« 菊の季節の大分国体 | メイン | 福岡市大濠公園スズメバチ注意 »

2008年10月 6日 (月)

月曜日にメルマガ,スミマセン!

ども,先週末から,ばたばたの(た)です.
遅ればせながら(ま)のめるまがです.

====================================================================
   お天気Magazine九州 2008.10.3号
====================================================================
◆9月は九州南部で多雨
 気象庁から9月の天候のまとめが発表されました。9月の天候で特徴的だ
ったのは、記録的な暑さだった昨年ほどではないものの高温傾向が続いたこ
とと、九州南部を中心に降水量がたいへん多かったことです。

 月降水量は、熊本県人吉市で471.5ミリ(平年比2.2倍)、鹿児島県枕崎市で
667.5ミリ(平年比2.6倍)に達し、それぞれ観測史上2番目の記録となったの
をはじめ、熊本県天草市牛深、宮崎県日南市油津、鹿児島県阿久根市でも平
年の2倍を超える雨が降り、それぞれ観測史上3番目の記録となりました。
 9月は、暴風の影響は比較的小さかったものの、18日ごろに台風13号が、
月末には台風15号が、九州南部に接近したため、九州南部では非常に雨量が
多くなりました。

気象庁 9月の天候
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/stat/tenko0809.pdf

--------------------------------------------------------------------
◆「異常気象リスクマップ」が公開されました
 先週26日(金)に、気象庁ホームページで「異常気象リスクマップ」が公開
されました。
 「異常気象リスクマップ」は、全国各地の気象観測データを統計的に処理
することで、「30年に1回の大雨がどれくらいか」、さらに「 100年に1回
の大雨がどれくらいか」といったことを推定し、地図上に示したものです。

 たとえば、「30年に1回の大雨」について見てみると、山口県や福岡県、
大分県の北部は、24時間降水量が200〜300ミリ程度。九州のその他の各地は
300ミリを超え、九州の太平洋側や九州山地周辺では400ミリ以上に、特に宮
崎県の山沿いでは700ミリ以上にも達する地点があり、全国でもトップクラ
スの値になっています。

 このようなデータは防災計画を立てる上で基本的なものとなるものです。
今回のリスクマップは過去のデータから統計的に求められたものですが、地
球温暖化によってさらに大雨が多くなる可能性も指摘されており、気象庁で
は今後、地球温暖化の影響も反映したリスクマップの作成も検討していくと
のことです。

気象庁「異常気象リスクマップ」ホームページ
http://www.data.kishou.go.jp/climate/riskmap/index.html

------------------------[お天気の豆知識]----------------------------
【台風の上陸0】
 今年は、台風13号と15号が九州のすぐ南にやってきましたが、今のところ
今年、日本への台風上陸は0となっています。9月までは台風の上陸は多い
のですが、10月になると台風の上陸は少なくなるため、今年の上陸数は0で
終わる可能性が出てきました。
 日本への台風上陸が0という年は比較的少ないですが、まったくないわけ
ではありません。台風の統計がまとめられている1951年以降では、1984年、
86年、2000年の3回、日本への台風上陸0だった年があります。ですから、
もし今年このまま上陸がなければ、2000年以来、8年ぶりということになり
ます。
 ちなみに、九州への台風上陸のもっとも遅かった記録は1998年10月17日に
鹿児島県枕崎市付近に上陸した台風10号。日本への上陸のもっとも遅かった
記録となると1990年11月30日に和歌山県白浜付近に上陸した台風28号があり
ます。ですから、まだまだ上陸の可能性はあるにはあります。 

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------
 今週2日に、東京から福岡に向かう飛行機に乗りました。窓側の席に座っ
ていたら、羽田を飛び立ってしばらくして下のほうに富士山が見えてきたの
ですが、なんと山頂付近が雪をかぶって少しだけ白くなっていたのです。
 8月28日の「お天気屋のつぶやき」でご紹介したように、今年は8月9日
に富士山にひょうが積もり、それを甲府地方気象台は観測史上もっとも早い
初冠雪として観測しました。しかし、富士山のふもとの富士吉田市は独自に
「初雪化粧」を発表しており、「ひょうなのにおかしい」ということで初雪
化粧の発表はしておりませんでした。
 そこで、富士吉田市のホームページを見てみると…
http://www.city.fujiyoshida.yamanashi.jp/forms/info/info.aspx?info_id=1573
ありました、ありました、富士吉田市長が「富士山初雪化粧宣言」を10月1
日午前9時に発表していました。その写真もたくさん載っていますが、しっ
かりと雪化粧をしており、また写真からも街の向こうに高くそびえる富士山
の大きさが伝わってきます。
 ホームページによると、富士吉田市は「富士山を通じて『記録ではなく記
憶に残る』季節を皆様に提供していきます」とのこと。富士山の麓に暮らす
皆さんの富士山を愛する気持ちが伝わってきました。

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 せっかくの気持ちのよい季節なのですが、この週末は天気がよくありませ
ん。
 4日(土)は、九州の南西海上の低気圧の影響で、九州南部は雨。九州北部
も下り坂に向かい、夜にかけてだんだんと雨に。5日(日)は、低気圧がさら
に九州南部に近づくため、九州の全域で雨が降り、南部を中心に激しく降る
ところもありそうです。

《お知らせ》
 「お天気Magazine九州」は原則として毎週木曜にお送りしておりますが、
今週は都合により、金曜日にお送りいたしました。来週以降は、通常通り木
曜日にお送りいたします。
  (ま)
====================================================================
(財)日本気象協会九州 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/393724/18043500

月曜日にメルマガ,スミマセン!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿