« 2007年8月 | メイン | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月28日 (金)

金曜日はメルマガ.仕事帰りに雨...

ども,本日出張から帰って一息,ビールが美味い(た)です.

とはいえ,自宅駅を降りると,雨!!ぬれねずみ!!



←おいおい,一瞬の雨雲ではないか....







なるほど,寒冷前線の尻尾ね.多少の影響はあるかと思ったら,自分が雨に遭うとは....
寒冷前線の通過で涼しくなればいいのだけれど




ともあれ,(ま)のメルマガを.


====================================================================
   お天気Magazine九州 2007.9.27号
====================================================================
◆暑さおさまらず
 夏の主役、太平洋高気圧の勢力が、まだまだ強い状態が続いているため、
九州の各地は今週も8月並みの暑さのところが多くなっています。
 今月これまでの平均気温を見ても、これまでの観測史上第1位の記録を大
幅に超えているところが多くなっており、軒並み、9月の平均気温の記録を
更新する見込みです。
 また、晴天の日が多くなっている影響で、九州は太平洋側を除いて、広い
範囲で、今月の雨量がかなり少なくなっています。
 高温と少雨の傾向は、10月に入っても続く見込みです。農作物の管理など
には十分な注意が必要です。

27日(木)に発表された高温や少雨に関する情報
九州北部
http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/109_20070927153117.html
九州南部
http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/110_20070927133022.html

--------------------------------------------------------------------
◆天気予報の用語が変わります
 今年4月から気象庁が天気予報で用いる用語が改正されましたが、その中
で、時間帯を表現する言葉と、地域を表現する言葉については、システムの
変更を伴うことから猶予期間をおくとされておりました。その変更日が、来
週10月4日(木)と決まりました。
 時間帯については、1日を8つの時間帯にわけて表現をしていますが、そ
の中の3つの時間帯について、次のように変わります。(かっこ内は、これ
までの表現)

  午前0時〜3時 「未明」    (午前3時頃まで)
  午前6時〜9時 「朝」     (朝のうち)
  午後6時〜9時 「夜のはじめ頃」(宵のうち)

 また、九州南部から南西諸島にかけての地域の呼び方にも一部、変更があ
ります。これまで九州南部から奄美地方を「九州南部地方」と呼んでいまし
たが、それが「九州南部・奄美地方」に変わります。また、南西諸島のうち、
種子島・屋久島を除いた地域を表す言葉として「沖縄・奄美」が用いられる
ようになります。

気象庁「予報用語の改正について」
http://www.jma.go.jp/jma/press/0703/29b/yougo_kaisei.html

-----------------------[地震のこ・と・ば]---------------------------
ちきゅう【ちきゅう】
 独立行政法人海洋研究開発機構が保有する地球の深部を調べるための船の
名前。この船は、中央部に巨大なやぐらが付いており、海底をドリルで掘り
進めることができます。
 「ちきゅう」は先週21日(金)に和歌山県新宮港を出航し、現在、「南海ト
ラフ地震発生帯掘削計画」というプロジェクトを行っています。これは、マ
グニチュード8級の地震が繰り返し発生している紀伊半島沖の海底を5000m
ぐらいまで掘ることによって、巨大地震が発生する部分の岩石を直接、採取
し、地震予知につなげようとする、世界でも過去に例がない研究です。これ
によってどのような成果があるのか、今後、大いに注目されます。
 ちなみに、この「ちきゅう」は、昨年公開された映画「日本沈没」にも、
そのまま「ちきゅう」という名前で登場しました。映画の中でも、日本の南
の海で、海底に深〜い穴を掘りました。そして、そこで大爆発を起こしたこ
とで、日本を沈没から救う大活躍をしました。(あくまでもフィクションで
す)

海洋研究開発機構「ちきゅう」ホームページ
http://www.jamstec.go.jp/chikyu/jp/index.html
映画「日本沈没」ホームページ
http://www.nc06.jp/

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------
 とにかく暑い日が続いています。ちょっと涼しくなったなー、と思っても
気温は平年より大幅に高い気温。あまりにも気温が高いので、私たちの感覚
も狂ってきているのかもしれません。
 ですが、来週はいよいよ10月。普通だったら長袖に衣替えする時期である
ことを考えると、やはりこの暑さは異常です。だいたい最高気温が25度ぐら
いが長袖の目安といえますが、まだ真夏日の日が多いですからね。
 学校などは一斉に衣替えをすることが多いですから、今年はどうするのだ
ろう?なんて思っていたら、やはりそのようなニュースを見つけました。鹿
児島市役所が、9月末までの予定だったクールビズを1か月延長して、10月
末まで実施することを決めたそうです。鹿児島市は5月からクールビズを実
施しているということなので、今年は丸半年にわたってのクールビズという
ことになります。
 来週、長袖を着なければならない人は、腕まくりをしなければ暑くてたま
らないかもしれません。

鹿児島市「クールビズの実施期間の延長について」
http://www.city.kagoshima.lg.jp/wwwkago.nsf/V_W_TOPICS/CA6FCC61AD64DA0549257362001AFF4B
南日本新聞「暑い予想受け、クールビズ来月まで延長/鹿児島市」
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=6807

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 10月に入っても暑い日が多くなりそうです。
 28日(金)夜から29日(土)にかけて、寒冷前線が九州北部付近まで南下して
くるため、九州北部では雲が広がり、弱い雨が降るところもある見込みです
が、そのほかは来週にかけて各地で晴れる日が多くなりそうです。
 週末、九州北部で少しだけ涼しくなりそうですが、それ以外は来週にかけ
ても気温がかなり高く、季節はずれの暑さが続きそうです。
  (ま)
====================================================================
(財)日本気象協会九州 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================


大分市、ギネス認定!

ども、携帯から(た)です。

大分市役所で見かけました。

2007年9月20日 (木)

木曜日にメルマガ

あぢー....
高温に関する九州南部地方気象情報発表中


暑さに負け気味の(た)です.みなさま体調にご留意を...


====================================================================
   お天気Magazine九州 2007.9.20号
====================================================================
◆真夏の暑さ
 先週末から九州は広い範囲で、たいへん厳しい暑さが続いています。とこ
ろによっては、最高気温が35度を超えるなど、9月としては記録的な暑さと
なるところも出ています。
 このように気温が非常に高くなっているのは、夏の主役である太平洋高気
圧が、日本付近でこの時期としてはかなり勢力が強くなっているためです。
また、九州付近は南風が吹き込みやすくなっており、この南風が山を越える
ことによって気温が上がるフェーン現象によって、特に九州の山地の北側に
当たる九州北部などで気温が上がりやすい状態が続いています。
 今週末までは、気温がかなり高い状態が続くため、熱中症などに十分な注
意が必要です。来週は少し気温が下がりますが、それでもまだ平年に比べれ
ば高く、残暑は長引きそうです。

--------------------------------------------------------------------
◆福岡市でちょっと不思議な夕焼け
 九州の西の海上を台風11号が北上していた16日(日)の夕方、福岡市で街全
体がセピア色に染まったようなとてもきれいな夕焼けが見られました。
 当日は、南から湿った空気が流れ込んでいたために、比較的小さな雨雲が
次々と福岡市付近を通っていくという状況でした。その時間帯には、空の大
部分は雲に覆われていた一方で、西の空に雲の切れ間ができたため、太陽の
光がその切れ間から差し込み、たいへん鮮やかな色になったものと見られま
す。
 昔から、台風が近づいている時には鮮やかな夕焼けが見られる、というよ
うなお天気ことわざもありますが、まさに台風のいたずらがもたらした美し
い光景でした。

写真はこちら(読売新聞)
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/ne_07091703.htm

-----------------------[地震のこ・と・ば]---------------------------
でんしきじゅんてん【電子基準点】
 国土地理院が全国に設置している、地殻変動の観測などを目的としたシス
テムのこと。
 電子基準点は、日常生活の中でカーナビなどに広く利用されているGPS
(全地球測位システム)を用いることによって、複数の地点間の距離を非常に
正確に求めることができます。
 現在、全国に約1200の電子基準点があり、24時間リアルタイムで日本列島
の動きを知ることができます。これによって、地震活動と地殻変動との関係
などについて研究が進むとともに、日本列島へのひずみのたまり方を把握す
ることによって、地震の予知などにも活かされていくことが期待されていま
す。 

電子基準点の観測によって描かれた日本列島の地殻変動のアニメーション
http://mekira.gsi.go.jp/JAPANESE/crstanime9604_9912v.html

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------
 先日、NHKでちょっと変わったドラマが放送されていました。「スーパ
ーストーム」というアメリカを舞台にしたもので、ハリケーンを弱めたり、
進路を変えたりしようとする科学者たちを描いたドラマです。
 もちろんハリケーンの行く先を変えるなどというのは、フィクションでは
あるのですが、内容的には科学的に見てけっこう正しいこともいっています。
(NHKやイギリスのBBCなどの国際共同制作ですからね)
 しかし、見ていて、どこまでが今の知識で現実的な話で、どこからがフィ
クションなのかが、たいへん分かりにくいんです。そこで、このドラマとは
別にドキュメンタリー「スーパーストームの真実」という番組が後から放送
されるのです。これを見ると、ドラマの内容がどのあたりまで現実の話であ
るのかが分かるという、珍しい仕掛けになっているのです。
 ただ、残念なのは、ドラマ部分が土曜日の午後9時というゴールデンタイ
ムに放送されるのに対して、ドキュメンタリー部分が月曜の午前1時10分(
日曜日の深夜)に放送されるということ。できれば、続けて放送してくれれ
ば、より正しくハリケーンや台風について、広く知っていただけると思うん
ですけどね。
 ぜひセットでご覧になってみてはいかがでしょうか。

NHK「スーパーストーム」
http://www.nhk.or.jp/frontier/schedule/20070915.html

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 特に日曜日頃までは厳しい暑さが続きますので、熱中症などに注意が必要
です。
 天気については、来週にかけて全般に晴れる日が多くなりそうです。週末
の3連休については、大きな天気の崩れはなく、行楽日和になるところが多
くなりそうです。ただし、屋外へのお出かけはやはり暑さ対策が必要です。
  (ま)
====================================================================
(財)日本気象協会九州 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================

2007年9月16日 (日)

九州各地で雨,しばしご用心!

ども,昨夜にわか雨ナイターソフト中止でがっかりの(た)です.
雨の降り始めとふり終わりはばっちり予測したのですが,あんなにふるとは!結局グランドコンディション不良で中止でした

ともあれ,台風11号と再び勢いを取り戻した太平洋高気圧の影響で,九州各地で雨,宮崎大分の一部では激しくふっています.

←各地で断続的な雨の降り方をしています




あすも,あちらこちらで雨,連休明けの火曜からは日も射しますが,あすさも続いてしまいそうです.....



台風の直接的な影響は小さい見込みだが,大気の不安定な状態はしばらく続きそう

この先の予想を見ても,あちらこちらで雨

2007年9月14日 (金)

金曜日はメルマガ,大雨注意,台風注意

ども,蒸し暑い夜で寝不足の(た)です.

南から,湿った空気の流れ込み,暑さがぶり返す程度ならいいのですが,大分宮崎の一部では雨が激しくなっていて,大分県中部と佐伯市には大雨洪水警報も出ています.

←所々強い雨



その天気,台風を含めて(ま)のメルマガです.

====================================================================
   お天気Magazine九州 2007.9.13号
====================================================================
◆台風11号、東シナ海北上へ
 13日(木)午後3時に、沖縄の南東海上で台風11号が発生しました。
 台風11号は、14日(金)には沖縄本島付近に達し、その後、東シナ海を北上
する見込みです。台風は、あまり発達しない見込みですが、場合によっては、
連休中に九州の西岸に近づくおそれもあります。
 連休は、東シナ海側で波が高く、うねりを伴うため、注意が必要です。ま
た、湿った空気の流れ込みが続き、激しい雨が降るところもある見込みです
ので、連休中は台風の進路や大雨、高波にご注意ください。

最新の台風進路などは、「お天気Web九州」
http://www.jwaq.gr.jp/
をご覧ください。

--------------------------------------------------------------------
◆再び残暑に注意を
 今週の前半、九州は大陸育ちの涼しい空気に覆われて、ずいぶんしのぎや
すくなったのですが、次第に南から蒸し暑い空気が流れ込み始めており、気
温、湿度ともに上昇傾向になっています。
 週末にかけては、さらに蒸し暑さが増し、真夏日や熱帯夜になるところが
再び多くなりそうです。
 また、来週には夏の主役、太平洋高気圧がかなり勢力を強めることが予想
され、一段と厳しい暑さになりそうです。運動会の練習などが多いシーズン
ですが、熱中症には引き続き十分にご注意ください。

-----------------------[地震のこ・と・ば]---------------------------
たいへいようつなみけいほうセンター【太平洋津波警報センター】
 今週は、インドネシア付近でマグニチュード8.2(M)という巨大地震が
発生しました。これに伴って気象庁から遠地地震に関する情報が発表されま
したが、その中に「震源は太平洋津波警報センター(PTWC)による」という一
言がありました。
 太平洋津波警報センターというのは、アメリカの海洋大気局(NOAA)の一機
関で、ハワイのオアフ島にあります。正式名称は"Pacific Tsunami Warning
Center" といいます。この名前からも「津波」が国際語であることが分かり
ます。
 ハワイにこのようなセンターがあるのは、太平洋の真ん中にあるために、
太平洋沿岸で起こった津波ならどこから来るものでも観測できるというメリ
ットがあるためです。大地震が起こると、太平洋津波警報センターから各国
に対して、津波に関する情報が発表されます。
 また、2004年にインドネシア付近で発生したM9.0の地震に伴い、イン
ド洋沿岸各国で30万人近い犠牲者が出たため、太平洋だけではなく、インド
洋に対しても、津波情報を発表するようになっています。

太平洋津波警報センター
http://www.prh.noaa.gov/pr/ptwc/

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------
 今年はすでに、4号、5号と、2つの台風が九州に上陸しましたが、台風
の際に、重宝しているページがあります。それが、九州電力の停電情報のペ
ージです。
 九電の停電情報のページは、今年リニューアルしたということで、FLASH
を用いた見やすい画面で、地図上の知りたい地区をクリックしていけば、市
区町村ごとの停電戸数や停電率、さらに復旧の見通しまでが次々と表示され
ます。
 停電になった時に状況を把握するのにももちろんとても便利ですし、私た
ち気象情報の仕事をしている者にとっては、どのへんでどれぐらい暴風によ
る被害が出ているかを知るひとつの指標になるので、とても参考になってい
るのです。
 自分の家が停電になったらホームページ自体見られないじゃないか、と思
ったら、ちゃんと携帯用ページもありますので、普段からブックマークに登
録しておけば安心ですよ。

九州電力 停電情報
http://www.kyuden.co.jp/emergency/emergency.html
携帯電話用のURLやQRコードもこちらに掲載されています。

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 せっかくの連休ですが、あいにくの天気になりそうです。
 14日(金)から17日(祝)にかけては、九州に南から湿った空気が次々と流れ
込んでくるため、全般に雨が降りやすく不安定な天気が続きそうです。
 台風11号の進路にもよりますが、激しい雨が降るところもある見込みです
ので、お気をつけください。
  (ま)
====================================================================
(財)日本気象協会九州 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================


2007年9月13日 (木)

台風11号発生!

ども,台風号数間違えて(恥)の(た)です.

ともあれ,台風発生です.


←13日18時の天気図 台風の発生は15時でした






↓13日21時発表の予測です.ううむ...


まもなく台風10号発生か?

ども,夏ばてばてばての(た)です,ふうっ.

朝晩が過ごしやすくなったのは助かりますが,やはり外回りは暑くて辛いですね〜.

ただ,九州南部は,秋雨前線や熱帯低気圧の影響であちらこちらで雨,一部は雷雨になっています.
暑くないのは良いのですが,大雨になるのは困りものです.



13日9時の天気図
その熱帯低気圧,沖縄を挟んで北西と南東に二つあります.
沖縄の北西の熱帯手気圧は遠ざかってくれるのですが,南東のものが,この先,気がかりです.

明後日には台風になる見込みですが,進路が....
↓15日9時の予想天気図

2007年9月 9日 (日)

キティちゃんも防災

ども、携帯から(た)です。

東京池袋で発見

2007年9月 6日 (木)

木曜日にメルマガ,この「夏」は記録的な暑さ?

ども,出社時,退社時に雨にたたられた(た)です.
かさを持っていなかった・・・・


←まだ,その名残の雨が九州のあちらこちらですね.








早めに,(ま)のメルマガです.

暑さも落ち着きそうですが,8月は記録的な暑さでした.
が,「この夏」となると,ちと話は変わってきます.
牛山先生のこちらも参照ください.


====================================================================
   お天気Magazine九州 2007.9.6号
====================================================================
◆やっぱり暑かった8月
 8月の天候についてのまとめが気象庁から発表されました。8月は、岐阜
県と埼玉県で日本の気温の最高記録が更新されるなど、全国的に気温が高く、
九州でも8月の平均気温が熊本市などで観測史上最高となりました。
 九州・山口で、8月の平均気温が観測史上最高となったのは、山口県萩市、
熊本市、熊本県人吉市、鹿児島県阿久根市です。また、大分市で観測史上2
位、福岡市と福岡県飯塚市、探し、長崎県佐世保市、平戸市、五島市福江、
大分県日田市で観測史上3位となりました。
 8月が暑かった原因のひとつとして、太平洋東部のペルー沖の海面水温が
低くなるラニーニャ現象が挙げられます。太平洋東部で海面水温が下がった
のとは逆に、太平洋西部のフィリピン周辺で海面水温が高くなり、上昇気流
が活発に起こりました。それが、日本付近の太平洋高気圧を強化し、連日の
晴天と猛暑をもたらしたものと見られます。

気象庁「8月の天候」
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/stat/tenko0708.pdf

--------------------------------------------------------------------
◆梅雨の時期が確定
 気象庁から、今年の梅雨の時期の再検討結果が今週、発表されました。
 梅雨入り、梅雨明けの日については、その日にいったん各地の気象台から
発表されますが、最終的には9月の初めに、夏全体の天候を見直した上で、
再検討を行い、確定日を改めて発表しています。
 今回、発表されたものによると、九州については、当初の発表と変更はな
く、九州南部は梅雨入り6月1日、梅雨明け7月18日、また九州北部は、梅
雨入り6月13日、梅雨明け7月23日となりました。
 一方、関東甲信や東北北部の梅雨入りは当初の発表より8日遅くなったほ
か、東北北部の梅雨明けも当初発表より10日遅くなるなど、大幅な見直しに
なったところもありました。

気象庁「平成19年の梅雨入り・明けと梅雨時期の特徴について」
http://www.jma.go.jp/jma/press/0709/03a/tsuyu2007.pdf

-----------------------[地震のこ・と・ば]---------------------------
ぼうさいのひ【防災の日】
 防災の日は、1923年9月1日に起こった関東大震災にちなんで、9月1日
と決められました。
 しかし、防災の日が制定されたきっかけは、関東大震災ではなく、1959年
に日本に襲来し、大規模な高潮などによって5000名を超える犠牲者を出した
伊勢湾台風でした。
 これをきっかけにして、関東大震災が発生した日でもあり、また台風の襲
来が多いとされる暦の上の「二百十日」が9月1日ごろに当たることから、
台風の翌年1960年から9月1日が「防災の日」となりました。 
 関東大震災の後、9月1日は関東大震災の慰霊祭が行われていたそうです
が、「防災の日」となってからは、防災訓練が全国各地で行われ、災害への
備えを新たにする日となりました。

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------
 「エネルギー永続地帯」という言葉が、少し前の新聞に載っていました。
聞きなれない言葉ですが、エネルギーが永遠に続く、つまり他から石油など
のエネルギーを持ってこなくても、そこにある自然エネルギーでずっと暮ら
していける地域のことを表す言葉だそうです。
 千葉大学公共研究センターなどの試算によると、使用する電力のうち、20
%以上を地元の自然エネルギーでまかなっているのは、大分、秋田、富山、
岩手の4県。大分県はもっとも多く30%を超えており、全国第1位だそうで
す。大分県が1位なのは、地熱発電によるものが大きいとのことです。
 さらに市町村別に調べた結果を見ると、福島県柳津町に次いで、大分県九
重町が全国第2位。これはやはり、地熱発電所が九重町にあるおかげで、九
重町は、町で消費する電力に対して3123%、つまり約30倍もの電力を自然エ
ネルギーから生み出しているそうです。
 普段あまり注目されることのない地熱発電ですが、そのエネルギーの意外
な大きさに驚かされる結果でありました。

「エネルギー永続地帯」試算結果の公表について
http://www.isep.or.jp/press/070709SustainableArea.pdf
九州電力 八丁原地熱発電所
http://www1.kyuden.co.jp/effort_geothermal_t_hattyoubaru

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 今週末から、朝晩は少し涼しい日が多くなりそうです。
 天気は、来週にかけて、やや雲が多い日がある程度で、全般には晴れる日
が多くなりそうです。
 日中は、日差しを受けてまだ真夏日になるところが多いですが、夜は熱帯
夜になるところは少なくなり、少しだけ秋の気配も感じられそうです。
  (ま)
====================================================================
(財)日本気象協会九州 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================