« 2007年5月 | メイン | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月 9日 (土)

ラブアース、海岸清掃はあす10

ども、携帯から(た)です。

図書館帰りにみつけました。

あすは8時半集合なんです。

その後はソフトボール大会!

2007年6月 8日 (金)

金曜日はメルマガ

ども,別府の在住の姉一家がちと気がかり,の(た)です.

別府の地震,少々被害も出ているのですが,エネルギーが小出しになっている分だけ,マシかもしれません.
ともあれ,地震がきたら,自身の身を護ってくださいね!


====================================================================
   お天気Magazine九州 2007.6.7号
====================================================================
◆別府市付近震源の地震相次ぐ
 6日(水)夜遅くから、大分県の別府市付近を震源とする地震が相次いで発
生しています。このうち、6日午後11時42分ごろと、7日午後5時22分ごろ
の地震で、別府市などで震度4を観測しました。また、このほかに最大震度
3の地震が、7日午後6時までに5回発生しています。
 今後、さらに大きな地震につながるおそれは小さいものと見られますが、
まだもうしばらく地震が続くことが予想されるため、注意が必要です。

福岡管区気象台「6月6日の大分県中部(別府市付近)の地震について」
第1号
http://www.fukuoka-jma.go.jp/cgi-bin/fukuoka/jikazan/emr2/J20070606000075101001000706070133.pdf
第2号
http://www.fukuoka-jma.go.jp/cgi-bin/fukuoka/jikazan/emr2/J20070606000075101002000706070230.pdf
第3号
http://www.fukuoka-jma.go.jp/cgi-bin/fukuoka/jikazan/emr2/J20070607000075102003000706071842.pdf
大分合同新聞「県内有感地震18回 今後も注意が必要」
http://kiji.i-bunbun.com/read/read.cgi?1181142000=118118993317922=2

--------------------------------------------------------------------
◆九州南部は梅雨入り
 先週末に梅雨前線が九州南岸付近まで北上したため、九州南部が1日(金)
に梅雨入りしました。平年より3日早く、昨年より6日早い梅雨入りとなり
ました。
 ただ、今週に入ってからは梅雨前線は南西諸島付近まで南下し、九州は青
空が広がる日が多くなっているため、九州北部は梅雨入りできない状態が続
いています。
 今のところ、来週後半に梅雨前線が九州付近まで北上し、このタイミング
で九州北部も梅雨に入ることが予想されます。

 なお、今週、九州北部には少雨に関する情報が発表されました。九州北部
は3月ごろから雨の少ない状態が続いており、渇水対策本部が設置される市
町村なども出てきています。まだ、もうしばらくは雨の少ない状態が続くた
め、農作物の管理などに注意が必要です。

南日本新聞「九州南部梅雨入り」
http://373news.com/modules/pickup/article.php?storyid=4739

-----------------------[地震のこ・と・ば]---------------------------
ぐんぱつじしん【群発地震】
 飛びぬけて大きな地震が起こるわけでなく、同じような規模の地震が長期
間にわたって起こるのを群発地震と呼びます。火山活動が活発な地域で発生
することが多く、伊豆半島などで見られることがあります。
 別府で、6日から突然、地震が相次いで起こり始めましたが、別府では時
々、数日間にわたって地震活動が活発化し、地震が続くことがあります。地
震が続くのが数日間程度ですので、群発地震と呼ぶにはかなり短い期間であ
るといえます。
 ただ、よく別府で相次いで起こる地震が震度1から2程度であるのに対し
て、今回は震度3から4の地震が続いており、石垣が崩れるなどの被害も発
生しています。地震の発生は、もうしばらく続くことが予想され、注意をす
る必要があります。

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------
 九州は、南部が1日に梅雨入りしました。九州北部も、熊本県や大分県を
中心に雨が降ったのですが、梅雨入りの発表は見送りとなりました。
 梅雨に入ったからって急に天気が変わるわけではないのですが、やはりい
つ梅雨に入るかということは皆さん、関心があるようでよく尋ねられます。
そこで、いつ梅雨に入るか、予報の資料を見て予想をするわけですが、梅雨
入りを発表するかどうか判断するのは気象台の方。ですから、気象台の方が
梅雨入りさせるつもりがあるかどうかを読むというのも、梅雨入りの時期を
予想する上で大切であったりもします。
 先週末の場合、気象台が発表していた九州北部の週間天気予報を見ると、
週末からずーっと曇りや雨の予報で、晴れマークはまったくなし。こんな週
間予報を出すところを見ると、梅雨に入れるつもりなんだろうなーと思って
いたのですが、ふたを開けてみれば梅雨入りは見送り。どうも福岡県などで
雨がほとんど降らなかったのが見送りの理由のようです。(結果的には、今
週の青空を考えれば、梅雨入りしなくてよかったのですが)
 次は、来週に梅雨入りのチャンスがやってきます。天気とともに、気象台
の方の心理も読んで、梅雨入りを予想しなければなりません。

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 まだしばらくは晴れ間の多い日が続きそうです。
 8日(金)から9日(土)にかけては、上空に寒気が流れ込み、大気の状態が
不安定になるため、晴れ間は多いものの、所々で雷を伴ったにわか雨。10日
(日)から13日(水)ごろにかけては、晴れて暑い日が多くなりそう。そして、
やっとぐずついた天気になるのは、14日(木)ごろからとなりそうです。
  (ま)
====================================================================
(財)日本気象協会九州 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================

2007年6月 7日 (木)

緊急地震速報の認知度に関するアンケート調査(第1回)の結果です

ども,(た)です.

緊急地震速報の認知度に関するアンケート結果が出ています.

気象庁のこちら


ううむ,3割が認知,ですか....

大事な情報ですから,みなさんに知っておいて欲しいですね.


ともあれ,ぐらっときたら(来るのがわかったら)     

我が身を護る!


 

2007年6月 6日 (水)

九州北部は少雨!

ども,(た)です.
携帯にメールが飛び込んできました.

なになに,
「少雨に関する九州北部地方(山口県を含む)気象情報」

平年の梅雨入り(九州北部は6月5日)をすぎても,梅雨の気配がないなぁと思っていたら,水不足の方の心配が出てきたわけです.

ともあれ,福岡の水瓶,江川ダムは6月6日0時現在,ほぼ満水状態とのことですが,この先続くと心配です.

お客様に長期雨量予測のご提案をせねば...


少雨に関する情報は,気象庁のこちら
江川ダムの最新の貯水情報はこちら

桜島噴火で灰が降る!上空の風予測活躍!?

ども,出張で鹿児島が多い(た)です.
ここ1週間ほどはいってませんが,どうやら桜島の灰が凄いようですね.
南日本新聞社鹿児島県内ニュースの気象の火山ページ

洗濯を始め,日常生活に影響が出ているとのことです.

鹿児島地方気象台では,一般的な天気予報に加えて,この桜島上空の実況と予想を発表しています.
たとえば,本日6日5時の天気予報には
桜島上空およそ1500メートルの風 6日09時    北東の風1メートル 6日21時の予想 北の風1メートル
という項目が追加されているわけです.

さすが,鹿児島!というところですね.

ちなみに,南日本新聞紙面の気象情報欄には桜島の予想風向風速が矢印で記載されています.

※気象台の発表に加え,オリジナルの予測も追加しているのが特徴です.
はい,(ま)と(た)がお手伝いしております

2007年6月 1日 (金)

金曜日はメルマガ,九州南部入梅!

ども,ちょっと長期不在だった(た)です.

本日1日,吸収南部地方が入梅,北部地方も...?

そのへんもあわせて(ま)のメルマガで.

====================================================================
   お天気Magazine九州 2007.5.31号
====================================================================
◆奄美地方、遅い梅雨入り
 鹿児島県の奄美地方が26日(土)に梅雨入りしました。
 奄美地方は梅雨入りの平年日が5月10日ですから、それに比べて16日も遅
く、昨年と比べてもやはり15日も遅い梅雨入りとなりました。また、梅雨の
期間の統計がある1951年以降で見ても、もっとも遅い梅雨入りでした。
 5月は梅雨前線の活動が不活発であったため、梅雨入りが遅れた奄美地方
と同様に、梅雨に入っていた沖縄地方も、平年と比べて雨量がたいへん少な
くなりました。
 なお、九州の梅雨入りの平年日は南部が5月29日ですでに過ぎており、ま
た北部は6月5日となっています。九州は今週末から曇りや雨の日が多くな
ると予想され、九州も梅雨入りが近そうです。

南日本新聞「奄美地方梅雨入り 観測史上最も遅く」
http://373news.com/modules/pickup/article.php?storyid=4627

--------------------------------------------------------------------
◆大分、宮崎で「猛暑日」
 27日(日)は、強い日差しに、九州東部ではフェーン現象が加わり、5月と
しては記録的な暑さとなったところがありました。特に、大分県豊後大野市
犬飼では36.1度、宮崎県の宮崎空港では35.4度まで上がりました。気象庁で
は、今年から用語の変更を行い、新たに最高気温が35度以上の日を「猛暑日」
と呼ぶようになりましたが、今年全国で初めてこれらの地点が35度を超え、
初めての「猛暑日」ということになりました。
 また、この日は福岡市などで今年初めての真夏日となるなど、そのほかの
地域でも気温が高く、北九州市では光化学スモッグが発生しました。このた
め、北九州市内の学校では運動会が延期になるなどの影響が出ました。

大分合同新聞「たまらん5月の熱波 大分市で32.7度 5カ所、最高を更新」
http://kiji.i-bunbun.com/read/read.cgi?1180278000=118031584313126=1

-----------------------[地震のこ・と・ば]---------------------------
だんそうけい【断層系】
 位置が近くて、似たような性質を持ち、場合によっては同時に地震を起こ
す可能性があるような複数の活断層をまとめて、「断層系」と呼ぶことがあ
ります。
 福岡都市圏には、以前から警固断層があることが知られていましたが、2
年前の福岡県西方沖地震が起こったことによって、警固断層の延長線上に当
たる玄界灘の海底にも活断層があることが分かりました。
 これらの活断層は、位置的には隣接していて、地震を起こした場合のずれ
の方向も似ていると見られ、また遠い将来には、同時に活動をする可能性も
あると見られます。このために、これらの活断層をまとめて「警固断層系」
と呼ばれるようになりました。

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------
 今週、緊急地震速報をメールで携帯電話に送信するためのシステムを、携
帯電話大手3社が開発するというニュースがありました。
 現在でも、もちろんメールで携帯電話に通知をすることは可能なのですが、
少々時間がかかってそれでは速報として間に合わない可能性があることや、
同時に大量のメールが発信された場合には、それによる遅延が発生すること
があります。
 記事によると、携帯電話会社が、地震がくると予想される地域の携帯電話
に対して一気にメールを送るシステムを開発するとのことです。また、受信
側は、緊急地震速報受信機能を備えた端末を持つことが必要で、今年中にも
発売が始まるとのことです。
 今年9月を目処に緊急地震速報が放送などでも流れるようになる予定とな
っていますが、このような携帯端末が普及した場合には、屋外にいても速報
を知ることが広く可能になります。地震が来る前に、みんなの携帯が一斉に
鳴るとどうなるのかちょっと心配な面もあるにはあるのですが、世界的にも
例がないこのようなシステムは、注目を集めそうです。

西日本新聞「緊急地震速報、携帯に配信 大手3社、年末から順次」
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/economics/20070530/20070530_016.shtml

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 いよいよ雨の季節がやってきそうです。
 6月1日(金)は次第に雲が広がり、夜は雨のところも。2日(土)から3日
(日)にかけては、九州南部を中心に雨。このタイミングで梅雨に入る可能性
もあります。来週は初めに晴れ間が出る日がありますが、全般には曇りや雨
の日が多くなりそうです。
  (ま)
====================================================================
(財)日本気象協会九州 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================