« 2008年7月 | メイン | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月30日 (土)

土曜日にメルマガ,境地的な強雨注意!

ども,(た)です.
週末は,野球にソフトなのですが,天気が心配.

←九州北部はまだしも,南部中心に激しい降りのところもありますから,ちょっと注意が必要です.


ともあれ,(ま)のメルマガです.

====================================================================
   お天気Magazine九州 2008.8.28号
====================================================================
◆霧島・新燃岳噴火
 宮崎県と鹿児島県の県境に位置する霧島山の新燃岳(しんもえだけ)が、22
日(金)午後4時34分ごろに噴火しました。新燃岳が噴火したのは、1991年以
来のことです。この噴火に伴い、新燃岳北東側の宮崎県都城市や高原町など
で、火山灰が混じった雨が降りました。
 その後、行われた上空からの観測では、新燃岳火口の中と、外側の斜面に
新たにできた割れ目から噴煙が上がっているのが確認されました。

 22日の噴火の後は、噴火は発生していません。また火山性地震は噴火翌日
の23日から次第に減少していますが、まだやや多い状態が続いています。
 新燃岳については、火口から1km程度の範囲に影響を及ぼす噴火が発生す
る可能性があるとして、噴火警戒レベル2(火口周辺規制)が継続しています。

気象庁 霧島山(新燃岳)の噴火予報・警報一覧
http://www.jma.go.jp/jp/volcano/551.html
福岡管区気象台から発表された霧島山に関する火山活動解説資料
http://www.fukuoka-jma.go.jp/cgi-bin/fukuoka/jikazan/emr2/V20080822000150503000000808222310.pdf
http://www.fukuoka-jma.go.jp/cgi-bin/fukuoka/jikazan/emr2/V20080824000150503000000808242239.pdf
http://www.fukuoka-jma.go.jp/cgi-bin/fukuoka/jikazan/emr2/V20080825000150503000000808252200.pdf
宮崎日日新聞「霧島山が小規模噴火 小林で火山灰混じりの雨」
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/index.php?itemid=10420&catid=74

--------------------------------------------------------------------
◆桜島の噴火警戒レベルは2にダウン
 28日(木)に桜島に関する噴火警報が発表され、桜島の噴火警戒レベルが3
(入山規制)から2(火口周辺規制)に引き下げられました。
 桜島の昭和火口では、7月28日に噴煙の高さが3000mを超える噴火が2度
発生し、噴火警戒レベルが3に引き上げられていました。しかし、その後は
噴火や火山性地震、火山性微動は少ない状態が続いているため、今回の引き
下げとなりました。
 しかし、長期的に見ると桜島の火山活動は活発化の傾向を示しており、今
後も桜島の活動には十分に注意をする必要があります。

気象庁 桜島の噴火予報・警報一覧
http://www.jma.go.jp/jp/volcano/506.html

------------------------[お天気の豆知識]----------------------------
【静止地球環境観測衛星】
 今週、気象庁から平成21年度の概算要求の概要が発表されました。その中
に初めて出てきた言葉が「静止地球環境観測衛星」。
 現在、気象観測を行っているひまわり6号と7号は航空管制の機能も持っ
ていることから「運輸多目的衛星」と呼ばれます。これに対し、次の気象衛
星は、雲の観測機能をアップするほかに、火山灰やエーロゾルと呼ばれる大
気中の小さなちり、さらに雪氷の分布など、地球環境に関する観測機能を大
幅に強化。これに伴い衛星の名称も「静止地球環境観測衛星」とすることに
なったものです。(愛称が「ひまわり」になるかどうかは、まだ分かりませ
ん。)
 予算の問題で、後継機を打ち上げることができるのか心配されていた次期
気象衛星の計画がなんとか動き始めたようです。

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------
 今週27日(水)に甲府地方気象台は、今月9日に富士山の初冠雪が観測され、
観測史上もっとも早い記録になったと発表しました。富士山は夏場でも雪が
降ることがあるため、日平均気温がもっとも高かった日を過ぎてから、初め
て山頂付近が白くなった時を初冠雪とするという決まりになっています。で
すから、気象台は9日に冠雪を観測した後、日平均気温が高くならないこと
を見極めた上で、今週の正式な発表となりました。また、この時の冠雪は、
実は雪ではなく、ひょうによるものだったということですが、ひょうによっ
て山頂付近が白くなった場合でも、初冠雪として観測する決まりになってい
るとのことです。
 ところがこの初冠雪の発表に驚いたのが、富士山のふもとの富士吉田市。
富士吉田市では「富士山初雪化粧日クイズ」というのを実施しているのです。
しかし、こちらは富士吉田市富士山課が独自に「初雪化粧」を発表しており、
今回、気象台が発表した初冠雪は「ひょうなのにおかしい!」ということで
関係ナシ。このクイズは続行するとのことです。
 クイズの正解者から抽選で5名には景品があるとのことですが、応募する
には富士吉田市にあるレーダードーム館に行かなければなりません。

甲府地方気象台「初冠雪の記録」
http://www.tokyo-jma.go.jp/home/kofu/menu/siryo_hatsukansetsu.html
毎日新聞「最速冠雪「ひょうなのに」富士吉田市、初雪化粧日クイズ続行」
http://mainichi.jp/area/yamanashi/news/20080828ddlk19040013000c.html
富士吉田市「富士山初雪化粧日クイズ」
http://www.fujiyoshida.net/forms/info/info.aspx?info_id=6842
富士山レーダードーム館
http://www.fujiyoshida.net/forms/menugrouptop/menugrouptop.aspx?menugroup_id=139

※富士山レーダードーム館は、富士山頂にあった富士山レーダーの観測が終
了したため、山頂から富士吉田市内に移り、展示施設としているものです。

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 週末にかけて、また蒸し暑さが戻ってきそうです。
 29日(金)は、晴れ間も出るものの全般には雲が多く、太平洋側や九州北岸
部を中心に一時雨のところもも。30日(土)も九州南部の太平洋側を中心に一
時雨のところがありそう。31日(日)には、九州全般に晴れ間が広がりそうで
す。
  (ま)
====================================================================
(財)日本気象協会九州 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================



2008年8月22日 (金)

金曜日はメルマガ,大雨注意.

ども,今週はまともに対応の(た)です.


(ま)のメルマガです.大雨注意です!




====================================================================
   お天気Magazine九州 2008.8.21号
====================================================================
◆大雨繰り返す
 九州は湿った空気の流れ込みが続いたことに加え、16日(土)から20日(水)
にかけて、九州付近を前線が何度も通過したため、局地的な非常に激しい雨
が繰り返し場所を変えて降りました。
 この中でも特に16日(土)には九州北部を中心に非常に激しい雨が降り、解
析雨量で福岡県や佐賀県で1時間に110ミリから120ミリ以上という猛烈な雨
が観測されたとして記録的短時間大雨情報が発表されました。また、九州北
部に相次いで竜巻注意情報も発表されました。
 また、20日(水)未明には鹿児島県薩摩・大隅地方の南部でやはり1時間に
約 110ミリの猛烈な雨が解析されたとして記録的短時間大雨情報が発表され
ました。

 21日(木)には前線が九州の南まで南下しており、雨は小康状態となってい
ますが、22日(金)から23日(土)にかけて、再び前線が九州付近に北上してく
るため、大雨が降るおそれがあります。大雨や落雷、突風などに十分にご注
意ください。

RKB毎日放送「九州北部で大雨」
http://news.rkb.ne.jp/rkb_news/archives/010210.html
南日本新聞「鹿県内大雨 加世田で時間最多77ミリ」
http://373news.com/modules/pickup/article.php?

最新の気象情報は「お天気Web九州」
http://www.jwaq.gr.jp/
をご利用ください。

--------------------------------------------------------------------
◆霧島山(新燃岳)で火山性地震増加
 宮崎・鹿児島県境に位置する霧島山の新燃岳(しんもえだけ)で、火山性地
震が増加しているとして、21日(木)に気象台から「火山の状況に関する解説
情報」が発表されました。
 情報によると、19日(火)から振幅の小さな火山性地震が増加しており、や
や多い状態が21日も続いているということです。
 しかし、現地調査では特に変化はなく、今のところ火口周辺に影響を及ぼ
すような噴火の兆候はないということで、噴火警戒レベルは1(平常)が継続
しています。

21日に発表された解説情報
http://www.jma.go.jp/jp/volcano/551-20080821161000-43.html

------------------------[お天気の豆知識]----------------------------
【雨の強さ】
 このところ大雨が降ることが多く、ニュースの中でも「1時間に 110ミリ
の猛烈な雨」などと、雨の強さを表す言葉が頻繁に出てきます。実は、この
雨を表す言葉、気象庁が作成した「雨の強さと降り方」という表に基づいて
ちゃんと基準が決まっています。それがこれ。
 
 1時間雨量 10ミリ以上:やや強い雨
       20ミリ以上:強い雨
       30ミリ以上:激しい雨
       50ミリ以上:非常に激しい雨
       80ミリ以上:猛烈な雨

 1時間に80ミリの猛烈な雨ともなると、水しぶきが舞い、辺りが白っぽく
なってしまうほどのものすごい雨です。地球温暖化の影響でしょうか、猛烈
な雨の頻度は徐々に上がってきており、今年も全国ですでに18回、1時間に
80ミリ以上の雨が観測されています。九州では、7月5日に長崎県の石田で
1時間 102ミリの雨が観測されたのをはじめ、今年すでに6回、猛烈な雨が
観測されています。

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------
 先日、韓国の気象庁に関するちょっとおかしな記事を発見。
 韓国の気象庁が自動気象観測装置(AWS)という日本のアメダスみたいな
装置を買って、全国に 542台設置したのに、なんとそのうちの7割近くが建
物の屋上に設置されているという記事です。
 記事によると、この装置は気温や湿度、降水量などを測る機能があるそう
ですが、建物の屋上につければ当然、気温などは大きな影響を受けてしまい
ます。しかも記事によれば、屋上にあるエアコンの室外機の影響を受ける可
能性もあるというのですからびっくりです。韓国気象庁では地上に設置して
ある78台だけを正式なデータとして扱い、残りは「参考データ」扱いなんだ
とか。う〜ん、これはもったいない。
 韓国気象庁といえば、高価なスーパーコンピュータを買ったのに天気予報
が当たらないということが国民的な話題になっていると聞きます。さらにこ
んなもったいないことをして、気象庁不信がさらに盛り上がらなければよい
のですが。

朝鮮日報「韓国気象庁、高価な装置も意味なし!?」
http://www.chosunonline.com/article/20080820000044

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 22日(金)から23日(土)は再び大雨に注意が必要です。
 22日は九州は次第に雨、23日は北部では午前中が中心ですが、南部では午
後にかけても雨が降りそうです。各地で雷を伴った激しい雨が降るおそれが
あります。24日(日)には九州各地とも天気は回復しそうです。
 今週はようやく朝晩涼しくなってきましたが、22日から23日は南から暖か
く湿った空気が流れ込んでくるため、再び蒸し暑くなります。しかし、24日
以降、朝晩は比較的しのぎやすくなりそうです。
  (ま)
====================================================================
(財)日本気象協会九州 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================


2008年8月21日 (木)

一週間遅れのメルマガ!

ども,夏休み,田舎(大分)で野良仕事だった(た)です.
一週間遅れの(ま)のメルマガです,すみません!
====================================================================
   お天気Magazine九州 2008.8.14号
====================================================================
◆局地的な大雨相次ぐ
 九州は連日、あちこちで雨雲が発達し、雷を伴った激しい雨が降っていま
す。これは、南からの湿った空気の流れ込みが続いていることに加え、強い
日差しによる気温の上昇で、大気が不安定になりやすい日が続いていること
によるものです。
 この雨により中小の河川が急激に増水するなどしたほか、落雷による被害
も各地で相次いでいます。8日には宮崎空港の滑走路に雷が落ち、穴があい
た影響で欠航便が出ました。

 これから来週初めにかけては、前線が朝鮮半島から対馬海峡付近まで南下
してくるため、九州北部を中心にぐずついた天気になる見込みです。九州北
部では、これまでのような短時間に局地的に降る雨から、広い範囲でやや長
い時間にわたって降り続く雨へと、雨の降り方が変わる可能性があります。

西日本新聞「宮崎空港に落雷 滑走路に穴2つ 12便欠航」
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/39962
RKB毎日放送「鉄道で信号トラブル相次ぐ」
http://news.rkb.ne.jp/rkb_news/archives/010156.html

最新の気象情報は「お天気Web九州」
http://www.jwaq.gr.jp/
をご利用ください。

--------------------------------------------------------------------
◆気象台で催しが行われます
 各地の気象台では、毎年、夏休みの期間や9月の空の日に合わせて、「お
天気フェア」などの行事を行っています。
 今年の夏休みも、すでに終わってしまったところもありますが、8月下旬
には次の気象台で催しが予定されています。

 8月21日(木) 熊本地方気象台「夏休みお天気教室」
   24日(日) 福岡管区気象台「お天気教室2008」
        名瀬測候所「お天気フェア2008」
   27日(水) 大分地方気象台「お天気フェア」

 子供さんの夏休みの自由研究の参考にもなるかもしれません。ぜひお出か
けになってみてはいかがでしょうか?

問い合わせ先など詳しくは
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/info/event/fukuoka20.html
をご覧ください。

------------------------[お天気の豆知識]----------------------------
【潮位】
 潮位とは海面の高さのこと。
 一般に、大潮の時期は潮位の変化が大きく、大潮の満潮の時には潮位が特
に高くなります。また、その大潮の満潮の中でも、8月から9月にかけては
一年でもっとも潮位が高くなります。これには、海水温が影響しています。
水は、温度が高くなると少しだけ膨張します。8月から9月は一年でもっと
も海水温が高くなるので、それだけ海水が膨らみ、海面も高くなるというわ
けです。
 8月、9月は台風の接近も多いシーズンですが、大潮の満潮と台風の接近
が重なると、ただでさえ潮位が高いため、特に高潮が起こりやすくなります。
 ちなみに、地球温暖化で潮位が高くなるという話の時に、よく北極や南極
の氷や氷河が解けるためだと思われがちですが、実は海水の膨張の方がより
大きな影響があると推測されています。

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------
 日本の観測史上最高気温40.9度が観測されたのは、昨年8月16日。埼玉県
熊谷市と岐阜県多治見市で同じ日に観測されました。
 その日本一暑いまち埼玉県の熊谷市が、暑さを売りにした大キャンペーン
を展開中です。「あっぱれ!熊谷流」というホームページを見ると、「雪く
ま」という統一ブランドのカキ氷を市内の各店で販売したり、「あつべえ」
という名の太陽みたいないかにも暑そうなキャラクターを用いたうちわを販
売したり…と、暑さにまつわるさまざまな事業が行われています。
 その中のひとつが、私たち日本気象協会がお手伝いさせていただいている
「あっぱれ・なるほど・熱中症予防情報発信事業」。市内の各小学校などに
熱中症指標の観測器を設置。ホームページを通じて、各小学校区ごとのリア
ルタイムの熱中症危険度や、熱中症危険度の予報などを見ることができます。
また、「熱中症予防情報メール」通知サービスに登録しておけば、熱中症危
険度の予報が携帯電話に届きます。
 地球温暖化や都市化で猛暑の日はますます増えることが予想されています。
暑さを売りにした市のPRはさらにヒートアップしていきそうです。

熊谷市「あっぱれ!熊谷流」ホームページ
http://www.city.kumagaya.lg.jp/appare/index.html
「あっぱれ!熊谷流」熱中症予防情報
http://wbgt-jwa.on.arena.ne.jp/kumagaya/

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 九州北部を中心に雨が降る日が多くなりそうです。
 15日(金)は対馬海峡付近を通過する熱帯低気圧の影響で、九州北部を中心
に広い範囲でにわか雨か雷雨。16日(土)、17日(日)は、対馬海峡付近に前線
が南下してくるため、九州北部では雨が降りやすく、九州南部も所々でにわ
か雨が降る見込み。
 来週初めにかけて、九州北部は曇りや雨の日が多くなるため、暑さは若干
和らぐ可能性があります。しかし、本格的に涼しくなってくるのは、やはり
まだまだ先となりそうです。
  (ま)
====================================================================
(財)日本気象協会九州 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================


2008年8月12日 (火)

福岡市温暖化対策

ども、携帯から(た)です。市役所の広場に芝生出現

2008年8月10日 (日)

おまけ情報2:写真ほか

ども,今回の短期集中連載での,資料と写真をすこしご紹介します.


「にしく楽しくウオーキング」というさっしの22ページです.
これまでも,糸島近辺の低い(笑)山登りをしていたのですが,この資料は便利です.市役所区役所にあるかと思います.





福岡市西区大原海水浴場です.

灘山の帰りに撮影しました.
糸島半島にはもっともっと海水浴場がありますよ〜.

おまけ情報:携帯型熱中症計プレゼント

ども,(た)です.

短期集中連載,「熱中症を測る」いかがでしょうか?
わたしも,実際に測ってみて,ナットク(笑).
人様にお話しするときには,実体験が一番ですね〜.

で,おトクな情報,ネットで調べたら,携帯型熱中症計のプレゼントがありました.

こちらのサイトをどうぞ.

灘山第二展望台,熱中症指標33:危険

9時0分
灘山第二展望台日差しあり
39度7分
42%
33危険
暑い汗がしたたる…

撮影時は薄曇りでしたが、日が射して急上昇!

景色はいいのですが,日が差すと暑いです!



水分補給をして,さあ,帰ります.

灘山第一展望台,熱中症指標28:厳重警戒

8時40分
灘山第一展望台うす曇り風弱い
気温:32度1分
湿度:59%
28
[危険・厳重警戒・警戒・注意・ほぼ安全]

か、風がない!日差しがないだけましか....


山頂近くの第一展望台です.海がきれい,向こうにみえるのは限界島です.

うっそうとした林,熱中症指標26:警戒

8時20分
ハイキングコース日陰風通し涼好
気温:28度0分
湿度:78%
熱中症指標:26
[危険・厳重警戒・警戒・注意・ほぼ安全]

風がよく通ります,快適

登山開始,熱中症指標29:厳重警戒

8時0分
登り口ひなた
気温:33度9分
湿度:59%
熱中症指標:29
[危険・厳重警戒・警戒・注意・ほぼ安全]

風なし、日差しがあり,蒸し暑い

ここから,登山(!)です.海岸べりのほぼ0mから209.5mの山頂めざして,歩きです.