心配です.
ともあれ,みなさん,ご注意!です.

====================================================================
        お天気Magazine九州               2009.1.29号
====================================================================
◆九州北部を中心に大雪
 先週末は厳しい寒さに見舞われ、特に24日(土)から25日(日)にかけて、九
州北部は平野部を含む広い範囲で雪が積もりました。九州北部で観測された
積雪の最大値は以下の通りです。

 山口県 山口市15cm、下関市8cm
 福岡県 福岡市6cm、北九州市八幡西区4cm、飯塚市10cm
 佐賀県 佐賀市2cm、伊万里市10cm
 長崎県 佐世保市7cm

 今回は、九州北部の上空1500メートル付近で -12度以下という非常に強い
寒気が南下してきたことに加え、西寄りの風が吹き続け、東シナ海から九州
北部へと雪雲が次々と流れ込んできたため、積雪が多くなりました。

 この雪の影響で、高速道路の通行止めや新幹線が徐行し遅れが出るなどの
影響が出ました。

西日本新聞「飯塚市など積雪 一番の冷え込み」
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/73100
佐賀新聞「上空にこの冬一番の寒気」
http://www.saga-s.co.jp/view.php?pageId=1036&mode=0&classId=&blockId=1162296&newsMode=article
長崎新聞「県内、今冬一番の冷え込み 佐世保など積雪、交通機関に乱れ」
http://www.nagasaki-np.co.jp/kiji/20090125/02.shtml

--------------------------------------------------------------------
◆インフルエンザに警戒を
 インフルエンザが猛威をふるっています。
 国立感染症研究所感染症情報センターでは、インフルエンザの患者数をも
とに、インフルエンザ警報・注意報を発表していますが、今月21日の段階で
熊本県にインフルエンザ注意報、熊本県以外の九州・山口の全県にインフル
エンザ警報が発表されています。

 インフルエンザは、空気が乾燥していると感染しやすくなります。この時
期、晴れた日には空気が乾きやすく、さらに暖房した室内などは極端に湿度
が低くなることがありますので、加湿器の利用などがおすすめです。

 多くの年はインフルエンザ流行のピークは1月後半から2月前半となって
います。しばらくはインフルエンザに十分お気をつけください。

国立感染症研究所「インフルエンザ流行レベルマップ」
https://hasseidoko.mhlw.go.jp/Hasseidoko/Levelmap/flu/new_jmap.html

------------------------[お天気の豆知識]----------------------------
【節分】
 節分は雑節(ざっせつ)のひとつで今年は2月3日に当たります。

 気象情報の中でもよく出てくる「大雪(たいせつ)」や「大寒(だいかん)」
といった二十四節気は中国から日本に伝わったもの。それに対して、雑節は
二十四節気などを補うようにして設けられた日本独自の暦のことをいいます。

 節分は必ず二十四節気の「立春」の前日です。立春は、暦の上で新しい春
を迎える日で、昔はお正月のような意味がありました。そして、その前日で
ある節分は大晦日のような意味がありました。ですから、節分には豆まきを
して鬼を追い払い、新しい春を迎えようとするわけです。

 二十四節気の「小寒(しょうかん)」から始まった寒の内も、この節分でお
しまい。立春を迎えるころから、気温の平年値も上昇へ転じ、少しずつ春の
気配が感じられるようになっていきます。 

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------
 最近、私たちの職場で2人のインフルエンザ患者が相次いででました。
 天気予報の仕事は24時間 365日休みがありませんので、暖房が稼動する時
間が長くなり、職場の空気がカラカラになりやすく、どうしてもインフルエ
ンザが流行りやすい条件になります。そして、24時間、交替で仕事をしてい
ますから、仕事と一緒にウィルスもバトンタッチしてインフルエンザが大流
行ということになりかねません。

 というわけで、私たちの職場では現在、全員がマスクをするという厳戒態
勢。ぱっと見ると、ここは何かの研究所か?あるいは薬局か?という雰囲気
の場所で仕事をしています。

 しかし、マスクをしてみると、自分の息でのどの乾燥を防ぐことができま
すので、その意味でもインフルエンザ予防には大いに効果がありそう。外を
歩く時にも顔が寒くないというちょっとうれしい面があります。

 私は花粉症ですので、インフルエンザシーズンが終わると、次は花粉対策
でマスクの出番。今年は花粉の飛散も多くなりそうですし、マスク生活はま
だまだ長くなりそうです。

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 週末は少し北風が冷たく感じられますが、厳しい寒さはしばらくなさそう
です。
 30日(金)は各地とも雨で、九州南部では一時激しく降るところも。この時
期としてはかなり雨量が多くなりそうです。31日(土)は九州北部で午前中、
雨が残るところがありますが、天気は回復へ。2月1日(日)は晴れるところ
が多くなりそうです。
 30日(金)は3月並みの暖かさですが、31日(土)から2月1日(日)は、平年
に近い気温に下がりそうです。
                                (ま)
====================================================================
  (財)日本気象協会九州 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
   配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================

2009年1月28日 (水)

長崎駅で合格祈願セット

ども、携帯から(た)です。
長崎JRでゲットです(^^;)

2009年1月26日 (月)

龍門ダム

ども、携帯から(た)です。
雪は溶けてますが、さぶい!

2009年1月 9日 (金)

今年も金曜日はメルマガ,寒さと雪に注意!

ども,年末年始は田舎で酒と本と風呂の日々だった(た)です.ちょっとメタボがきにかかる...

さて,九州北部は年末年始に続いて寒気が流れてきます.
三連休ですが,雪の可能性がありますから,外出される方,成人式の方は,事前の情報にご注意ください.

このあたりの情報も含め,今年も(ま)のメルマガをどうぞ.

====================================================================
   お天気Magazine九州 2009.1.8号
====================================================================

      ◆◇◆あけましておめでとうございます◆◇◆

   今年も「お天気Magazine九州」をよろしくお願いいたします。

--------------------------------------------------------------------
◆寒波がやってきます
 この週末から来週にかけて、日本付近は強い冬型の気圧配置となり、たい
へん強い寒気が南下してきます。九州では山沿いを中心に雪が降りやすくな
り、対馬海峡や東シナ海に面した地域を中心に平野部でも雪が積もるおそれ
があります。

 九州では、9日(金)夜から強い寒気の流れ込みが始まり、山沿いなど雪が
降り始めるところがある見込みです。10日(土)にはこの冬一番の非常に強い
寒気が流れ込んでくるため、宮崎県など太平洋側の平野部を除く広い範囲で
雪が降るようになりそうです。そして、その後、来週13日(火)ごろにかけて
強弱を繰り返しながら、寒気の流れ込みが続く見込みです。

 積雪による道路や交通機関への影響が心配されるほか、たいへん寒い日が
続くため風邪やインフルエンザなどにも注意が必要です。

最新の気象情報は、「お天気Web九州」
http://www.jwaq.gr.jp/
をご覧ください。

--------------------------------------------------------------------
◆寒かったお正月
 年末年始は、元日を中心に強い寒気が流れ込み、寒くなりました。元日は
九州北部を中心に平野部でも雪が降り、山口市では1センチの積雪も観測さ
れました。また、一部の高速道路が一時通行止めになるなどの影響も出まし
た。

 また、熊本市では元日の朝に初雪が観測されました。平年に比べて10日遅
く、昨年の冬に比べ1日遅い初雪となりました。

 初日の出は、宮崎県の平野部など九州の太平洋側では見られましたが、そ
のほかの各地は寒気に伴う雲に広く覆われ、見られなかったところが多かっ
たようです。

西日本新聞「寒さに負けず各地に人出 銀世界を空中散歩 九重夢大吊橋」
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/68823

------------------------[お天気の豆知識]----------------------------
【寒気の蓄積期と放出期】
 冬は、北極付近にたまった寒気が南に吹き出すことで、日本など中緯度の
地域が寒くなります。

 北極付近では寒気がたまる「蓄積期」と、たまった寒気を南に向かって放
出する「放出期」を繰り返すことが知られています。冷蔵庫に例えるなら、
扉を閉じて中を冷やしている時が「蓄積期」、そして扉を開けて冷蔵庫の中
の冷たい空気が外に出てくる時が「放出期」ということになります。

 また、寒気が放出する時には、ある程度きまったパターンがあり、日本を
含む東アジア、アメリカ東部、ヨーロッパ付近に向かって同時に寒気が流れ
込むことがよくあります。つまり、世界の遠く離れた地域の寒波が、実は日
本の寒さとも連動しているということになります。

 8日(木)には「欧州各地で氷点下20度を記録、8人が凍死」というニュー
スがありました。
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/disaster/2555596/3660782
これも、これから日本にやってくる寒波とある程度、関係があるということ
が考えられます。

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------
 あけましておめでとうございます。今年は元日の雪で一年が始まりました。
雪の元日は昨年に続いて2年連続のことです。

 冬場、雪が予想される時には、行事などとの関係も気にしながら天気予報
をすることになります。たとえば、年末年始はたくさんの人が帰省などで移
動するため、大雪でも降れば大混乱になることがあります。今年のお正月は
雪が降ったのが、移動の少ない元日中心であったため、そのようなことにな
らずにすみました。

 今後は、入試も多くなるため、入試の日程をチェックすることもあります。
入試の中でももっとも規模が大きいセンター試験は今月17日(土)と18(日)。
今週末の寒波がもしあと1週間遅ければ、試験への影響も心配しなければい
けなくなるところでした。

 それから、意外と影響が大きいのが東京の雪。飛行機でも新幹線でも東京
が中心なので、東京で雪が積もると九州でも交通機関などに大きな影響が出
てしまうことがあります。しかも、東京で雪が積もるかどうかという予報が
たいへん難しいことが多く、悩まさせることがよくあります。

 これから、9日(金)には東京など関東地方で積雪のおそれがあるほか、週
末からは九州・山口で平野部でも積雪するおそれが出てきます。連休である
上に成人の日もあるため、やはり影響が心配されます。週末から来週中ごろ
にかけて、遠出の予定などある方は雪に十分お気をつけください。

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 10日(土)から13日(火)ごろにかけて、雪や寒さに注意が必要です。
 9日(金)は、次第に冬型の気圧配置が強まり、夜には対馬海峡や東シナ海
側を中心に雨、そして山から次第に雪に。10日(土)から13日(火)にかけては、
宮崎県など太平洋側で晴れるほかは、広い範囲で雪や雨。特に、標高の高い
ところでは雪が降りやすい状態が長く続くため、積雪も多くなることが予想
されます。また、平野部でも雪が積もるところがある見込みです。
                                (ま)
====================================================================
(財)日本気象協会九州 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================