« 2008年6月 | メイン | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月30日 (水)

長崎駅、一服の涼

ども、携帯から(た)です。

ホント、ちょっとだけ涼しい…

2008年7月27日 (日)

日曜日にメルマガ(ゴメンナサイ)

ども,あつさにバテバテバテの(た)です.

(ま)のメルマガも暑さネタですね〜

====================================================================
   お天気Magazine九州 2008.7.24号
====================================================================
◆猛暑続く
 九州は梅雨明け以降、たいへん厳しい暑さが続いています。今週23日(水)
には、気象台から九州北部地方について「高温と少雨に関する情報」が発表
されました。
 九州では毎日、内陸部を中心に35度以上の猛暑日があちこちで観測される
ような状態が続いています。例年だと7月の前半は梅雨ですので、雨によっ
て気温の上昇が抑えられるところなのですが、今年は梅雨明けが非常に早か
ったこともあり、それが今月の平均気温を押し上げる形となっています。
 今月の現時点での平均気温は平年を大きく上回っており、最終的にも観測
史上でかなり上位に入るような高い気温となることが予想されます。
 8月にかけても、日本付近への太平洋高気圧の張り出しは強く、厳しい暑
さが続く見込みです。長い夏になりそうですので、夏バテなどしないように
十分にご注意ください。

九州北部地方の高温と少雨に関する情報
http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/109_20080723103045.html

--------------------------------------------------------------------
◆岩手県で震度6強
 24日(木)午前0時26分ごろ、岩手県北部沿岸の深さ約 108kmを震源とする
M(マグニチュード)6.8の地震が発生しました。この地震で、岩手県の洋
野(ひろの)町で震度6強、青森県八戸市、五戸(ごのへ)町、階上(はしかみ)
町、岩手県野田村で震度6弱を観測するなど、北海道から関東、北陸にかけ
ての太平洋側を中心に広い範囲で強い揺れが観測されました。
 この地震は、北米プレートの下に沈み込んでいる太平洋プレートの内部で
破壊が起こったことによるものと見られます。岩手県といえば、1ヶ月あま
り前に岩手・宮城内陸地震が起こったばかりですが、これらの震源地を地図
上に描くと位置は近いものの、地震が起こった深さが今回はかなり深いこと
や、地震が起こったメカニズムも異なることから、直接の関係はないものと
考えられます。
 この地震で、気象庁は一般向けの緊急地震速報を発表しましたが、初期の
段階では発表対象とならない最大震度4と予想していたため、揺れが強かっ
た地域ではほとんど間に合いませんでした。プレートの内部で起こった地震
については、硬いプレートの中を揺れが伝わることで、あまり減衰せずに遠
くまで届くことがあります。今回の地震についても、そのような影響があり、
震度の予測が難しかったことも考えられます。

今回の地震に関する気象庁発表の資料
http://www.jma.go.jp/jma/press/0807/24a/kaisetsu200807240200.pdf
http://www.jma.go.jp/jma/press/0807/24b/kaisetsu200807241100.pdf
http://www.jma.go.jp/jma/press/0807/24c/kaisetsu200807241630.pdf
今回の地震に伴って発表された緊急地震速報の内容
http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/EEW/kaisetsu/joho/20080724002635/content/content_out.html
http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/EEW/kaisetsu/joho/20080724002635/reachtime/reachtime.html

------------------------[お天気の豆知識]----------------------------
【海風】
 毎日、暑い日が続いていますが、沿岸部では海風が少しだけ気温の上昇を
抑えてくれます。
 朝からカンカン日が照ると、地面付近は気温がどんどん上がり、やがて上
昇気流が起こります。するとその部分の空気を補うように海の方から少しだ
け涼しい風が吹いてくる、これが「海風」です。
 福岡市など海の近くの町では、お昼前に一日の最高気温が出てしまうこと
がよくありますが、これは、朝から気温がぐんぐん上がり、昼前ぐらいには
海風が入ってくるようになるため。逆に言えば、海からの風が吹いてくるよ
うになれば、気温の上昇はだいたい終わったということがいえます。
 一方、内陸部、特に盆地では、こういう涼しい風が吹き込んでくることが
なかなかありませんので、午後に入っても気温は上がり続けます。これが、
内陸部の気温が特に高くなりやすい大きな原因であるといえます。

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------
 皆既日食がいよいよあと1年に近づいてきました。この皆既日食とは、来
年2009年の7月22日、鹿児島県の種子島の南部、屋久島から十島村、奄美大
島の北部にかけての地域で見られるもので、太陽が月の陰にすっぽりと隠れ
てしまいます。日本の陸地で皆既日食が見られるのは46年ぶりという貴重な
機会。中でも鹿児島県の十島村は、皆既日食となる時間がもっとも長く観測
にもっともよい場所であるとされています。
 しかし、この十島村というのは、奄美大島の北に点々と連なる島々で、島
には宿泊施設がほとんどなく、島へ行くにも村営のフェリーを使うしかない
という場所です。ここに世界中の天文ファンが押し寄せてくることが予想さ
れるのですから、村も準備がたいへんです。
 24日の南日本新聞の記事によると、フェリーで順に鹿児島市との間を運ぶ
ため、島には数日から1週間程度の滞在が必要で、その間はテントや体育館
に宿泊。電気や水にも余裕がないため、エアコンはなしで飲料水はボトル入
りが支給されるんだそうです。そして、このツアーの料金は、いろいろな受
け入れにかかる費用があるため、なんと30〜40万円に達する見込みだとか。
 もちろん天文ショーですから、天気が悪くてはすべてが水の泡。今年の7
月22日の十島村はどうだったのかな〜と思って見てみると…ほとんど曇り空
でパラッと雨も降ってますねぇ。ちょっと心配になってきました。

南日本新聞「09皆既日食 トカラ観測、不便覚悟で」
http://www.373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=11853
2009年トカラ皆既日食(十島村のページ)
http://www.tokara.jp/kaiki/index.html

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 向こう一週間も厳しい暑さが続きます。
 天気についても晴れの日が多いですが、午後は内陸部を中心に夕立が起き
やすいので、落雷などにご注意ください。また、26日(土)ごろは湿った空気
が流れ込んでくるため、やや広い範囲で一時雨が降る可能性があります。
 25日(金)には沖縄の南で台風が発生し、26日(土)には沖縄地方に接近する
おそれがありますが、その後は大陸方面へと進み、九州への直接の影響はな
い見込みです。
  (ま)
====================================================================
(財)日本気象協会九州 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================

2008年7月18日 (金)

金曜日はメルマガ,台風注意.

ども,週末野暮用ばかりの(た)です.

天気が気になりますよね,九州南部中心に雨の降りやすい状態が続きそうですし,台風の動きも心配です.

その台風,予報円から外れるばあいが10回に3です.詳しくは(ま)のメルマガで.


 07月18日07時の台風情報です.
 連休に影響が懸念されます

====================================================================
   お天気Magazine九州 2008.7.17号
====================================================================
◆台風7号の動きに注意を
 強い台風7号が、沖縄県南部の先島諸島付近を北上しています。
 最新の進路予報では、台風7号は17日夜に先島諸島付近を通過した後、大
陸の東岸付近を北上、20日(日)頃には九州の西海上に達する見込みです。そ
の後の進路はまだ微妙ですが、朝鮮半島南部か対馬海峡付近を通り、日本海
へ進むことが考えられます。
 台風の勢力については、大陸へいったん上陸するかどうかによっても違っ
てきますが、東シナ海の海水温が平年に比べ高いことから、ある程度の勢力
を保ったまま北上することも予想されます。
 夏休み最初の週末で連休でもあることから、今週末はお出かけの予定を立
てている方も多いかと思いますが、今後の台風の動きには十分ご注意くださ
い。また、海は東シナ海側を中心に波が高くなりますので、水の事故に対し
ても十分な注意が必要です。

台風進路図など最新の気象情報は「お天気Web九州」
http://www.jwaq.gr.jp/
をご覧ください。

--------------------------------------------------------------------
◆桜島の噴火警戒レベル2に引き下げ
 今週14日(月)に、気象台から桜島に関する火口周辺警報が発表され、桜島
の噴火警戒レベルがそれまでの3(入山規制)から、2(火口周辺規制)に引き
下げられました。
 桜島では、4月から6月前半にかけて、昭和火口を中心に断続的に噴火が
発生しましたが、その後は噴火回数は減少しています。また、火山性地震や
火山性微動は少ない状態が続いており、山態の膨張を示すような地殻変動は
観測されていません。
 このため、当面、桜島の噴火活動は活発化する傾向にないと判断され、噴
火警戒レベルが引き下げられたものです。
 ただ、桜島の昭和火口の噴火活動は、2006年6月の噴火以降、長期的に見
て活発化しているものと見られます。今後も活動の活発な時期を繰り返す可
能性があり、活動に注意をする必要があります。

噴火警戒レベル引き下げに関する火口周辺警報本文
http://www.jma.go.jp/jp/volcano/506-20080714150000-40.html
気象庁 噴火警報、噴火予報に関する解説
http://www.seisvol.kishou.go.jp/tokyo/STOCK/kaisetsu/volinfo.html

------------------------[お天気の豆知識]----------------------------
【予報円】
 天気予報などで、台風の進路予想図を見ることがこれから多くなってきま
す。
 進路の予想図には、台風の中心が進むと予想される範囲を示した「予報円」
と、その予報円内に台風が進んだ時に風速25メートル以上の暴風域に入るお
それがある範囲を示す「暴風警戒域」が描かれています。
 予報円に台風の中心が入る確率は70%とされています。10回に3回は、予
報円の外に進むことがありますので、注意が必要です。
 暴風警戒域は、以前は予報円の外に大きな円が描かれていましたが、昨年
からはそれらの円の外側を結んだ線(包絡線)で描かれることが多くなってい
ます。
 なお、現在は3日先までの予報が気象庁から発表されていますが、来年度
の台風シーズンにはこれが5日先までに延長される予定となっています。

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------
 「稲むらの火」といえば、このメルマガでも何度かご紹介したことがあり
ますが、1854年(安政元年)に起こった安政南海地震の際の物語。現在の和歌
山県で、地震の後に大津波が来ることを察知した濱口梧陵(ごりょう)という
人が刈り取ったばかりの稲の束に火をつけ、火事だと思って人々が高台に集
まったおかげで、難を逃れることができたという物語です。
 この「稲むらの火」を最近、意外なところで見かけたのです。「水戸黄門」
でおなじみの里見浩太朗さんが今、売出し中の新曲のタイトルがなんと「稲
むらの火−濱口梧陵小傳より−」。残念ながら歌詞は確認できなかったもの
の里見さんのホームページによると「刈り取ったばかりの稲に火を放ち、安
政の大津波から村人の命を救った濱口梧陵の生き様を切々と描きました」と
のこと。果たしてどんな歌なのか気になります。
 「稲むらの火」の物語は、スマトラ島地震に伴うインド洋の大津波の時に
国際的にも注目を浴びました。この里見さんの歌がひょっとしたら防災教育
に役立つかも? ちなみのこのCDは両A面シングルでカップリング曲のタ
イトルは「マイ・ラブ・アゲイン」。すごい取り合わせです。

里見浩太朗さん「稲むらの火−濱口梧陵小傳より−」のページ
http://www.satomi-kohtaro.com/inamura.html
和歌山県の「稲むらの火の館(濱口梧陵記念館)」のページ
http://www.yamasa.com/history/inamura/index.html

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 週末にかけて、台風7号の動きにご注意ください。
 20日(日)ごろにかけては、湿った空気が次々に流れ込んでくるため、不安
定な天気。晴れ間も除きますが、にわか雨が降りやすく、雷を伴い激しく降
るところもありそうです。21日(海の日)には、次第に安定してくる見込みで
す。
 台風7号は、朝鮮半島を通過すれば九州への影響は小さいものと見られま
すが、対馬海峡を通った場合には、九州北部で20(日)頃に風が強まるなどの
影響が出ることが予想されます。台風の今後の動きにご注意ください。
  (ま)
====================================================================
(財)日本気象協会九州 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================


2008年7月17日 (木)

九十九島

ども、携帯から(た)です。

業務終了。

しばしの休憩は船越展望所です

ひさびさの佐世保は曇り空

ども、携帯から(た)です。

やはり、暑いです…

2008年7月12日 (土)

土曜日にメルマガ,熱中症にご注意?

ども,本日の野球で三三振!,ちと落ち込み気味の(た)です.

でも,野球には曇り勝ちの天気はいい天気でした.それでもかなり汗でしたが.

日曜日も暑いですから,屋内外とわず,早めの水分補給を!
熱中症の情報はこちら

さあ,(ま)のメルマガです.

====================================================================
   お天気Magazine九州 2008.7.10号
====================================================================
◆早〜い梅雨明け
 6日(日)に、九州南部、九州北部ともに、梅雨明けが発表されました。
 九州南部は、平年より7日早く、昨年より12日早い梅雨明けでした。
 九州北部は、平年より12日早く、昨年より17日も早い梅雨明けで、梅雨の
期間の統計がある1951年以降では、3番目に早い梅雨明けとなりました。ま
た、梅雨期間の日数も26日間と、1951年以降で4番目に短い梅雨となりまし
た。
 今年は梅雨は短かったものの、その間に各地で平年を上回る量の雨が降り
ました。梅雨期間の各地の雨量は次のようになっています。

九州南部(梅雨期間:5月28日〜7月5日)
  鹿児島 784.0ミリ 平年比145%
  宮崎  846.5ミリ    167%

九州北部(梅雨期間:6月10日〜7月5日)
  山口  362.5ミリ 平年比115%
  福岡  394.0ミリ    141%
  佐賀  632.5ミリ    173%
  長崎  510.0ミリ    148%
  大分  445.0ミリ    156%
  熊本  835.0ミリ    189% 

 梅雨明け後は、各地でたいへん厳しい暑さが続いており、内陸部では35度
以上の猛暑日となるところも相次いでいます。熱中症が起こりやすい状態に
なっていますので、十分にご注意ください。

--------------------------------------------------------------------
◆与論島で震度5弱
 今週8日(火)午後4時47分ごろ、沖縄本島近海の深さ約50kmを震源とする
M(マグニチュード)6.0の地震が発生しました。この地震で、鹿児島県の
与論町で震度5弱、鹿児島県の天城町や和泊町、知名町、沖縄県の名護市、
国頭村などで震度4の揺れが観測されました。
 この地震で、気象庁から一般向けの緊急地震速報が発表されました。一般
向け緊急地震速報は震度5弱以上の揺れが予想される時に発表されます。今
回の地震では当初、最大震度を4と予想したため、地震波を気象庁が検知し
てから一般向け緊急地震速報を発表するまでに13.9秒かかり、少し遅い発表
となりました。

南日本新聞
「与論で震度5弱 けが人、津波なし」
http://373news.com/modules/pickup/article.php?storyid=11591
「与論地震 震源深く余震なし/鹿大付属地震火山観測所」
http://373news.com/modules/pickup/article.php?storyid=11611
福岡管区気象台「7月8日16時42分ころの沖縄本島近海の地震について」
http://www.fukuoka-jma.go.jp/cgi-bin/fukuoka/jikazan/emr2/J20080708000085001000000807081800.pdf
この地震に伴って発表された緊急地震速報についての資料
http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/EEW/kaisetsu/joho/20080708164221/content/content_out.html
http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/EEW/kaisetsu/joho/20080708164221/reachtime/reachtime.html

------------------------[お天気の豆知識]----------------------------
【猛暑日】
 今週は、梅雨明け早々、九州の内陸部では最高気温35度以上の「猛暑日」
が相次いで観測されました。この「猛暑日」という言葉が気象の用語として
正式に用いられるようになったのは昨年のこと。昨年は、記録的な暑い夏と
なりましたので、デビュー早々「猛暑日」という言葉がニュースに毎日のよ
うに登場し、年末の流行語大賞にもノミネートされました。
 さぁ、それでは猛暑日が多いのはどこなのか。年間の猛暑日日数の平年値
を見ると、九州・山口の各県庁所在地では次のようになっています。

  山口市 2.4日  福岡市 3.8日  佐賀市 6.5日  長崎市 1.8日
  大分市 2.4日  熊本市 6.5日  宮崎市 4.4日 鹿児島市 1.9日   

 やはり暑さが厳しい佐賀市や熊本市がこの中ではトップ。県庁所在地以外
では、下の「お天気屋のつぶやき」にも登場する大分県日田市が11.9日でや
はり多くなっています。
 最近は、温暖化の影響などでこの平年日数を大きく超える年も多くなって
います。今年は梅雨明けが早く、早くから猛暑日が現れていますので、やは
り猛暑日が多い夏となりそうです。

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------
 今日10日の大分県日田市の最高気温は35.8度で、全国1位。日田は盆地に
位置する町で、夏の昼間、強い日差しであたたまった空気がたまりやすいた
め、暑い町として有名です。そして夏場は、今日のように全国で一番気温が
高かったということでニュースなどにたびたび登場します。
 そんな暑い日田の町で、暑くなれば暑くなるほど得する情報がありました。
日田にあるサッポロビール新九州工場内のレストランで、当日の日田の気温
が午後2時までの段階で全国1位になると、サッポロ黒ラベル中ジョッキ1
杯が通常500円のところ、4割引で300円になるというのです。
 日田の気温が全国1位の日には、工場に設置したジョッキ形の電飾を灯し
て、日田の皆さんに割引を知らせるんだそう。この工場は、日田の町から見
て川の向こうの高台の上にありますから、きっとこの電飾はよく見えること
でしょう。
 では、電飾が見えないところに住んでいる人はどうしたらよいか? 気象
庁のホームページの中に、「今日の全国観測値ランキング」というページが
あります。これを見れば、当日の暑さランキングが分かりますので、暑ーい
日田に冷たいビールを飲みにお出かけになってみては。もちろん、「飲んだ
ら乗らない 乗るなら飲まない」ですよ。

大分合同新聞「日田の猛暑にビールで乾杯!」
http://www.oita-press.co.jp/localNews/2008_12148744444.html
気象庁「今日の全国観測値ランキング」
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/mdrr/rank_daily/data00.html#mxtem

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 梅雨が明けてからはカンカン照りの天気が続いてきましたが、この週末は
これまでに比べると雲が出やすくなりそうです。
 11日(金)から13日(日)にかけては、晴れ間も多いものの、午後を中心に雲
が広がりやすく、あちこちで夕立もある見込みです。急な雨と落雷にご注意
ください。
 雲が出る分いくらかは気温が下がりますが、それでも厳しい暑さはまだま
だ続きます。熱中症にご注意を。
  (ま)
====================================================================
(財)日本気象協会九州 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================

2008年7月 4日 (金)

四国は梅雨明けだけど…

九州はまだですね
出張中のワンショット、大村湾も霞んでます

金曜日はメルマガ,梅雨明け??

暑いですね〜.本日もこれから出張,暑さが怖い(た)です.

梅雨明けについても,(ま)のメルマガをどうぞ.



←7/4,午前6時の天気図です
 梅雨前線は?



====================================================================
   お天気Magazine九州 2008.7.3号
====================================================================
◆梅雨明け間近?
 今週に入って、梅雨前線の活動は九州付近で次第に弱まってきており、6
月に長く続いた大雨は一段落の形となってきています。
 4日(金)には梅雨前線は九州付近でさらに活動を弱め、いったん消滅する
見込みです。そして、5日(土)以降、来週にかけては九州付近で高気圧が勢
力を強めるため、晴天と厳しい暑さが続くようになる見込みです。
 このため、九州は早ければ4日(金)にも梅雨明けが発表される可能性が出
てきました。
 しばらくはたいへん厳しい暑さが続きますので、熱中症などに十分ご注意
ください。

週間天気予報など最新の気象情報は「お天気Web九州」をご覧ください。
http://www.jwaq.gr.jp/
梅雨が明けた場合には、「新着情報」欄に掲載しています。

--------------------------------------------------------------------
◆「夏山天気予報」で、夏山登山を安全に
 日本気象協会では、毎年、夏に登山を安全に楽しんでいただくため、夏山
に関する気象情報を、全国の主要な山を対象にして発表しています。今年も
今週から「夏山天気予報」の提供が始まりました。
 九州では、九重山、雲仙岳、阿蘇山、霧島について、気象情報の提供を行
っています。

 日本気象協会の気象情報サイトtenki.jpには、全国の山の天気の実況や天
気予報のほか、現地の方による山の様子の写真やコメントが掲載されていま
す。
 また、日本気象協会九州から情報提供を行っている西日本新聞、宮崎日日
新聞でも、山の天気に関する情報をご覧いただけます。

 「夏山天気予報」を使って、夏山を安全にお楽しみください。

tenki.jp「夏山天気予報」
http://www.tenki.jp/climb/index.html

------------------------[お天気の豆知識]----------------------------
【梅雨明け】
 今年は梅雨がずいぶん早く明ける可能性が出てきました。
 梅雨明けの平年日は、九州南部は7月13日、九州北部は7月18日ですから、
もしこの週末までに梅雨が明けたりすれば、平年より大幅に早い梅雨明けと
なります。
 梅雨の時期については、1951年以降について統計がありますが、梅雨明け
が早かった記録は次のようになっています。

九州南部 第1位 6月24日(1955年)
     第2位 7月1日(1964年・1994年・1998年)
九州北部 第1位 7月1日(1994年)
     第2位 7月3日(1978年)
     第3位 7月6日(1973年・1988年)

 一方、遅かった記録を見ると、九州南部、北部ともに8月に入ってから、
ようやく梅雨が明けたこともありますし、1993年は冷夏で夏の間ずっとぐず
ついた天気が続いたため、梅雨明けが特定できない年となりました。    

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------
 今年3月13日のこの「お天気屋のつぶやき」の中で、私たち気象協会の事
務所の前にある飲み物の自動販売機のことをご紹介しました。その時は「最
近、少しずつ暖かくなってきましたね」と女性の声で突然、話しかけてきた
自動販売機に驚いたことをご紹介しました。
 この自動販売機に再び驚かされる出来事が、けさ起こりました。今日の福
岡は最低気温が27.4度で真夏並みの熱帯夜、そして朝からぐんぐん気温が上
がり、午前10時前には30度を超える暑さでした。たまらず、出勤した際にそ
の自動販売機で飲み物を買おうとお金を入れると、自動販売機はいつもの女
性の声で「暑いですね、冷たいお飲み物はいかがですか」とやさしく話しか
けてきたのです。またしても、自動販売機が発したあまりにも的確な言葉に
驚かされたのでした。
 いったいこの自販機は、どうやってこの言葉を選んでいるのか?理系の人
間としては気になってしまいます。日付に合わせて選べば、この時期でも梅
雨寒で肌寒い日もあるし。飲み物を入れる時にお兄さんが設定するのもたい
へんそうだし。ということは、自販機の温度計で判断しているのか、とすれ
ばなかなかうまくできたものです。
 気になるので、夜になって気温が下がって買ってみたら、今度は「暑いで
すね」とは言いませんでした。やはり温度計なんでしょうかねぇ。そうやっ
て飲み物を買っている自分は、自販機の思う壷になっている気がします。

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 夏本番の暑さがやってきます。
 4日(金)は初め雲が残る所がありますが、日中は次第に晴れ。5日(土)以
降、来週にかけては高気圧に覆われるため、晴れてたいへん厳しい暑さが続
くようになりそうです。
 この時期はまだあまり暑さに慣れていないため、熱中症が起こりやすい時
期でもあります。熱中症にはご注意ください。
  (ま)
====================================================================
(財)日本気象協会九州 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================