« 2006年7月 | メイン | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月31日 (木)

2日連続ずぶぬれ通勤,傘は持ちましょう!

今日も朝から濡れ鼠の(た)です.

出勤前にちゃんとレーダーチェックをして,
 会社つくまで雨雲遭遇なし
 降ってもぱらぱら
 帰りにふっても置き傘あるし
と判断したのですが....


←福岡市の博多湾近くに08:40と50のぽつんとでた雨雲でびしょぬれ...





ともあれはっきりしない天気,傘は必須です


2006年8月30日 (水)

秋雨前線現る!

ども,今日の出勤,雨にやられて午前中作業服で仕事の(た)です.
(ま)は出勤時間が遅いのでセーフ!

←出勤時間帯に福岡市内に雨を降らせた雲は大分方面へ移動,しかし西から次の雨の固まりが接近中.




この雨は,秋雨前線によるものです.

九州地方はこの秋雨前線の影響を,週末まで受け,ぐずついた天気がつづきそうです.
夜がしのぎやすくなれば助かりますけど...

←こちらの福岡の週間天気を参照ください.


8月30日9時の天気図,秋雨前線現る!



8月31日9時の予想天気図,秋雨前線停滞です



2006年8月29日 (火)

福岡市内,帰りの通勤時間も雨!

ども,朝の通勤で雨にあい,さあ,今日は早めに帰ろうかとしてらまた雨の(た)です.

本日大気不安定で,九州のあちらこちらで雨となっています.

←この時間の雨の状況です.






↓福岡県域をアップすると・・・


福岡市では雨雲が一気に発達し,そしてわずかに弱まる気配



ということで,福岡市内(私のいる中央区大濠),30分待てば雨は「一旦」やみそうです.
はずれてもクレームは受け付けませんです,はい!
雨宿りをどこでしようかbeerbeer


あ,短時間の強い雨とともに雷の恐れもあります.こちらも気にしてください!

2006年8月28日 (月)

高温に関する福岡県気象情報

ども,週末,夏祭りにソフトボール大会と充実,というには疲れすぎた(た)です.

週末夕立があって,ゆうべは過ごしやすかったのですが,九州地方はまた暑い日となりました.

あついあついというと,また暑くなるのですが,暑いネタです.

福岡管区気象台は高温に関する福岡県気象情報を発表しました.
少なくとも二週間は暑い日が続くことが予想されます.

←福岡の週間予報も・・・・


夏ばてなさいませぬよう,皆さんご自愛ください.

自分が日焼けでばてておりますけれど・・・

2006年8月25日 (金)

夏休み最後の週末も「晴れ」ですが,

夕立に注意!

週末に町内会のお祭りを控えている(た)です.

しかし,夕立が気になります.

←こちらは,今日のこの時間の雨雲,ようやく収まりつつあります.
私の町には雷だけで,雨には至っていないのですが,土日はどうかなぁ...

かならず聞かれるし


実況監視が一番,レーダチェックだ!


金曜日はメルマガ

ども,鹿児島北薩方面に二泊三日の出張だった(た)です.

途中,山の中で激しい雷雨に見舞われ,一人車中で,
 う〜む,この後もつづくなぁ,時間40mmこえるかな,警報出るかも
なんて考えてました.
さて,今日も夕立の発生するところが多そうです.

←この時間にもう,ぽつぽつ現れてます.


今日も,急な雨と雷はご注意です.
夕立は一時間程度でやむ場合がほとんどですから,雨にあってもあせらずに.

では(ま)のメルマガをどうぞ.

====================================================================
   お天気Magazine九州 2006.8.24号
====================================================================
◆台風10号、九州を縦断
 台風10号が、先週18日(金)の午前1時過ぎに宮崎市付近に上陸。宮崎県南
部から熊本県、福岡県と、九州を縦断しました。途中、18日昼頃から夕方に
かけて熊本市や長崎県島原市付近でほとんど停滞した状態になるなど、上陸
後も、夏台風特有の複雑な動きをし、宮崎に上陸してから福岡県を通過し終
えるまでに、約28時間もの時間がかかるという珍しい台風でした。
 この台風の影響で、長時間にわたって湿った東風が吹き付ける形になった
宮崎県などの山沿いでは激しい雨が長時間にわたって降り、多いところで総
雨量が 500ミリをこえる大雨となりました。
 また、今回の台風は風速25メートル以上の暴風域こそなかったものの、台
風の動きが遅かったために、長時間にわたって九州の全域が風速15メートル
以上の強風域に入り、九州南部を中心に広い範囲で、強い風が吹き荒れまし
た。

台風が上陸した宮崎日日新聞の記事
http://www.the-miyanichi.co.jp/news/index.php3?PT=1&DT=20060818
http://www.the-miyanichi.co.jp/news/index.php3?PT=1&DT=20060819

--------------------------------------------------------------------
◆桜島の火山活動度レベル引き下げられる
 鹿児島県桜島の火山活動度レベルが、先週18日(金)に、それまでの3(活
発な火山活動)から2(比較的静穏な噴火活動)に引き下げられました。
 桜島は、6月4日に昭和火口で噴火が始まり、6月20日までは小規模な噴
火を繰り返していましたが、6月21日以降、昭和火口での噴火は観測されな
くなりました。
 このため、桜島の噴火は比較的静穏な状態に戻ったと判断されたものです。
 ただ、現在でも火山性地震と火山性微動はやや多い状態が続いており、桜
島の地下深部へのマグマの蓄積も継続しているものと推測されています。こ
のため、今後、火山活動が再び活発化する可能性があり、注意は必要です。

18日の桜島に関する火山観測情報第30号
http://www.jma.go.jp/jp/volcano/506-20060818153000-42.html

-----------------------[天気のこ・と・ば]---------------------------
たいふう【台風】
 北西太平洋や南シナ海の熱帯低気圧のうち、最大風速が17.2メートル以上
にまで発達したものを「台風」と呼んでいます。そして、最大風速がそれに
満たないものを、単に「熱帯低気圧」と呼んでいます。
 さらに、「北西太平洋や南シナ海」についても厳密な定義があり、「赤道
以北、東経180度以西100度以東」とされています。では、その外側ではどう
なるかというと東経180度より東、つまり太平洋のアメリカ寄りの地域では
「ハリケーン」と呼ばれ、逆に東経100度より西、つまりマレー半島より西
では「サイクロン」と呼ばれることになります。
 このように地域によって名前が違うので、時々その境界線をまたぎ、突然
名前が変わるものが出てくるのです。たとえば、もともと台風であったもの
が、東経180度より東へ進みハリケーンとなったり、逆にマレー半島を抜け
てベンガル湾に進んだためにサイクロンのなったというケースも。そして、
その逆ももちろんあります。
 現在、ハワイの南西海上にハリケーンがあって、東寄りに進んでいます。
このハリケーンは、今週末に東経180度(つまり日付変更線)をこえる見込み。
つまり、ハリケーンから台風へと変身をする見込みです。東経180度といえ
ばまだまだ日本のはるかはるか東ですから、まさか日本までくることはない
と思いますが、元ハリケーンの台風というちょっと変わった台風となりそう
です。

米海軍のハリケーン進路情報
http://metoc.npmoc.navy.mil/jtwc.html
(ハリケーンIokeの情報をご覧下さい。)

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------
 先週のように台風が接近・上陸したりすると、テレビや新聞で頻繁に台風
の進路図を目にすることになります。
 この台風進路図が、来年つまり2007年から一部、変わることになりました。
まず、大きく変わるのが、予報をする時間の刻み。今は、最大で12、24、48、
72の4つの予報円しかありませんが、来年からは3、6、9、12、15、18、
21、24、48、72、といった具合に24時間後までは3時間おきの予報円が描か
れるようになります。
 また、現在は予報円の中心を結ぶ線は描いてはいけないきまりになってい
ます。しかし、来年からは予報円の中心を結ぶ線を描いてもよくなります。
これによって、予報円の中でも特に中心が近づく可能性の高い場所がはっき
りとわかるようになります。(ただし、必ず描かなければいけないというわ
けではありません。)
 ただ、実際のところ、3時間おきの円を描いたら、円がびっしりと重なっ
て見にくくなる、といったことも予想され、具体的にどのように放送などで
使うかといったことは、これから検討をしていくことになります。
 台風の進路図は、台風の予報の精度と、利用する人への分かり易さを考え
た上で、昔から少しずつ改良が加えられてきました。来年にかけて大きく変
わる台風進路図。気を付けてじっくり見てみてはいかがでしょうか。(とい
っても、台風進路図がテレビなどに登場するような台風の接近はしばらくな
さそうですが…)

気象庁「平成19年度からの台風予報の図表示について」
http://www.jma.go.jp/jma/press/0607/12a/typhoon_map.html

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 8月も終わりが近づいてきましたが、まだまだ夏空が広がる日が多くなり
そうです。日中はまだまだ残暑が厳しいですが、朝晩は内陸部を中心に少し
だけ涼しく感じられる日もありそうです。
 山沿いを中心に夕立が起こりやすくなっています。雷には十分ご注意を。

  (ま)
====================================================================
(財)日本気象協会九州支社 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================

2006年8月18日 (金)

台風警戒!

(た)です.
台風ばたばたです.
(ま)は一日テレビラジオ!

←それにしても動きが遅い!!








←この後深夜にかけても北部中心に雨の予想.



強い雨と風(風は吹き返しにも注意)はあすの午前中にかけても続く見込みです.

ともかく,
 ・気象をはじめ情報を入手,
 ・危ないと思ったらすぐ避難!
  (避難場所など不明な点は地元の市町村役場に!)
 ・田んぼのみまわり厳禁!

です!

地元気象台の情報を参照ください.
府県気象情報:福岡県
府県気象情報:佐賀県
府県気象情報:長崎県
府県気象情報:熊本県
府県気象情報:大分県
府県気象情報:宮崎県
府県気象情報:鹿児島県


※気象庁のページ


雨の中心が九州北部に!

(た)です.
台風が九州を通過中,動きが遅い!大雨が継続するおそれがあります.

←今の雨雲の動き
 台風近辺と,北側西側中心に雨雲








←夕方にかけ長崎方面中心に雨雲が予想


←18日12現在の台風
 緑色のエリアが19日0時の予想位置
 動きが遅い
 大雨と強風継続の恐れ大!


災害が起きてもおかしくありません!
とにかく,
 ・気象をはじめ情報を入手,
 ・危ないと思ったらすぐ避難!
 ・田んぼのみまわり厳禁!

です!
地元気象台の情報を参照ください.
府県気象情報:福岡県
府県気象情報:佐賀県
府県気象情報:長崎県
府県気象情報:熊本県
府県気象情報:大分県
府県気象情報:宮崎県
府県気象情報:鹿児島県

※気象庁のページ

〜天気予報は左下のリンクをご利用ください〜



2006年8月17日 (木)

台風警戒,木曜日だけどメルマガ

ども,本日今年一番の暑さの鹿児島に出張だった(た)です.
福岡に帰って(ま)と業務打ち合わせ.
ともあれ皆さん台風警戒!

←雨雲の動き.宮崎大分方面に強い雨雲が.

====================================================================
   お天気Magazine九州 2006.8.17号
====================================================================
◆台風10号、九州上陸へ
 台風10号が、宮崎県沖をゆっくりと西よりに進んでおり、九州に近づいて
います。台風は17日夜遅くから18日未明にかけて、宮崎県付近に上陸し、18
日日中には九州南部から北部へと縦断するおそれが強くなってきました。
 雨については、台風の動きが遅いため、九州の東部に長時間にわたって湿
った東風が吹き込む形となる見込みです。このため、大分県を中心に九州東
部の広い範囲で大雨のおそれがあります。
 風については、今回の台風には暴風域はありませんが、台風の接近時刻を
中心に暴風のおそれがあります。また、沿岸海上は波が高く、外海は6m前
後の大しけになります。
 現在は、潮位の変化は比較的小さい時期ではありますが、一年でも特に潮
位が高い時期にあたっているため、瀬戸内海沿岸で高潮にも注意をする必要
があります。
 台風は18日夜には九州の北に抜け、19日には次第に影響は小さくなってい
く見込みです。
 18日いっぱいは台風10号に対して警戒が必要です。

最新の台風進路などは、お天気Web九州
http://www.jwaq.gr.jp/
をご利用ください。

--------------------------------------------------------------------
◆そろそろ心配なことが…
 お盆も終わり、8月も残すところ2週間。自分の昔のことを思い出しても
そうですが、そろそろ子供さんは夏休みの宿題が気になるころでは。
 そして、夏休みの宿題の定番と言えば、昔から夏休みの天気の記録です。
日本気象協会では、全国の気象情報サイト「tenki.jp」で、9月7日までの
期間「夏休みの天気」という特設ページを設けて、夏休み期間中の毎日の天
気や気温を調べられるようになっています。
 もちろん夏休みの天気は自分で調べるのがよいのですが、どうしても困っ
た時には、ぜひこのページをご利用ください。

tenki.jp「夏休み天気」
http://tenki.jp/sum2006/index.html

※昔は1か月分の新聞を倉庫から探し出してきて、調べたりしていたのに、
 便利な時代になったものです。

-----------------------[天気のこ・と・ば]---------------------------
めいそうたいふう【迷走台風】
 一般に8月ごろの台風は、迷走することが多いとされています。これは、
8月は日本付近を覆っている太平洋高気圧の勢力が強く、台風はそのすき間
を縫うようにして進むためです。今回の台風10号も、日本列島に東西に張り
出している太平洋高気圧を避けるようにして動いているため、動きがとても
複雑で予想も難しくなっているわけです。
 これに対して、9月に入ると、太平洋高気圧の勢力が東の方に後退するた
め、台風はその縁に沿ってスピードを上げながら北上するようになります。
9月の台風は勢力も強いことが多く、それが日本列島を猛スピードで駆け抜
けてしばしば大きな被害を出します。
 台風の予想をする立場からいうと、9月の韋駄天台風の方が予報はしやす
く、8月の迷走台風は予報円の向きが二転三転したりし、そういう時には予
報する人は七転八倒することになります。

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 台風10号は、18日(金)には九州南部から北部へと縦断し、夜には九州の北
の海上に抜ける見込みです。19日(土)には日本海を北上、九州への影響は次
第に小さくなります。20日(日)以降は、天気が回復し、来週にかけて再び夏
空が続く見込みです。残暑は厳しく、秋の気配はまだ感じられそうにありま
せん。

※今週は「お天気屋のつぶやき」はお休みさせていただきました。
  (ま)
====================================================================
(財)日本気象協会九州支社 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================

←あす朝にかけても宮崎大分方面中心に雨が予想

2006年8月16日 (水)

台風接近!大雨警戒です!

ども,(た)です.

お盆明け,台風接近です!
どうやら台風は九州にとって一番悪いコースになりそうです.

←あす17日9時の予想天気図




すでに,宮崎・鹿児島方面では波浪警報が発表されており波風が強まる傾向です.
また,今夜遅くからは台風の雨雲が九州南部にかかり始める見込みで,あす夕方までに宮崎では400mmの大雨になるおそれがありますし,その後も引き続き大雨となる可能性が大です.


←あさって18日9時の予想天気図
 動きがとても遅い!
 強い風と雨が長時間続く恐れが・・・



地元気象台の情報を参照ください.
府県気象情報:福岡県
府県気象情報:佐賀県
府県気象情報:長崎県
府県気象情報:熊本県
府県気象情報:大分県
府県気象情報:宮崎県
府県気象情報:鹿児島県

※気象庁のページ

〜天気予報は左下のリンクをご利用ください〜