« 2006年4月 | メイン | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月31日 (水)

梅雨前は紫外線にご注意!

本日帰宅後,娘の赤い顔が気になった(た)です.

聞いてみると体育会の練習があったとのこと.
今日31日の最高気温は26度4分とそんなに高くはなかったのですが,日差しは強力でした.

日焼けクリームより日差しのほうが強力だったようです.


福岡はあすも日中晴れて最高気温は26度,SPFは50の予想です.

4日の体育祭当日まで,何とか梅雨は待ってくれそうですが,その分日焼けには要注意ですね.

紫外線情報はこちらでどうぞ.

2006年5月28日 (日)

AEDの本:「AED(自動体外式除細動器)を、使ってください―人工呼吸・心臓マッサージができなくても」

ども,本日図書館の(た)です.

で,見つけた本がこれです.

他の方に借りてもらうべく,わたしは立ち読みにしました(?).

ネットで調べてみると,くるみさんのページがヒット,詳しく説明されていました(トラックバックさせていただきました).

ちなみに著者の戸田中央総合病院 救急部部長 輿水健治さんは,先週の金曜日に大阪の「AEDシンポジウム in 関西,-心臓突然死を防ぐ社会を目指して-」で講演をされていました(プリティ長島さんも講演されてるようです).
主催は,「心臓震盪から子供を救う会」 大阪支部 です.

2006年5月27日 (土)

町内会の防災訓練でAED

ども,町内会役員の(た)です.

今日は町内会の月例会でした.先週は町内清掃とともに防災訓練があり,そのときにAEDの利用について町内の消防関連の方にレクチャーをしてもらいました.
実は私(た)は出張で出られなかった(町内の皆さん,スイマセン)のですが,今日の月例会で反応をきいた分では好評だったようです.

・はじめて知った
・最初の6分が勝負なんやね
・意外と簡単
・LED?AED?区別はつかないが大事なんやね〜
・どこにあると?
 etc.

セッティングをした甲斐がありました.

さて,そのときにつくった資料がこれです.
福岡市中央消防団のページを参考にさせていただきました.

2006年5月26日 (金)

九州南部梅雨入り!

ども,(た)です.

「金曜日はメルマガ」で少し触れたのですが,本日26日,九州南部が梅雨入りしました(11時発表でした).

         梅雨入り      梅雨明け
  平年    5月29日ごろ    7月13日ごろ
  昨年    6月11日ごろ    7月15日ごろ

ところがこの雨,種子島屋久島に大雨洪水警報がでるほどになっていて,九州南部は大雨に要警戒です.

どちらの情報も,気象庁の九州南部地方の気象情報をごらんください.

じゃあ,九州北部は?というと,今日の雨以降,明日から晴れる日が多くなるという予報になってます.

結局,いつもの年と同じ頃になるのかもしれません.

九州北部地方の  梅雨入り      梅雨明け
  平年    6月 5日      7月18日
  昨年    6月10日      7月17日

金曜日はメルマガ

ども,(た)です,金曜日は(ま)のメルマガです.

日照不足,ちと深刻な気配ですね.ほんと,もう梅雨に入っているような気さえもします.

====================================================================
   お天気Magazine九州 2006.5.25号
====================================================================
◆日照不足に関する情報
 今週22日(月)に、日照不足に関する情報が各地に発表されました。
 九州は、5月初めまではよく晴れたのですが、ゴールデンウィーク終盤の
6日以降、前線などの影響で、くもりや雨のぐずついた天気の日がたいへん
多くなっています。このため、九州をはじめとして、西日本から東日本にか
けての広い範囲で、5月としては極端に日照が少ない状態が続いています。
 今週は、梅雨前線が九州より南に南下しやすくなっていることから、晴れ
間も多くなっていますが、本格的な梅雨ももう間近に控えており、農作物の
管理などについては今後も十分な注意が必要です。

九州北部の日照不足に関する情報
http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/109_20060522110001.html
九州南部の日照不足に関する情報
http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/110_20060522115504.html
西日本〜東日本の日照不足に関する情報
http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/000_20060522110037.html

--------------------------------------------------------------------
◆霧島山の火山活動度レベル低下
 宮崎県と鹿児島県の境に位置する霧島山の新燃岳および御鉢の火山活動度
レベルが、今週22日(月)に、それぞれ2(やや活発な地震活動)から1(静穏
な地震活動)に引き下げられました。
 新燃岳は、今年1月18日から身体に感じない火山性地震が増加するなど、
火山活動がやや活発になっていました。しかし、最近は火山性地震や火山性
微動が減少しています。
 また、御鉢については、今年2月15日に振幅のやや大きな火山性微動が観
測されたほか、火口の縁をこえる噴気が観測されていました。しかし、最近
は、噴気や火山性微動などの状況が静穏になっています。
 これらに伴って、火山の活動度を表す活動度レベルを、もっとも低い1に
したものです。

霧島山の火山観測情報第6号
http://www.jma.go.jp/jp/volcano/505-20060522150000-42.html

-----------------------[天気のこ・と・ば]---------------------------
つゆいり【梅雨入り】
 もう6月も間近。梅雨入りが気になる時期になりました(といっても、今
年はずっと前に梅雨に入っているような気がしないでもないですが…)。
 梅雨入りの平年日は、九州南部が5月29日、九州北部が6月5日ですが、
年によってずいぶんその時期も異なり、1956年には九州南部でなんと5月1
日に梅雨入りしちゃったという記録もあります。
 梅雨入りするかどうかというのは、気象庁の方が判断して発表することで、
こうなったら梅雨入りだ、という明確な基準というのはありません。まぁ、
それから少なくとも1週間程度は、梅雨前線が近くに停滞し、週間天気予報
を見てもくもりや雨のマークがずらりと並ぶというような時に、梅雨入りが
発表されることが多いようです。
 しかし、年によってはある日を境にずっーと雨が降って、梅雨入りを決め
やすいこともあれば、梅雨入りを発表はしたものの、期待を裏切られ、その
後、ピーカンの天気が続いてしまうなんていうことも。梅雨入りの判断は、
毎年、頭を悩まされるのです。
 ちなみに、梅雨入りと梅雨明けの期日は、9月の初めごろに毎年、見直し
が行われます。一般の方は、そんな時期に梅雨のことをいわれたってあまり
関係ないのですが、統計上はこの期日が正式なものとして残されていくこと
になります。

気象庁「昭和26年以降の梅雨入りと梅雨明け」
http://www.data.kishou.go.jp/yohou/kaisetu/baiu/kako_baiu1.htm

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------
 今週は、気象庁から日照不足についての情報が発表されたこともあり、全
国的にも今月の天候不順が注目された1週間となりました。
 ニュースがワイドショーでも、野菜の値上がりについての話題が取り上げ
られていました。野菜の値上がりといえば、今年の冬の寒波に伴う急激な値
上がりが思い出されます。今回の日照不足は、まだそこまで極端なものでは
ないようですが、1割から2割ぐらいは高くなっているとのこと。今後の動
向が注目されます。
 また、野菜と並んで、この時期に収穫を迎えている麦や茶も、心配です。
福岡県や佐賀県は、全国的に見ても麦の代表的な産地で、ビールの材料にも
なっています。梅雨入り前の乾燥した時期に収穫をしてしまわなければなら
ないのですが、今年のように雨が多いと、品質が落ちてしまうおそれがある
のです。
 これからの暑い夏。うまいビールが飲めるようになるためにも、どうかお
天道様にもうちょっとがんばってもらいたいものです。

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 26日(金)は、梅雨前線が九州に北上するため、各地で雨で特に宮崎県など
太平洋側では大雨のところも。27日(土)は、雲が多く、弱い雨が残るところ
もある見込み。また、28日(日)もやや雲が多く、すっきりしない見込みです。
 29日(月)から30日(火)にかけては、梅雨前線がいったん南下しますので、
九州は晴れ間が広がりそうです。
  (ま)
====================================================================
(財)日本気象協会九州支社 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================


2006年5月25日 (木)

長崎、女神大橋

ども、携帯から(た)です。
本日長崎出張でした。

決して観光ではありません、この橋の構築にも気象のお仕事が…

2006年5月24日 (水)

福岡市政だよりにAED

ども,ちと多忙でさぼってた(た)です.

本日出勤すると,同僚より話し掛けられました.

(同):(た)さん,これ知っとう?
(た):ん?福岡市の市政便り?おっ,「風水害に備えましょう」 
    おお,この写真はこの前福岡市のご担当にお送りしたやつよぉ!うん.
(同):へぇ〜,やっぱウチの仕事やったンやね〜.で,こっちにこれも出とったよ

とみせてもらったのが
「いざというとき命を救う AED設置を進めています」
の記事でした.

お手元に市政便りのない方のために,アップをしときましたのでご覧ください.

で,詳しい設置場所もお聞きしました.これは後日.

2006年5月19日 (金)

金曜日はメルマガ

ども,(た)です.
台風崩れの雨もようやく一息ですね.
金曜日に掲載しているメルマガですが,すいません,本来は木曜日の夜に配信している分なので,中身が少し古くなっちゃいました.メルマガをいち早くご覧になりたい方,またバックナンバーを参照されたい方はこちらをどうぞ!


====================================================================
   お天気Magazine九州 2006.5.18号
====================================================================
◆台風1号は温帯低気圧へ
 台風1号が、現在、中国の華南を北上中です。
 台風1号は、今月9日にフィリピンの東海上で発生した後、勢力を強めな
がら、フィリピンを横断。南シナ海に入った後は、さらに勢力を強め、15日
から16日にかけては、中心気圧930ヘクトパスカル、最大風速45メートルの
大型で非常に強い台風にまで発達しました。その後、北上を続け、18日朝に
大陸に上陸しました。
 台風は、今後、勢力を弱めながら東シナ海を北上。19日朝までに温帯低気
圧に変わり、夜にかけて九州へ近づく見込みです。
 台風ではなくなっても、大量の湿った空気を九州へと運んでくるため、19
日は、局地的に激しい雨が降るおそれがあります。また、南よりの風が強ま
り、海上は東シナ海を中心にしけますので、船も十分に注意する必要があり
ます。

最新の台風進路は、「お天気Web九州」
http://www.jwaq.gr.jp/
で、ご覧ください。

--------------------------------------------------------------------
◆梅雨のはしり続く
 九州は、この2週間近く、顕著な梅雨のはしりが続いています。
 各地で日照時間がかなり短くなっており、雨量はすでに5月一か月分の平
年の雨量を大きく超えているところも多くなっています。
 この原因は、太平洋高気圧が例年に比べて勢力が強くなっていることです。
太平洋高気圧が、この時期には南西諸島付近にあるはずの梅雨前線を北に押
し上げているために、九州が梅雨本番を思わせるぐずついた天気となってい
るのです。逆に、南西諸島は平年より遅れて梅雨入りはしたものの、その後
も晴れ間が広がる日が多くなっています。
 今後の天候が気になるところですが、来週は梅雨前線がやや南下し、これ
までに比べれば、晴れ間が多くなる見込みです。
 ただ、梅雨入りの平年日は九州南部が5月29日、九州北部が6月5日とな
っており、本格的な雨の季節ももう近づいています。

-----------------------[天気のこ・と・ば]---------------------------
おんたいていきあつ【温帯低気圧】
 台風や熱帯低気圧の性質が変わるときに、「温帯低気圧に変わる」という
表現がよく用いられます。
 台風や熱帯低気圧は、南の海でたっぷりと蓄えた暖かい空気をエネルギー
源としています。ところが、台風や熱帯低気圧が気温の低いところへ移動す
ると、次第に冷たい空気が台風や熱帯低気圧の中心付近へ巻き込まれていき
ます。そして、南の暖かい空気と北の暖かい空気の境目に前線が発生し、温
帯低気圧へと変わります。
 天気図上では、台風が北上する時、初めは台風の北に前線ができますが、
それがだんだんと台風の中心に近づいていき、ついに前線が台風の中心から
のびるような形に変わった段階で、温帯低気圧に変わったということになり
ます。
 ただ、台風が温帯低気圧に変わったからといって、油断をしてよいという
わけではありません。台風が運んできた大量の湿った空気のために、大雨が
降ることはよくありますし、温帯低気圧に変わってから発達し、台風であっ
た時以上の強い風を吹かせることもあります。

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------
 今週、気象庁の定員削減についてのニュースが報じられました。国の公務
員削減の一環として、気象研究所の独立行政法人化と、全国の測候所の原則
廃止を行うというものです。
 現在、九州・山口には、山口、厳原、福江、阿蘇山、種子島、屋久島、名
瀬、沖永良部に測候所があります。以前は、さらに多くの測候所が各地にあ
ったのですが、観測の自動化などによって現在の数になっています。
 観測や通信機器の発達によって、降水量や気温などのデータは無人化して
も、有人の時とほぼ同等のものが得られるようにはなっています。しかし、
有人でなければ観測できない項目も多くあります。たとえば、空の雲の量や、
雷が鳴っているかどうか、雨が降っているのか雪が降っているのか、といっ
たことは人の目や耳を使って観測をする必要があります。また、桜をはじめ
とする生物の観測も、人なしには行えません。長期間にわたって蓄えられて
きた測候所の観測データは、無人化とともに途絶えてしまうことになります。
 国の効率化のためとはいえ、人が肌で感じた季節感あふれる観測データが
なくなってしまうということは、寂しいことではあります。

朝日新聞「気象庁、測候所を原則廃止へ、100年超す歴史に幕」
http://www.asahi.com/national/update/0512/TKY200605120360.html
気象庁「地上気象観測所一覧」
http://www.data.kishou.go.jp/mdrr/chiten/sindex2.html

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 19日(金)は、台風1号が温帯低気圧に変わり、九州に近づいてくるため、
局地的に激しい雨が降るおそれがあります。南よりの風が強まり、海上もし
けるなど荒れた天気になる見込みです。また、気温、湿度ともに高く、蒸し
暑くなります。
 20日(土)も、雲が多く、一時雨が降るところが多いですが、21日(日)から
22日(月)にかけては、久しぶりに晴れ間が広がるところが多くなりそうです。
  (ま)
====================================================================
(財)日本気象協会九州支社 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================

2006年5月18日 (木)

熊本県の方!携帯の防災情報はこちら!

ども,本日出張だった(た)です.

お客様まわりの際に,お渡しした資料がとても喜ばれました.
その元にしたのが,防災リンクです.
特にこの中の
豪雨防災情報に関わる課題の検出法に関する提案    http://www.jwa.or.jp/topics/2005ronbun_result/ronbun1.pdf
気象に関する懸賞論文 選考結果発表 http://www.jwa.or.jp/topics/2005ronbun_result/index.html

がお客さまに好評でした.

今回,いろいろな打ち合わせをさせていただいたのですが,その中でとくにご意見をいただいたのが「携帯電話での防災情報」でした.

ちょっと企業秘密?ですが,このご要望に答える例として
福岡市や福岡県志免町宇美町などのページ,そして「とおりすがりのもの」さんのおすすめにもある,熊本県統合型防災情報があります.

熊本県の方は,一般気象情報はもちろん,熊本県のオリジナル雨量実況河川水位実況が利用できます.

熊本県の方,携帯にhttp://www.mobile.bousai.pref.kumamoto.jp
を是非登録下さい!
熊本県以外の方も,気象情報は利用の価値あり!です.


※登録の工夫※
トップページももちろんですが,ご自宅の近くの雨量実況・河川実況をお気に入りに登録すれば気になる情報が5秒で見られます.
たとえば,水俣の方であれば
深川http://www.mobile.bousai.pref.kumamoto.jp/up141.html
といった具合です.
雨や水位が気になったら,すぐにチェックです!



熊本県統合型防災情報の気象レーダー【熊本】の今の例

大雨に関する情報!

ども、携帯から(た)です。
出張先で雲に半分かくれた桜島をみてたらメール受信。

台風第1号は19日9時までに温帯低気圧に変わって、九州北部地方に接近する見込みとのこと。
今後の情報にご注意です!

詳しくはこちら.
http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/109_20060518162109.html