« 福岡初雪! | メイン | 秋晴れ。 »

2008年11月21日 (金)

金曜日はメルマガ,寒さを和らげる雨.

ども,またもや通勤で雨に遭った(た)です.

レーダを見てたのですが,見通し甘く,傘を持たずに出勤....

ともあれ,この雨のあとは,ちょっと落ち着けそうな気配ですね.

三連休の方,天気チェックどうぞ.



では,(ま)のメルマガです.


====================================================================
   お天気Magazine九州 2008.11.20号
====================================================================
◆真冬の寒さ
 今週の九州は、19日(水)を中心に真冬並みのこの時期としては非常に強い
寒気が流れ込み、たいへん厳しい寒さとなりました。山沿いを中心に雪が降
り、19日には、山口市や下関市、福岡市で初雪が観測されました。また、九
州北部・山口の山からは初冠雪の便りも次々と届きました。
 初雪および初冠雪の、平年比や昨年比は以下の通りです。

[初雪]       平年比  昨年比
 19日(水) 山口 21日早い 41日早い
      下関 22日早い 41日早い
      福岡 24日早い 41日早い

[初冠雪]
 18日(火) 阿蘇山(熊本)  1日遅い 16日早い
 19日(水) 西鳳翩山*(山口) 21日早い 41日早い *にしほうべんさん
      脊振山(福岡)  15日早い 41日早い
      天山(佐賀)   15日早い 41日早い
      由布岳(大分)  8日早い 16日早い

 初雪、初冠雪ともに平年より大幅に早いところが多く、特に福岡市で11月
に初雪が降ったのは20年ぶり、山口市や下関市で11月に初雪が降ったのも15
年ぶりのことです。

 今回の強い寒気は、20日(木)朝までがピークで、今後、次第に寒気は弱ま
っていきます。週末はほぼ平年並みの気温に戻り、日中は過ごしやすい陽気
となりそうです。

佐賀新聞
「天山で初冠雪 平年より15日早く」(脊振などの雪の様子の動画)
http://www.saga-s.co.jp/view.php?pageId=1036&mode=0&classId=0&blockId=1106599&newsMode=article
長崎新聞
「銀世界と紅葉を同時に満喫 雲仙で初霧氷と積雪」(雲仙の霧氷の写真)
http://www.nagasaki-np.co.jp/kiji/20081120/07.shtml
大分合同新聞
「寒気急襲 うっすら雪化粧も」(雪化粧した九重“夢”大吊橋の写真)
http://www.oita-press.co.jp/localNews/2008_12270686505.html
熊本日日新聞
「県内各地で今季最低気温 阿蘇山上では初積雪」(阿蘇山上の積雪の写真)
http://kumanichi.com/news/local/main/20081119005.shtml
宮崎日日新聞
「霧氷、初雪、冬化粧 県内冷え込む」(五ヶ瀬町の霧氷の写真)
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/index.php?itemid=12731&catid=74
南日本新聞
「桜島初冠雪?頂上うっすら/気象台「確認できず」」
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=13814
※南日本新聞にはたしかに桜島がうっすら雪化粧した写真が掲載されている
 のですが、鹿児島地方気象台からは確認できなかったということで、初冠
 雪は観測されていません。

--------------------------------------------------------------------
◆長崎で地球温暖化に関する講演開催
 長崎海洋気象台の創立 130周年を記念した講演会が、長崎市で開催されま
す。
タイトルは「考えよう地球温暖化in長崎」。気象庁の方や長崎大学の先生
が、地球温暖化の現状や予測、そしてその長崎への影響や、長崎での地球温
暖化防止への取り組みについて、講演してくださいます。

 日時は11月29日(土)午後2時〜5時、会場は長崎市立図書館の多目的ホー
ルです。入場は無料ですが、予約が必要です。予約は、メールかファクス、
または往復はがきとなっております。
 予約方法や講演の内容など詳しくは、長崎海洋気象台。
http://www.nagasaki-jma.go.jp/gyomu/130kouen/kouenindex.htm
をご覧ください。

------------------------[お天気の豆知識]----------------------------
【寒気の強さ】
 寒さが厳しくなり、天気予報で上空の寒気の強さが紹介されることが多く
なってきました。天気予報では、上空1500メートル付近や上空5400メートル
付近の気温がよく紹介されますが、これらの寒気は雪や寒さの予報をする上
での目安として用いられています。

 しかし、上空の気温を知るのはそんなに簡単なことではありません。各地
の気象台では、1日に2回、大きな風船に観測器をつけて大空に飛ばし、電
波で上空の気温などのデータを回収することで、毎日の天気予報に役立てて
います。これを高層気象観測といいます。

 また、日本にやってくる寒気は中国やシベリアやってきますから、日本
だけの観測では、天気予報はできません。ですから取り決めで、世界中の観
測点で同時に高層気象観測を行い、それを互いに交換し合うことで、毎日の
天気予報は発表されています。

鹿児島地方気象台「高層気象観測」
http://www.fukuoka-jma.go.jp/kagoshima/kousou/gyoumukousou.htm

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------
 今週、産経新聞の記事で、りんごの産地、青森県に関する記事を見かけま
した。そろそろりんごシーズンですが、青森県では今年4〜5月に霜、5〜
6月にひょうの被害を受け、表面に傷のついたりんごが多いというのです。

 そこで立ち上がった青森県。傷はあってもおいしいということをPRする
ために「ひょう太君」というイメージキャラクターを作成。ひょうが当たっ
て頭にけがをしても元気にはねるりんごの「ひょう太君」や、さらにキティ
ちゃんまで登場して、青森県のりんごのPRを行っているそうです。

 青森県のりんごといえば、以前、大型台風が青森県に接近し、たくさんの
りんごが強風で落ちてしまったときに、それでも落ちなかったりんごを「落
ちないりんご」として受験生向けに売り出し、ヒットしたのを思い出します。

 今年は、傷はありますがおいしいりんごを安く食べるチャンスとのこと。
傷のついたりんごは、ネットショップで現在、予約を受け付けており、12月
中旬頃に発送されるそうです。

産経新聞「キズがあっても…ひょう害りんご消費拡大へあの手この手」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081116-00000509-san-soci
楽天市場「青森県生産者応援りんご」
http://www.rakuten.co.jp/hirokashijo/1864871/

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 厳しい寒さは一段落。今週末には平年並みの陽気に戻ります。
 21日(金)は、晴れ間が出るところが多いものの、北部沿岸部では時々弱い
雨。22日(土)は晴れて小春日和。23日(日)は次第に雲が広がり、24日(休)は
雨。雨量がやや多くなる可能性があります。
 このところの寒さもあり、平野部でも紅葉が進んできました。週末は紅葉
狩りもよさそうです。
  (ま)
====================================================================
(財)日本気象協会九州 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/393724/18043548

金曜日はメルマガ,寒さを和らげる雨.を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿