« 2006年12月 | メイン | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月31日 (水)

「大雪」予報はずれ市民の抗議殺到,って!?

ども,30日の西日本新聞をみて,一瞬めまいのした(た)です.

「大雪」予報はずれ市民の抗議殺到

なんだ,この見出しは!とよく見ると中見出しが
韓国気象庁レジャーや輸出に打撃
おお,お隣韓国のお話か....

この前の週末は,こちら九州でもかなりの雪が予想されていました.結局一部だけですみ,ほっとしていたのですけれど,この記事にはかなり驚かされました.

でも,この記事の中の韓国気象庁のコメントがさすがでした.
...予報官にとっては,好天を予報し荒天になった場合に生じる事故の危険と非難の大きさを考えると....
そうですね,気象災害を防ぐことが第一,空振りを恐れて重大な事象を見逃しては,結果的に大きな被害となってしまいます.

私たちも心して情報をお渡しせねば...


折しも,九州地方は北部中心に大雪の恐れがあります.福岡管区気象台は早速大雪に関しての情報を発表しています.


皆様も,大雪に対しての備えを怠りませぬよう...

2007年1月26日 (金)

金曜日はメルマガ

本日長崎出張だった(た)です.
長崎でも,時折強い風や雨だったのですが,北部九州,一時期暴風警報が出るほどの大荒れのお天気でした.
今は落ち着いてますがあすの午後にはまた.....

ともあれ,(ま)のメルマガをどうぞ.
====================================================================
   お天気Magazine九州 2007.1.25号
====================================================================
◆週末は久しぶりの寒さに
 なかなか寒さがやってこない今年の冬ですが、今週末から来週にかけて、
久しぶりに寒くなりそうです。ことしこれまでの寒さは一時的で長く続かな
かったのですが、今度の寒さは、何度か繰り返し寒気が流れ込んでくるため、
寒さがやや長く続き、特に今週末と来週後半が、風も強まり、山沿いでは雪
が積もるところもありそうです。
 この冬は暖かいためか、今のところ、全国的にもインフルエンザの流行は
見られないそうですが、これからの寒さでインフルエンザが流行り始めるこ
とも考えられます。受験シーズンでもありますので、これからの寒さにも十
分に注意をしたいものです。

国立感染症研究所 感染症情報センター
http://idsc.nih.go.jp/disease/influenza/inf-keiho/index.html
(最新のインフルエンザ流行マップを見ることができます)

--------------------------------------------------------------------
◆花粉シーズン間近
 春の花粉シーズンが近づいてきました。春にはスギ花粉が2月上旬ごろか
ら飛散を始め、次いでヒノキ科花粉が3月に入って、飛散を始めます。
 今のところ、この春の九州の花粉の飛散は、たいへん飛散数が多かった去
年に比べると少なくなり、ほぼ例年並みかやや少ない飛散になるものと予想
されています。
 ただ、それでも花粉症の方は、症状が出るのに十分な花粉の量にはなりま
すので、早め早めに医者にかかるなど、花粉シーズンへの備えをしておきた
いものです。 

日本気象協会「平成19年張るの花粉飛散予報と花粉情報のご案内」
http://www.jwa.or.jp/content/view/full/1740

-----------------------[天気のこ・と・ば]---------------------------
きょうとぎていしょ【京都議定書】
 気候変動枠組条約に基づき、1997年12月11日に京都市の国立京都国際会館
で開かれた地球温暖化防止京都会議で議決した議定書のこと。
 その主な内容が、二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスの排出を、先進
国が削減するというもので、日本は1990年を基準として6%削減しなければ
なりません。環境省のCMなどで流れている「チーム・マイナス6%」とい
うのはこの日本のノルマともいえる6%の削減目標のことでもあり、これを
達成するためにクールビズやウォームビズといった政策も行われているわけ
です。ただ、実際には日本では自動車の増加などもあり、温室効果ガスの排
出は逆に増えているというのが実情です。
 そして、この議定書に対してたいへん非協力的であったといえるのが、世
界最大のエネルギー消費国アメリカです。アメリカは、温室効果ガスの排出
削減は産業にダメージを与えるという理由で、京都議定書に参加していませ
ん。しかし、23日にブッシュ大統領が行った一般教書演説の中で、初めて地
球温暖化防止のためにエネルギー消費を減らしていく趣旨の発言をし、注目
されています。記録的な暖かさとなったこの冬も、考え方に影響したのかも
しれません。
 アメリカの方針転換が今後、世界の、そして日本の温暖化対策にどう影響
していくのか、注目されます。

映画「不都合な真実」ホームページ
http://www.futsugou.jp/
(温暖化防止を以前から強く訴えてきたアメリカの元副大統領、アル・ゴア
を題材にした映画です)

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------
 一年でももっとも寒いこの時期に、もっともっと寒くなるような催しもの
が行われたというニュースを見つけました。21日(日)に大分県の鶴見岳で行
われた「第13回鶴見岳大寒がまん大会」です。
 第13回ということですから、すでに結構歴史があるようですが、行われる
競技がみな傑作です。寒いところで冷たいものを食べる「かき氷早食い競争」、
「ソーメン早食い競争」や、子供さん向けと見られる「スノーダーツ」のほ
かに、かなりの忍耐力が必要と思われる「氷柱しがみ付き競争」、さらには
氷のバケツに1分間手をつけ、針3本に糸を通すという聞いただけでも辛そ
うな「地獄の針仕事」まで、見るには楽しいですが、自分ではやりたくない
ものが並んでいます。
 暖冬の今年の大会は、やはり気温は高め。といっても1,375メートルの山
の上ですから気温は1度だったということなのですが、それでもコンディシ
ョンがよく、かき氷やソーメンの早食いなどで大会新記録が出たとのこと。
逆に氷柱しがみ付きは、氷がすべって大苦戦。過去5回出場の44歳の男性が
初優勝したそうです。大分合同新聞に載っている「ちょっとでも動けば落ち
そうだった。この一週間、優勝することしか考えなかった。念願がかないま
した。」というコメントに心を打たれました。

近鉄・別府ロープウェイ「第13回大寒がまん大会 入賞者発表!!」
http://www.beppu-ropeway.co.jp/information/gamantaikai.html
大分合同新聞「鶴見岳大寒がまん大会 高記録相次ぎ、3種目大会新」
http://kiji.i-bunbun.com/read/read.cgi?1169391600=11694265982324=1

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 来週にかけて寒い日が多くなりそうです。
 26日(金)は、気圧の谷の通過に伴って、午後に九州北部を中心に雨が降り、
それを境に寒気が流れ込み始めます。27日(土)から28日(日)は、対馬海峡や
東シナ海に面した地域を中心に雨が降りそうです。平野部では雨が中心です
が山沿いでは積雪のおそれもありますので注意が必要です。また、28日(日)
は上空にたいへん強い寒気が流れ込むため、落雷や突風のおそれもあります。
 来週前半はいったん寒さは緩みますが、来週後半にまた次の寒波がやって
くる見込みです。
  (ま)
====================================================================
(財)日本気象協会九州 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================

2007年1月24日 (水)

地震に備えて!

ども、携帯から(た)です。

本日お伺いした大分のお客様のフロアで発見!

2007年1月22日 (月)

メロンドーム!

ども、携帯から(た)です。

びっくり!

2007年1月19日 (金)

金曜日はメルマガ

ども,ちょいとばたばたの(た)です.

(ま)のメルマガをお送りします.

====================================================================
   お天気Magazine九州 2007.1.18号
====================================================================
◆千島列島東方でM8.2の地震
 13日(土)午後1時24分ごろ、千島列島東方(北西太平洋)の深さ約30キロを
震源とするマグニチュード(M)8.2の地震が発生しました。この地震によ
り、北海道東部の沿岸に津波警報が発表されたほか、北海道から和歌山県の
沿岸に津波注意報が発表されました。
 今回の震源に近いところでは、去年11月15日にM7.9の地震が発生し、
オホーツク海沿岸から太平洋沿岸で津波が観測されました。
 今回の地震でも、13日の夕方から夜にかけて、小笠原諸島の父島、伊豆諸
島の三宅島で40センチの津波が観測されたほか、地震発生から半日近くがた
った14日午前0時4分に鹿児島県の中之島でも40センチの津波が観測されま
した。

気象庁「千島列島東方の地震について」
http://www.jma.go.jp/jma/press/0701/13a/kaisetsu200701131500.pdf
「千島列島東方の地震について(第2報)
http://www.jma.go.jp/jma/press/0701/13b/kaisetsu200701131830.pdf

--------------------------------------------------------------------
◆「お天気カレンダー2007」掲載中
 九州の気象情報サイト「お天気Web九州」では、「お天気カレンダー2007」
を掲載中です。
 「お天気カレンダー」は、過去30年間の天気をもとに、毎日の晴れた割合、
雨が降った割合、雪が降った割合を記入したもの。何か月も先の予定を立て
たい時、まだそんな先の天気予報はありませんが、このカレンダーを見れば、
いつ頃が晴れやすい時期か、雨が降りやすい時期か、が分かりますから、予
定を立てる参考になります。
 また、生物季節観測や、梅雨入り、梅雨明けなどの平年日、さらに過去の
記録などもたくさん書き込まれており、便利なカレンダーとなっております
ので、どうぞご利用ください。

お天気カレンダーは、「お天気Web九州」のお知らせのページ
http://www.jwaq.gr.jp/jwaq/info.html
で、一番上にある「お天気カレンダー」についての記事をご覧ください。

-----------------------[天気のこ・と・ば]---------------------------
つなみ【津波】
 津波とは、海底の地形が急に変わることによって、海面に生じる波のこと。
海底下の浅いところで地震が発生し海底の隆起や沈降が起こることによって
生じるものが多いですが、まれに海底火山の噴火や、海底の地すべり、海岸
近くの山崩れによるものもあります。
 津波は、沖合いでは比較的小さいのですが、水深が浅くなるにつれて大き
くなるという性質があります。また、津波が高くなりやすい場所として、V
字型の湾の奥、岬の先端や島などが挙げられます。
 今回の千島列島東方の地震や、その前の11月の地震で、小笠原諸島や伊豆
諸島、さらに鹿児島県の奄美といったところで、震源に近い北海道よりも高
い津波が観測されましたが、これも地形の効果が大きかったものと見られま
す。津波は、島に近づくと、海底が浅くなることによって、島に吸い寄せら
れるように津波が集まっていく性質があります。
 こういった地形の効果などもあり、津波が局地的に高くなることもありま
すので、「津波のおそれがある時には、まず海岸から離れる」、これが第一
です。

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------
 20日は「大寒」。一年の寒さのピークとなるこの時期なのですが、このと
ころ気温は高めの傾向が続いています。この暖冬傾向のために、生物にもい
ろいろな異変が起こっているようです。
 気象台の生物季節観測では、今月の4日にようやく佐賀でいろはかえでの
紅葉が観測されました。そして、落葉が今週17日。平年に比べると、紅葉、
落葉ともに45日遅れです。これを見ると、ようやく秋が終わったという感じ。
 ところが一方で、3月ごろに咲くはずのタンポポの開花の便りが続々と届
き始めています。九州では、11日に長崎市で開花しました。これは平年より
なんと54日も早め。
 つまり、あまりに気温が高いため、植物たちは秋が終わると同時に、春が
やってくるというような形になっていることになります。
 北陸地方などでは、真冬のこの時期に、クマが民家に現れたりして困って
いるのだとか。あまりにも暖かくて、クマも冬眠をしていないようです。冬
眠をしそこなったクマは、不眠症にならないのでしょうか?
 暖冬に、植物も動物も、戸惑っているようです。
 
福井新聞社「眠れぬクマ民家侵入 換気扇壊し台所へ」
http://www.fukuishimbun.co.jp/topics.php?code=14401

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 まだもうしばらくは強い寒気の南下はありませんが、来週の後半は寒気の
流れ込みが少し強まり、気温が下がる可能性があります。
 天気は19日(金)は全般に晴れますが、20日(土)から21日(日)にかけては、
九州の南部を中心に雨が降る見込みです。
  (ま)
====================================================================
(財)日本気象協会九州 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================


2007年1月15日 (月)

博多駅交通センターでAED

ども、携帯から(た)です。
本日とある研修で博多駅交通センターにきたのですが、各階のエレベーターとエスカレーターに表示されてました。
アピールばっちりですね!

2007年1月14日 (日)

福岡市総合図書館でAED

ども、携帯から(た)です。

久しぶりの百道の図書館で見つけました。

2007年1月12日 (金)

金曜日はメルマガ

ども,(た)です.

鹿児島初雪のネタと暖冬のネタが並んでおります,(ま)のメルマガをどうぞ.

====================================================================
   お天気Magazine九州 2007.1.11号
====================================================================
◆鹿児島でも初雪
 連休となった6日(土)から8日(成人の日)にかけて、日本列島付近で低気
圧が急激に発達し、九州の上空にはこの冬一番の強い寒気が流れ込んできま
した。
 九州は6日(土)から7日(日)にかけて、対馬海峡や東シナ海に面した地域
を中心に平野部でも雪が降り、山沿いでは雪が積もったところがありました。
 また、鹿児島市では7日(日)朝に初雪が観測されました。平年より1日遅
く、昨年より26日遅い初雪となりました。これで、この冬、九州・山口の県
庁所在地で初雪が観測されていないのでは、宮崎市のみとなりました。
 連休後は、強い冬型の気圧配置は緩んできており、今後しばらくは九州に
雪を降らせるような強い寒気の南下はない見込みです。

南日本新聞「寒気すっぽり 積雪や暴風、交通に乱れ」
http://373news.com/modules/pickup/article.php?storyid=2160

--------------------------------------------------------------------
◆12月の世界の気温は過去最高
 2006年12月の世界の月平均気温の平年差は+0.41度と、12月の気温として
は、統計を開始した1891年以来、もっとも高い値になったことが、今週11日
に気象庁から発表されました。
 世界の月平均気温は、陸では地表付近の気温、海では海面水温を用いて、
計算されます。
 12月は、世界的に平年を上回った地域が多かったほか、海面水温について
も、エルニーニョ現象が発生し、太平洋赤道域東部などで高くなったことな
どから、世界の平均気温が押し上げられました。
 このように世界的に気温が高いのは、やはり二酸化炭素の増加に伴う地球
温暖化などが大きく影響しているものと見られ、1990年代以降は高温が頻繁
にあらわれるようになってきています。
 なお、2006年の一年間の世界の平均気温の平年差は+0.31度で、1891年以
降で、第3位タイとなる見込みだということです。

気象庁「平成18年12月の世界の月平均気温について(速報)」
http://www.jma.go.jp/jma/press/0701/11b/worldtemp0612.pdf

-----------------------[天気のこ・と・ば]---------------------------
ばくだんていきあつ【爆弾低気圧】
 この冬は、気象情報で「爆弾低気圧」という言葉がよく登場しています。
明確な定義はないのですが、一般には低気圧の中心気圧が1日に24ヘクトパ
スカル以上も下がり、急激に発達する低気圧のことをこのように呼ぶことが
あります。
 この冬は、南からの暖かい空気の流れ込みが強く、北からの寒気と激しく
ぶつかり合うことによって、日本列島の上で低気圧が急激に発達しやすくな
っていることが考えられます。
 ところで、この「爆弾低気圧」という言葉は、気象庁が天気予報の中など
で用いる正式な気象用語とはされていません。また、ことし気象庁が予報用
語の見直しを行う予定にしていますが、その中でもやはりこの言葉は採用さ
れない予定となっています。
 たしかに、「爆弾低気圧」という言葉は、いかにも猛烈な感じの迫力は伝
わるのですが、「爆弾」という言葉が低気圧の急激な発達という特徴をなん
ら表しているわけでもなく、第一「爆弾」という言葉自体、少々物騒ですよ
ね。
 「急激に発達するから気をつけろよー!」というニュアンスがうまく伝わ
るいいネーミングができれば、それが普及するかもしれません。なにかいい
名前はないものでしょうか。

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------
 このところエルニーニョ現象に伴う世界的な異常気象についてのニュース
を目にすることが多くなってきました。
 特に今週はアメリカ東部の記録的な暖かさがニュースで多く取り上げられ
ていました。報道によると、今週6日には、ニューヨークのセントラルパー
クで22.2度まで気温が上昇。1950年に観測された1月の高温の記録とならん
だそうです。
 この暖かさのために、1月に入ってから原油の価格が急落し、世界の経済
にも影響が出ているようです。私たちが買うガソリンなどの価格に反映され
るのは少し後にはなりますが、そのうち値段が下がるかもしれません。
 一方、エルニーニョの影響で、オーストラリアでは大干ばつが続いており、
日本への菜種油の輸出が減る見通しだというニュースもありました。この影
響で、日本で食用油が値上がりする可能性もあるようです。
 気象庁の最新のエルニーニョ予測によると、春にかけてエルニーニョが持
続するとみられています。気候への影響とともに、物の値段などへの影響も
気がかりです。
 
産経新聞「暖冬…NY22度 チベット20度」
http://www.sankei.co.jp/kokusai/usa/070108/usa070108000.htm
読売新聞「食用油値上げ?大干ばつで豪州産菜種油、数割輸入減」
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20070106it03.htm

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 しばらく大きな天気の崩れはありませんが、雲が広がりやすく、すっきり
しない天気の日が多くなりそうです。
 12日(金)から13日(土)にかけては、高気圧の周辺部となるため、雲が広が
りやすく、九州南部を中心に一時弱い雨が降るところも。14日(日)は、高気
圧に覆われ、晴れ間が多くなる見込みです。
 気温については、週末にかけてほぼ平年並みの寒さが続きますが、来週は
気温が上昇し、暖かい日が多くなりそうです。雪が降るような厳しい寒さは
当分ありません。
  (ま)
====================================================================
(財)日本気象協会九州 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================


2007年1月11日 (木)

最高気温35度以上は「猛暑日」に

ども,本日の西日本新聞夕刊にちょっと驚きの(た)です.

  天気予報用語8年ぶりに改正案
 「猛暑日」「竜巻強度」を追加
   気象庁が3月決定災害の多様化繁栄


この「猛暑日」,その昔,私が大阪で気象解説うをしていたころにも現場で議論されてました.気象解説をする際に,「夏日」「真夏日」「熱帯夜」に続くいいネーミングを考えていたのですが,当時現場で出ていたのが「酷暑」でした.

今日も大阪では最高気温が35度を超え,これで5日連続のいわゆる酷暑となっています
なんて放送を,私もしていたのです,はい.


私の思い出話はおいておいて,気象用語の定義は気象庁のこちらです.

2007年1月 9日 (火)

ナイスな標語発見!

ども、穏やかな日和の中外まわりの(た)です。

とある施設管理を行うお客様の所で見つけました。