« ひまわりプロジェクト2007 | メイン | 環境月間 »

2007年6月15日 (金)

金曜日はメルマガ

出勤に傘の手放せない(た)です.

九州北部は傘が手放せない程度ですが,南部の一部では大雨洪水警報が発表されています.

←激しい雨を降らせる雲もあります

しばらく,雨の降り方に要警戒!



====================================================================
   お天気Magazine九州 2007.6.14号
====================================================================
◆九州北部ようやく梅雨入り
 今週13日(水)に九州北部と四国が、次いで14日(木)には中国、近畿、東海、
関東甲信が、梅雨に入りました。九州北部では、平年より8日遅く、21年ぶ
りの遅さの梅雨の始まりとなりました。
 九州北部では、春以降、広い範囲で雨の少ない状態が続いており、すでに
一部の地域には渇水対策本部が設置されるなどしています。
 梅雨に入りましたので、今後、ある程度まとまった量の雨が期待できます
が、すでにダムの貯水量がかなり少なくなっているところもあり、今後の雨
の状況に注意が必要です。

気象庁 九州北部の梅雨入りに関する情報
http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/109_20070613110019.html

--------------------------------------------------------------------
◆ラニーニャ現象始まる
 今週11日(月)に、気象庁から「エルニーニョ監視速報」が発表されました。
 それによると、赤道太平洋東部の海面水温は低下を続けており、ラニーニ
ャ現象の特徴がより顕著になってきているます。このため、気象庁は「現在、
ラニーニャ現象が発生しているとみられ、秋まで続く可能性が高い」という
見通しを示しています。
 今回のラニーニャによる世界の天候への影響は、まだはっきりとしたもの
は現れていませんが、今後の夏の天候などにどう影響するのか、とても注目
されます。

気象庁「エルニーニョ監視速報」
http://www.jma.go.jp/jma/press/0706/11a/c_kanshi_joho.pdf

-----------------------[地震のこ・と・ば]---------------------------
ゆうかんじしん【有感地震】
 体で感じられた地震のことを「有感地震」といいます。
 現在、震度計で地震の揺れの強さを観測していますが、体で感じられる程
度の揺れなら震度1、体では感じられないほどのわずかな揺れであれば震度
0としています。ですから、どこかの震度計で震度1以上が観測されれば、
その地震は「有感地震」ということになります。
 ただ、震度計がかなり増設され、密な観測がされるようになってきたもの
の、先日、別府で連続して起こった地震のように町の直下の浅いところで地
震が起こったような場合には、その周辺のごく狭い範囲だけで地震が感じら
れ、震度計に引っかからないこともあります。このような場合には、本当は
有感地震といえるのですが、観測上は有感地震ではなかったということにな
ってしまいます。

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------
 今週、気象庁がラニーニャ現象が発生したとみられる、と発表したことを
受けて、テレビや新聞で「この夏は猛暑、渇水のおそれ」のようなことが多
く報じられました。テレビで、それについて解説をしている気象予報士も見
ましたが、どこか歯切れの悪い説明に感じられました。それもそのはず、現
時点ではこれから夏の天候を説明するのはなかなか難しいのです。
 なぜなら、ことしの梅雨入りが遅れたのは、太平洋高気圧の勢力が弱かっ
たためなのに、ラニーニャ現象で夏が暑くなるというは、太平洋高気圧が平
年より強くなることが前提で、少し矛盾してしまうからです。
 たしかに、過去の統計を見ると、ラニーニャの年の夏は、平年より暑い年
が多いのですが、だとしたら、今後、どのタイミングで太平洋高気圧が平年
より強くなり、それによって梅雨前線はどのような動きをするのか。それに
よって、梅雨の時期の雨量も大きく異なってきてしまいます。
 ラニーニャの年の梅雨は、大雨が多いというような話もありますし、今後
の天候から目が離せません。

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 週末までは梅雨空ですが、来週は晴れ間の多い日もある見込みです。
 これから週末にかけては、梅雨前線が九州付近に停滞。雨が降ったりやん
だりの天気で、ところによっては激しい雨が降るおそれもあります。
 ところが来週は、梅雨前線の活動が弱まるため、雨はまた少なくなり、晴
れ間が出る日も多くなりそう。気温が上がり、また湿度も高いため、来週は
かなり蒸し暑い日もありそうです。
  (ま)
====================================================================
(財)日本気象協会九州 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/393724/18042270

金曜日はメルマガを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿