« 2006年5月 | メイン | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月30日 (金)

金曜日はメルマガ,またまた大雨の恐れ...

髪を切りにいったら,マスターに「雨はどけんなりますかぁ」ときかれて,ちょっとこまった(た)です.
なにせ,ほぼ一週間,九州のどこかで警報が出てる状態,福岡では二,三日落ち着いたと思ったら,また大雨警戒の恐れです.
ともあれ,ます情報の入手を,危ないと思ったら早めの避難,です.

====================================================================
   お天気Magazine九州 2006.6.29号
====================================================================
◆熊本県中心に記録的な大雨
 先週後半から梅雨前線が九州付近に停滞し、活動が活発な状態が続いてい
ます。特に、活発な雨雲が九州を南下した26日(月)には、熊本空港で朝6時
10分までの1時間に 113ミリという猛烈な雨が降りました。
 この大雨の影響で、熊本県を中心に九州の各地で道路や鉄道などの交通機
関に影響が出たほか、がけ崩れなどが相次ぎ、住宅にも被害が出ました。
 今回の大雨が始まった先週21日以降の総雨量は、熊本県のもっとも多いと
ころで600ミリを超え、熊本市でもすでに500ミリをこえています。
 梅雨前線は、今後も九州付近で活動の活発な状態が続き、激しい雨が降り
やすい状態が続く見込みです。これまでの雨ですでに地盤が緩んでおり、今
後も大雨に対して警戒が必要です。

熊本地方気象台による今回の大雨の資料
http://www.fukuoka-jma.go.jp/emr1/20060627_kumamoto.pdf

--------------------------------------------------------------------
◆熱中症にご注意を
 このところ九州は蒸し暑い日が多くなってきました。このような天候の時
には熱中症に対して注意をする必要があります。
 熱中症は、夏の猛暑の時期はもちろんですが、気温がさほど高くなくても
湿度が高い時には発生しやすくなることが知られています。これは、湿度が
高くなることによって、汗が蒸発しにくくなり、汗の体温を下げる効果が低
くなってしまうためです。
 気象協会では、1週間先までの熱中症の危険度を、「熱中症予防情報」と
してお知らせしています。気象協会のお天気サイト「tenki.jp」でご覧いた
だけますので、これから夏にかけて、特にスポーツやレジャーなどの際に、
ご活用ください。

tenki.jp「熱中症予防情報」
http://www.tenki.jp/heat/index.html

 ちなみに、気象協会ではペットフードなどでおなじみのぺディグリーと共
同で、「ワンちゃん夏ばて予報」も提供中。犬を飼っている方はぜひこちら
もご覧下さい。

「ワンちゃん夏ばて予報」
http://www.pedigree-otenki.jp/

-----------------------[天気のこ・と・ば]---------------------------
きろくてきたんじかんおおあめじょうほう【記録的短時間大雨情報】
 26日の大雨で、熊本地方気象台から「記録的短時間大雨情報」が発表され
ました。この情報は、数年に一度しか降らないような記録的な激しい雨が降
った時に発表される情報で、今回は熊本空港で1時間に 113ミリの雨が降っ
たために発表されたものです。
 気象台から発表される注意報、警報などの情報は、通常、災害が起こるお
それがある時に事前に注意を呼びかけるために発表されますが、この記録的
短時間大雨情報に限っては、大雨が降った直後に発表され、よりいっそうの
警戒を呼びかける意味があります。
 記録的短時間大雨情報の発表基準は、長崎県の壱岐・対馬、五島が1時間
100ミリ以上、九州のそのほかの地域は1時間110ミリ以上となっています。
このような雨が降った時には、すぐに大規模な災害が起こるおそれがあり、
厳重な警戒が必要になります。

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------
 ことしの梅雨前線はなんだか調子がおかしい。というのも、南北への動き
が小さいのです。
 九州が梅雨に入っても6月中旬までは晴れる日が多く、梅雨らしくない日
が続きました。これは、梅雨前線が沖縄付近にじーっと停滞していたため、
滅多に九州に影響することがなく、逆に沖縄は雨続き。地すべりなどの大き
な被害が出てしまいました。
 それが、6月下旬に入ると、九州へジャンプして、九州付近で南北への動
きが小さくなってしまいました。このために、雨が少なかった九州が一転し
て雨続きの天気に変わり、あちこちに大雨による被害をもたらしています。
 梅雨前線の動きを長期的に予想するのはなかなか難しいのですが、予報資
料などを見ると、九州付近での停滞は長引きそうな気配があります。特に、
これからの7月中旬にかけての時期は、「梅雨末期の大雨」という言葉が
よく用いられるように、局地的な豪雨が降ることも多い季節。残念ながら予
想以上の大雨が降ることも多くある時期ですので、常に最新の気象情報にお
気をつけ下さい。

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 むこう一週間についても、梅雨前線は九州付近に停滞する見込みです。こ
れまで以上に湿った空気が流れ込みやすくなり、大気が非常に不安定になる
見込みです。このため、九州は全般に雨が降る日が多く、局地的に非常に激
しい雨が降るおそれもあります。すでにこれまでの雨で地盤が緩んでいると
ころも多くなっていますので、土砂災害や河川の氾濫などには十分にご注意
下さい。
  (ま)
====================================================================
(財)日本気象協会九州支社 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================


2006年6月28日 (水)

雨量が規定値に達したのでスピード

を落として運航しております。

ども、携帯から(た)です。
九州新幹線で出張先の鹿児島にむかっているのですが、出水付近から強い雨、そして運転士のこのアナウンスです。

それでも車窓からの写真はぶれました…

2006年6月27日 (火)

朝倉の三連水車

ども,(た)です.

以前先輩に言われました.

出張先で余裕があれば,その地元の観光地や名所を見ておくといい.その土地の状況がわかるし,何より次回出張時のお客様との共通の話題にできる


決してサボリではありませぬ....

ダムショット2

美しい…

満水のダム

ども、携帯から(た)です。
出張先でのショットです。
福岡は晴れ間もあるのですが九州南部の雨が心配…

2006年6月26日 (月)

熊本県記録的短時間大雨情報

ども,携帯の緊急気象情報メールが鳴りやまない(た)です.











26日6時17分のメール

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
熊本県記録的短時間大雨情報 第1号
平成18年6月26日06時16分 熊本地方気象台発表

 6時10分熊本県で記録的短時間大雨
 熊本空港で113ミリ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−




このときの熊本県ズームアップレーダ














大雨です,災害が起きてもおかしくありません!
とにかく,
 ・気象をはじめ情報を入手,
 ・危ないと思ったらすぐ避難!
 ・田んぼのみまわり厳禁!

です!


詳しい情報は,気象庁のこちらのページを参考ください.

府県気象情報:福岡県
府県気象情報:佐賀県
府県気象情報:長崎県
府県気象情報:熊本県
府県気象情報:大分県
府県気象情報:宮崎県
府県気象情報:鹿児島県


※気象庁のページ



〜天気予報は左下のリンクをご利用ください〜

2006年6月23日 (金)

金曜日はメルマガ


←雨の中心は九州中部に移っています.ご注意ください.

====================================================================
   お天気Magazine九州 2006.6.22号
====================================================================
◆奄美梅雨明け 九州は梅雨最盛期
 今週20日(火)に、沖縄地方と鹿児島県の奄美地方が、梅雨明けしました。
沖縄地方は平年より3日早く、奄美地方は平年より8日早い梅雨明けでした。
 今年の南西諸島の梅雨は、かなり雨の多い梅雨となりました。沖縄県那覇
市の梅雨期間の降水量は599ミリで平年の193%、同じく鹿児島県奄美市名瀬
の梅雨期間の降水量は970.5ミリで平年の217%と、広い範囲で平年の倍前後
の雨が降りました。この雨のため、土砂災害なども相次ぎました。このよう
に南西諸島で雨がたいへん多かったのは、梅雨前線の南北への変動がたいへ
ん小さく、南西諸島付近に長期間にわたって停滞したためです。

 一方、九州はこれからが梅雨最盛期です。南西諸島付近にあった梅雨前線
が一気に北上し、九州北部付近に停滞し始めました。これからしばらくは、
梅雨前線が九州北部付近に停滞するため、雨が長く続き、激しい雨が降ると
ころがある見込みです。梅雨に入ってもこれまでは雨が少なかったのですが、
今後は急に雨が多くなりますので、大雨災害に十分な注意が必要です。

梅雨明けについての情報
沖縄地方
http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/111_20060620100031.html
奄美地方
http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/110_20060620110053.html

--------------------------------------------------------------------
◆桜島、活発な活動が続く
 鹿児島市の桜島は、活発な活動が続いており、昭和火口付近にできた新た
な火口は、小噴火を繰り返しています。
 昭和火口付近の噴火が始まって2週間あまりがたちましたが、その間、噴
煙の高さが1000〜1200m程度に達する小噴火を繰り返しています。今のとこ
ろ、噴火が急に大規模化する兆候は見られないものの、火山活動が長期化し、
活動もより活発になるおそれがあるため、今後の動向には十分な注意が必要
です。
 桜島の火山活動度レベルは、3(活発な火山活動)が継続しています。

気象庁発表の桜島に関する火山情報
http://www.jma.go.jp/jp/volcano/506.html
鹿児島県「桜島爆発災害対策連絡会議について」
http://www.pref.kagoshima.jp/home/bosaika/kira/bousaika/0604sakurazima/bakutaikaigi.html
MBCニュース「桜島火山対策協議会」(ニュースの動画をご覧いただけます)
http://www.mbc.co.jp/newsfile/news-v/00081440_20060621.shtml
南日本新聞「桜島定点カメラ」
http://373news.com/sakucap/index.htm

-----------------------[天気のこ・と・ば]---------------------------
かざんかつどうどれべる【火山活動度レベル】
 火山活動度レベルは、火山の活動度を0から5の6段階の数字で表すもの
で、平成15年11月4日から発表されるようになりました。この数字によって、
火山の活動の活発さがひとめで分かり、防災に生かすことができます。
 九州では、大分県の九重山、熊本県の阿蘇山、長崎県の雲仙岳、宮崎県・
鹿児島県の霧島山、鹿児島県の桜島、薩摩硫黄島、口永良部島、諏訪之瀬島
の8火山。それぞれの火山でもともとの活動の特徴が異なるため、火山ごと
に、どのような活動になったらレベルをいくつにする、という基準が定めら
れています。桜島の場合、「3」では「小〜中規模の爆発が繰り返され、活
発な噴火活動が見られる」、「4」になると「噴石の山麓への落下や小規模
火砕流等噴火活動が一層活発化していることを示す現象が発生」というふう
に基準が決められています。
 現在、全国の火山の中でもっとも活動度レベルが高いのが、桜島と諏訪之
瀬島の「3」です。

気象庁の火山活動度レベル一覧など
http://www.seisvol.kishou.go.jp/tokyo/volcano.html

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------
 日本代表はなかなか厳しい状況になってきましたが、ワールドカップサッ
カー盛り上がってますねぇ。日本気象協会のお天気サイト「tenki.jp」では、
ワールドカップのためのドイツ各地の天気予報を提供中です。
 4年前の日本・韓国大会は、梅雨に近い時期だったために、天気があまり
よくなかったのですが、今回のドイツ大会では、天気がよすぎて暑さが厳し
く、それがオーストラリア戦などで日本代表に障害となってしまったようで
す。
 さぁ、そしていよいよ行われる日本−ブラジル戦ですが、天気予報を見る
と、試合があるドルトムント、現地時間の22日は晴れ時々くもり、最高気温
は24度と、これまでの試合に比べると暑さは和らぎそう。試合は夜ですから、
これよりもさらに気温が下がりそうです。
 相手がブラジルですから、なかなかたいへんですが、奇跡を起こしてくれ
ることを期待したいものです。

tenki.jp「ドイツサッカースタジアム天気」
http://www.tenki.jp/wc2006/index.html

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 むこう一週間、梅雨前線は九州付近に停滞する見込みです。特に今週末に
かけては、九州付近にたいへん湿った空気が流れ込むため、局地的に激しい
雨が降くなります。そして、来週も雨が降る日が多くなりそうです。
 雨が長く続く上に、くり返し激しい雨が降ることが予想され、大雨に対し
て警戒が必要です。
  (ま)
====================================================================
(財)日本気象協会九州支社 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================



2006年6月22日 (木)

梅雨前線活発化!福岡県と大分県に大雨洪水警報!

ども,外回りから帰って事務処理中の(た)です.

ううむ,ほんとに大雨になってきました.

←九州北部地方,特に福岡県から大分県にかけては,強い雨雲の通り道になっています.

このあと,明日23日の夕方まで,この傾向が続きそうです.

サッカーも気になるけど,お天気が心配です....


詳しい情報は,気象庁のこちらのページを参考ください.

府県気象情報:福岡県
府県気象情報:佐賀県
府県気象情報:長崎県
府県気象情報:熊本県
府県気象情報:大分県
府県気象情報:宮崎県
府県気象情報:鹿児島県


※気象庁のページ



〜天気予報は左下のリンクをご利用ください〜

お客様まわり,大雨の恐れ!

ども,本日お客様まわり,ちょっと早めのランチをすませ,コーヒータイムの(た)です.

さて,今日はお仕事のお話をすこし.

今日のご訪問は,一般的な気象情報より,ワンランクもツーランクもシビアな予測を必要とされているお客様です.昨年からの業務が完成し,本日説明会です.

この業務,実況解析からスタートして,まず予測精度の向上検討を行い,その精度向上した予測情報をシステムにのせ,さらには今後の検証や,さらなる精度向上に利用できるようデータベース化まで行うという内容です.
予測担当者をはじめ,調査解析担当者,システム構築担当者と,我が社の頭脳を寄せ集めての業務でした.


また別のお客様では,こちらは気象情報の利用をいつでもどこでもリアルタイムに利用することを目的とされています.
お客様はすでに内部システムの定期・臨時報告にメール配信システムを整備済みなのですが,これに防災体制発令のための気象情報を追加し,さらには,いつでもどこでも気になるときに携帯電話で気象情報を活用する,という内容です.


いずれにせよ,今日から九州地方は北部中心に大雨のおそれがあります.
(詳しくは気象庁のこちらを参照ください)

昨日の繰り返しですけど,沖縄地方奄美地方で梅雨明けの後は,九州本土が本格的な梅雨のシーズンです.特にこの週末にかけては大雨の可能性が見え隠れしています.


今回お客様に導入したそれぞれのシステム,早くも活躍してしまいそうなんですが,ううむ,災害だけは起きて欲しくないのが正直なところです.


さぁ,次のお客様のところへ出かけます.

2006年6月21日 (水)

沖縄奄美梅雨明け,九州はこれからが本格的な雨の季節

ども,(た)です.

沖縄地方と奄美地方が,昨日梅雨明けとなりました.

奄美地方は,昨年より7日早く、平年より8日早い梅雨明けです.
ただ,期間と逆に降水量は名瀬で970.5ミリ(平年比217%)に達するなど、非常に雨の多い梅雨となりました。

沖縄や奄美地方で梅雨が明けたと言うことは,その北側に梅雨前線が停滞しやすいと言うことになります.これから梅雨明けまでの3−4週間が,本格的な雨のシーズンです.