« 2007年1月 | メイン | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月28日 (水)

半月早い霜注意報!

ども,連日外回り,天気がいいとうれしい(た)です.

「一月はいく」「二月はにげる」といわれるとおり,毎日がめまぐるしく進んでいるのですが,あしたはいよいよ三月ですね.
「三月はさる」ですから,バタつかぬように対処せねば...

で,あすから三月ですが,本日28日,福岡管区気象台は福岡県地方に霜注意報を発表しました.
「冬に霜はあたりまえやろもん?」
という意見もありますが,気象台では下記のような基準で霜注意報を出しています.

11月20日までの早霜,3月15日以降の遅霜 3℃

つまり農作物に影響を及ぼすような秋口と春先の霜に対して注意を促す意味があります.

で遅霜の季節は,本来は3月15日以降なのですが,今年は暖冬の影響で農作物の生長が早いため,霜注意報も早めとなったわけです.


ともあれ,農作物,お庭の植物にはご注意くださいね.


2007年2月23日 (金)

金曜日はメルマガ(今回ははやいぞ!)

ども,23日も一日お客様まわりの(た)です.
で,この時間のアップです(笑)

====================================================================
   お天気Magazine九州 2007.2.22号
====================================================================
◆スギ花粉最盛期
 スギ花粉の飛散が最盛期を迎えており、今週、九州の各地でかなり多くの
スギ花粉が観測されています。
 花粉は、晴れて暖かい日に多く飛散しますが、このところ季節はずれとも
いえるほどの暖かさが続いているため、スギ花粉が一気に飛散しているもの
と見られます。
 スギ花粉は、もうしばらく飛散がかなり多い状態が続いた後、3月に入れ
ば、ピークは過ぎるものと見られます。しかし、3月に入れば、スギと入れ
替わるように、ヒノキ科の花粉の飛散が始まることが予想されます。
 花粉症の方はまだまだ十分な注意が必要です。また、花粉症でない方も、
ある日突然、花粉症になることは十分にありますので、お気をつけください。

日本気象協会tenki.jpの花粉情報
http://www.tenki.jp/kfn/index.html

--------------------------------------------------------------------
◆注意報・警報の発表区域が変わります
 3月1日(木)の午後1時から、注意報・警報の発表区域が一部変更されま
す。注意報・警報の発表区域は「細分区域」という名前で呼ばれ、県内を大
きく分け、天気予報でも用いられている一次細分区域と、さらにそれを細か
く分けて主に注意報・警報を地域を絞って発表する時に用いられている二次
細分区域があります。
 これまでに行われた市町村合併によって、一つの市が二つの細分区域にま
たがってしまっていたところなどを対象に、今回は主に二次細分について変
更が行われます。概要は以下の通りです。

[山口県]
一次細分の「東部」は、合併によって広がった岩国市全域を含むようになり、
二次細分の「岩国」と「柳井・光」に分割。「中部」の「周南・北玖珂」は
「周南・下松」に。一次細分の「西部」は二次細分の「下関」と「宇部・山
陽小野田」に分割。

[大分県]
「西部」の「竹田」は「竹田市」に名称変更。一次細分の「南部」は、二次
細分の「豊後大野市」と「佐伯市」に分割。あわせて、現在「南部」の津久
見市は、「中部」に移る。

[宮崎県]
北川町が、一次細分の「北部山沿い」から「北部平野部」に移る。あわせて
二次細分の「高千穂・北川地区」が「高千穂地区」に名称変更。

福岡管区気象台「気象警報等の発表対象区域の変更について」
http://www.fukuoka-jma.go.jp/fukuoka/gyomu/osirase/houdouhappyousiryou_fukuoka181215.pdf

-----------------------[天気のこ・と・ば]---------------------------
どしゃさいがいけいかいじょうほう【土砂災害警戒情報】
 土砂災害警戒情報とは、大雨警報が発表されている中で、特に山崩れ・が
け崩れ、地すべりといった土砂災害が起こる危険性が高い地域に対して発表
される情報です。
 これまでの大雨警報は、気象台が発表し、一つの県をいくつかに分けたエ
リアを対象にして発表されていました。それに対し、土砂災害警戒情報は、
各都道府県の砂防担当の部局と各地の気象台が共同で発表をします。また、
発表の内容も、市町村を指定して発表し、住民の避難などに直接役立てられ
ることを目的としています。
 平成19年度末までを目標に、準備が整った県から順次、発表が開始されて
おり、現在、九州では長崎県、宮崎県、鹿児島県で発表が行われています。
そして、3月1日(木)からは、福岡県と大分県でも、発表が開始されること
になりました。
 今年の大雨シーズンあたりには、土砂災害警戒情報という言葉を聞くこと
も多くなるかもしれません。土砂災害警戒情報が発表されたら、すぐにでも
災害が起こるおそれがあると考える必要があります。

気象庁「福岡県及び大分県における土砂災害警戒情報の提供開始について」
http://www.jma.go.jp/jma/press/0702/15a/dosha_fukuoka_oita.htm

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------
 「ヒフンチ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 夏の暑さから
逃れるの場所が「避暑地」だから、春の花粉から逃れるのは「避粉地」なの
です。
 今年、避粉地として売り出そうと、福岡都市圏からモニターを招くのが、
長崎県平戸市大島村。ここは、長崎県の平戸島のさらにその北側に浮かぶ的
山大島(あづちおおしま)という島で、島にスギやヒノキが少ないため、花粉
症に悩む25人のモニターを今月23日から25日までの2泊3日で、島に招き、
島の観光や味覚を楽しんだ後、医師が問診をして花粉症の症状を確認。避粉
地としての効果が科学的に確認されたら、避粉地としてPRをするそうです。
 花粉が飛んでこないという条件を満たすには、やはり島がよいようで、鹿
児島県の奄美市のホームページを見ると、市の施政方針の中に「花粉症避粉
地としてのPRに努める」とまで記されています。試しに検索サイトで「避
粉地」で検索してみると、奄美や沖縄へのツアーがたくさんひっかかります。
 もちろん、花粉シーズンの間ずっと避粉地に滞在となると、それなりに費
用はかかりますが、今週のように花粉の飛散が多くては、逃げたくなる気持
ちもわかります。

西日本新聞「求む花粉症に悩む方"避粉地"モニター 平戸・大島村が募集」
http://www.nishinippon.co.jp/travel/hometown/20070209/20070209_003.shtml
奄美市の施政方針
http://www.city.amami.lg.jp/amami02/amami07.asp

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 週末は寒気が流れ込んで気温が下がりますが、それでも平年より高い気温。
来週はまたポカポカ陽気の日が多くなりそうです。
 天気は、23日(金)は朝までに雨はやんで、回復。24日(土)は晴れ間が多い
ですが、25日(日)は再び雲が多くなり、九州南部を中心に雨が降るところが
ある見込みです。
  (ま)
====================================================================
(財)日本気象協会九州 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================

2007年2月22日 (木)

暑い夏になりそう!

ども,おき傘でラッキーの(た)です.

さて,きょう2月の22日,気象台からこの夏の見通し「暖候期予報」が発表されました.

九州北部地方・南部地方とも,平年並みの暑さよりも気温高くなる可能性が50%(普通は30%),簡単に言うと「(平年よりも)暑い夏」になることが予想されています.

この冬から続いている暖冬傾向はこの春先も続きますが,その原因の一つであるエルニーニョ現象は徐々におさまる傾向で,心配されていた夏らしくない夏(つまり冷夏)の可能性は小さいようです.

このあたり,気象庁ではとても丁寧な情報を公開しています.興味のある方は,気象庁HPのこちらをどうぞ.

さ,あしたのお客様には,こちらのページをもっていこう!


2007年2月19日 (月)

がんばれニッポン!ノルディック世界選手権札幌大会

ども,スキーは23年前に一度だけの(た)です.

友達にいきなりてっぺんまでつれて行かれたときは,正直怖かった

さて,九州の私たちには,少しなじみが薄いかもしれませんが,北海道札幌ではノルディック世界選手権札幌大会が開催されます.

この公式ページがこちらです.
http://www.sapporo2007.com/jp/index.html
     (↑今回のためのurlなんでしょうね!)

で,私たちの北海道の「チーム・ノルディック」メンバーが予測を提供しています.
左上の「気象情報」をクリックすると,英語の気象解説が!

みなさんもどうぞインターナショナルな気象情報をご堪能ください(笑).


今回の紹介記事はこちら
北海道のお天気ならお天気web北海道


追.もうずいぶん昔になってしまってますが,長野オリンピックでは,我が社の予測をご利用いただきました.特にジャンプ競技では,苦労して出した雪の切れ間の判断が,日本選手の活躍にお役に立てたのではないかと,ひそかに自負しております.
あ,お天気の手嶋さんも当時長野入りして予測をしてたのです!


東京マラソンとAED

ども,走るのは野球の時と電車に遅れそうなときだけの(た)です.

昨日18日の東京マラソン,3万人のランナーだったそうですが,朝刊をみると,心配停止の方お二人がAEDにより一命をとりとめたとの記事がありました.
そのうちおひとりの方は救急隊員の方に,もう1人の方は参加者の方のAEDによる措置を受けたとのことでした.

AEDという凄い器械とそれを扱う人(気持ち)の両方がそろった例なのかもしれません.

詳しくは読売新聞のこちら


この記事を書くために,ネットで「東京マラソン AED」で検索したところ,とても多くのヒットがありました.企業の協賛やボランティア隊など,多くの方々の支援があったようです.


もうすこし詳しく記事を探してみることにしよう...


2007年2月17日 (土)

土(金)曜日はメルマガ

遅くなりました(ま)のメルマガです.

====================================================================
   お天気Magazine九州 2007.2.15号
====================================================================
◆春一番!
 今週13日(火)夜から14日(水)朝にかけて、九州各地で強い南風が吹き、気
象台から九州北部、九州南部などで春一番が吹いた、と発表されました。
 この日は、低気圧が朝鮮半島南部付近から日本海へと、急速に発達しなが
ら進み、それに向かって南から暖かい空気がどっと流れ込んできました。最
大瞬間風速は、長崎県対馬市厳原で南の風28.7m/s、福岡市で南南東の風22.5
m/sなどを観測しました。また、この強い風に伴い、九州北部の沿岸部で一時、
暴風警報が発表されました。
 春一番は、あまりはっきりしないことも多く、年によっては吹かないこと
もあるのですが、今年はたいへんはっきりとした春一番であったといえます。

佐賀新聞「県内で春一番 4月上旬の暖かさ」
http://www.saga-s.co.jp/view.php?pageId=1036&blockId=333528&newsMode=article
熊本日日新聞「春一番 八代で足場倒壊 交通に乱れも」
http://kumanichi.com/news/local/index.cfm?id=20070214200016&cid=main
宮崎日日新聞「全域に春一番 3年ぶり観測」
http://www.the-miyanichi.co.jp/domestic/index.php?typekbn=1&top_press_no=200702140111

--------------------------------------------------------------------
◆スギ花粉の飛散が急増
 九州では、先週あたりからスギ花粉の飛散が始まりましたが、今週は早く
も飛散数が急に増えており、スギ花粉の飛散のピークに差し掛かっている模
様です。
 今春のスギ・ヒノキ科の花粉飛散数は、例年並みか例年よりやや少ないと
ころが多いと予想していますが、それでもやはりピークの時期にはかなり多
くの花粉が飛散します。
 例年、スギ花粉は2月下旬から3月初め頃に飛散のピークを迎えることが
多いのですが、今年は、このところの暖かさのせいか、ピークが少し早くや
ってきているようです。
 しばらく、晴れた日には、かなり多くのスギ花粉が飛散することが予想さ
れますので、花粉症の方は十分ご注意ください。 

気象協会の花粉情報は、こちら
http://www.tenki.jp/kfn/index.html
をご覧ください。

-----------------------[天気のこ・と・ば]---------------------------
はるいちばん【春一番】
 春一番は、春になって初めて吹く強い南風のこと。具体的な基準は、各地
方ごとに決められており、地方によっても若干異なっています。
 九州北部の場合、
 �立春から春分の間
 �低気圧が九州の北を通り、日本海へ進む
 �前日よりも気温が上昇する
 �南よりの風で、風速7メートル程度以上
の4つが条件。一方、九州南部では
 �立春から春分の間
 �九州南部の北を低気圧が通過する
 �南よりの風で、風速6メートル程度以上
の3つを条件としています。
 �の「立春から春分」というのは、全国共通の条件です。ですから、その
期間に吹かなければ春一番は「なし」となります。吹かない年もけっこうあ
って、今年、春一番が吹いたのは、九州北部では2年ぶり、九州南部では3
年ぶりのことでした。

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------
 二酸化炭素を回収できれば賞金30億円!−−こんなニュースを見つけまし
た。これは、航空会社などを持つイギリスのヴァージン・グループのリチャ
ード・ブランソン会長と、アメリカのアル・ゴア前副大統領が、9日にロン
ドンで記者会見して発表したもの。
 大気中の二酸化炭素を年間10億トン以上回収する方法を発明できたら2500
万ドル(約30億円)がもらえるというもので、募集期間は今後5年間だという
ことです。
 たしかに、これまで温暖化防止のために「いかに二酸化炭素を出さないか」
ということを世界中の人が考えてきたのですが、大気中の二酸化炭素を集め
ることができれば、問題は一挙解決しそうではありませんか。
 ただ、二酸化炭素が増えているとはいっても、二酸化炭素は大気の約0.03
%。それを、大気の中から分別して集めるというのは、やはりなかなか難し
そう。それに、10億トンとは、いったいどれぐらいの量なのか、想像もつき
ません。
 まぁ、何はともあれ賞金30億円です。5年後に、世界からどんな画期的な
研究成果が出てくるのかが、楽しみではあります。

読売新聞「温室効果ガス回収方法の発明者に懸賞30億円」
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20070209i314.htm?from=main3

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 週末はあいにくの天気になりそうです。
 16日(金)は、気圧の谷の接近に伴い、次第に雲が広がり、夜は九州南部で
雨。17日(土)は、九州付近を低気圧が通過するため、まとまった雨が降り、
風も少し強まりそうです。そして、18日(日)も雨が降るところがあり、すっ
きりしない天気が続く見込みです。
 気温は平年より高く、スギ花粉が飛散しやすい日が多くなりそうです。
  (ま)
====================================================================
(財)日本気象協会九州 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================

2007年2月15日 (木)

快晴の桜島

ども、携帯から(た)です。

桜島はいつ見てもいい!

春一番は寒くなる!

ども,バレンタインデー,娘のトリュフが一番おいしかった(た)です.

さて,大荒れのバレンタインデーとなり,福岡管区気象台は14日,春一番を発表しました.
この春一番,聞こえはやわらかいのですが災害に直結しかねない,注意すべきものです.
さらに,春一番のあとは,ほぼ確実に寒くなるのが特徴です.
今回のそのパタンです.体感はもちろんとして,数字を少し.
14日の最高気温  17.3℃(4時11分)
14日の最低気温  6.5℃ (23時40分)
つまり,きょうは朝からずうっと気温が下がりつづけたわけです.
で,明日15日は
    最低気温 5度
    最高気温10度
の予想となっています.

インフルエンザも流行っています.
お天気の手嶋さんもかかりました!おい,我が家には受験生がいるからうつすなよ!
体調管理にご注意です.

春一番については気象庁のこんにちは!気象庁です! 平成15年2月号を参考ください.

2007年2月13日 (火)

九州北部に暴風警報!交通機関要警戒!

ども,本日早めの帰宅の(た)です.

が,携帯に福岡市の暴風警報メールが!
(福岡市のメールはこちらで)
このほか山口県や長崎県などでも暴風警報が出始めています.

福岡市では,20時23分に最大瞬間風速,南南東の風14.4メートルを記録していますが,このあとさらに強く吹く恐れがあります.
最大風速20メートルが予想されていますから,最大瞬間風速としては30メートルを越えることも考えられます.

この時期の強い南風といえば,1998年3月19日南南東の風31.1メートルという記録があり,このときにはJR筑肥線で脱線事故がおきています.

このような強風が吹く恐れがあります,海上はもちろんのこと,陸上の交通機関にも十分な警戒が必要です.


バレンタインは春一番!?要警戒!

ども,お天気と一緒でのんびり穏やかな(た)です.
と言いたいのですが,週明けはばたばたですね.

お天気の方も,今夜は一転,大荒れのおそれがあります.

気象台は早くも情報を出して注意を呼びかけています.
九州北部地方の情報


春一番,っていうと穏やかなイメージ(キャンディーズのヒット曲,ってわかるかなぁ..「南海」はついてません,念のため)ですが,もともとは壱岐の漁師さんたちの恐れる春の嵐のことです.
壱岐市観光ページより


タイトルはちょっと甘めにしたのですが,悪くすると大荒れです,ご注意です.


↓2月14日09時の予想天気図 寒冷前線通過前に南風,通過後に北風がいずれも強く,また前線通過時を中心に雷をともなった強い雨の降るパタンです