« 2006年3月 | メイン | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月30日 (日)

福岡夏日!熱さと紫外線にご注意!

ども,お休みは庭仕事の(た)です.

妻にいわれてレッドロビンの枝きりをしてたのです.
っかし暑かった!それに陽射しで肌がジリジリしました.

調べてみると福岡の最高気温は27度5分今年一番の高さ,25度以上ですから「夏日」でした(ちなみに30度以上は「真夏日」です).

でも暑いといいこともあります.ビールがウマイbeer



あしたも今日と同じくらい暑いです.紫外線も強いですよ.

女性に限らず屋外に出かけられる方はこちらで紫外線チェック,対策を忘れずに.

↓あす1日の福岡のSPFは50!(女性の方はお分かりですよね,この高さ)

2006年4月29日 (土)

緑の日?,子供の日?

ども,私も大型連休スタートの(た)です.

お休みの前,となれば,気のおけない仲間とのおいしいお酒!
そのときのネタです.

放送局担当者A:「B君のチェックはきついっちゃね〜.今日も原稿修正されたよ.」
放送局担当者B:「えっ,そうですか〜.でも今日のは,やっぱりまずいですよ」
A:「そうよね,自分でも違和感あったっちゃけど言われて気づいたもんね」
(た):「え?何のことですかぁ〜?」

ってことで,原稿の一部をどうぞ.

誤:「29日緑の日の日の天気は・・・・その後も晴天が続き5日後子供の日も晴れの天気が続くでしょう」
正:「29日みどりの日の日の天気は・・・・その後も晴天が続き5日こどもの日も晴れの天気が続くでしょう」


細かいといえば細かいですが,いえいえきちんとお伝えするのは私たちの義務なんですね,はいさすが(ま)!

このほか建国記念の日(誤:建国記念日)もよく間違いやすいようです.


ついでですが,来年から祝日がちょっと変わります.
4月29日:昭和の日
5月 4日:みどりの日

(残念ながら年間の休日数が増えるわけではないですよ〜)

※暦について詳しく知りたい方はかわうそさんのページをご参考ください.

2006年4月28日 (金)

金曜日はメルマガ(週間予報掲載!)

ども,金曜日はおまたせ,(ま)のメルマガです.
ネタに合わせて,横に置いてある天気予報を一週間先までの週間予報にしてみました(詳しい天気はお天気web九州をどうぞ).

ところで,ミニミニトリビアをひとつ.
「ゴールデンウイーク」はNHKでは使用しない
ご存じでした?NHKのニュースなどでご確認のほどを.

====================================================================
   お天気Magazine九州 2006.4.27号
====================================================================
◆いよいよゴールデンウィーク
 ゴールデンウィークが近づいてきました。ことしは、曜日の並びが比較的
よく、世の中には9連休という方も多いという話も聞きます。ところが、今
月は雨が降る日がたいへん多いため、連休中の天気が気になっている方も多
いのではないでしょうか。
 現在のところの見通しとしては、天気の傾向がこれまでの周期変化型のパ
ターンから晴天持続型のパターンに変わるため、全般に晴れる日が多くなる
と見ています。また、来週は気温も上昇し、最高気温が25度以上の夏日とな
るところも多くなりそうです。

最新の天気予報は「お天気Web九州」
http://www.jwaq.gr.jp/

--------------------------------------------------------------------
◆相次ぐ黄砂飛来
 この春は黄砂が飛来することが多くなっており、今週も九州で視程(水平
方向の見通し)が5km前後まで落ちるところがあるなど、やや濃い黄砂が各
地で観測されました。
 日本にやってくる黄砂は、中国大陸奥地のゴビ砂漠、タクラマカン砂漠、
黄土地帯といったところが飛来するのですが、こういった地域で、�春先の
気温が高かったため、雪解けが早く、早い時期から地表の砂が空に舞い上げ
られやすくなった、�冬から春にかけて非常に雨が少なかったため、地表が
乾燥しており、砂が舞い上がりやすい、�この春は低気圧が発達して、砂嵐
をたびたび起こした、といったことがこの春の黄砂多発の原因となっている
ようです。
 九州の黄砂は、2000年に非常に濃い黄砂がたびたび飛来し、生活や交通機
関に影響が出た後は、比較的少なくなっていたのですが、ことしはここ数年
間の中ではもっとも黄砂の飛来が多くなっているようです。
 黄砂は5月にかけても、時々九州に飛来しますので、引き続きお気をつけ
ください。

気象庁「黄砂情報」
http://www.jma.go.jp/jp/kosa/

-----------------------[天気のこ・と・ば]---------------------------
さくらぜんせん【桜前線】
 九州では、もう桜の木は緑の葉がたくさん繁ってしまいましたが、東北や
北海道ではこれからがお花見シーズンです。桜前線はただいま秋田市、盛岡
市付近を北上中。まもなく青森県に達し、5月初めには津軽海峡を渡る見込
みです。
 今年は冬がとっても寒かった影響で、梅前線の北上が遅くなっており、現
在、桜前線とほとんど並んでいます。例年だと、桜前線に追われながらも梅
前線のほうが先に津軽海峡を渡るのですが、ことしは北東北でデッドヒート
を繰り広げているのです。
 これまで猛スピードで日本列島を北上してきた桜前線も、最近、東北で気
温が低くなっているため、北上のスピードを落としがち。はたして、津軽海
峡を渡るのは、梅が先か桜が先か。もし、桜が梅を追い抜けば、比較的珍し
いことになります。

桜の開花状況
http://www.jwa.or.jp/kisetsu_info/kisetsu_tayori/index.php?tayori=sakura
梅の開花状況
http://www.jwa.or.jp/kisetsu_info/kisetsu_tayori/index.php?tayori=ume

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------
 いよいよゴールデンウィークが近づいてきました。今年は曜日の並びがよ
いため、カレンダー通りに休んでも5連休、5月1日と2日が休みで9連休
の会社も多いと聞きます。
 しかし、このゴールデンウィーク、天気予報をする側にとってはプレッシ
ャーがかかる時期でもあります。あちこちで数多くのイベントが行われ、し
かも気候のよい時期ですから屋外のイベントが多いんですねぇ。ずっと晴れ
ならよいのですが、長いゴールデンウィーク期間中には、少なくても2日か
3日ぐらいは雨が降るものです。連休中の雨は普段以上に大きな影響があり
ますから、それだけ予報を出す側もプレッシャーを感じるというわけです。
(もちろん普段もしっかりやっているのですが)
 ただ、ゴールデンウィーク中、ずっと晴れればみんな喜ぶかというと、そ
うでもないわけでして、たとえば映画館や水族館などといった屋内の施設は
雨が降ったほうがお客さんが増えるといったこともあります。今年の連休は
どうやら天気がよい日が多くなりそうですから、屋内レジャーの方々にとっ
ては、よくない天気ということになるかもしれません。

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 連休は天気に恵まれる日が多くなりそうです。
 28日(金)は、九州南部を中心にやや雲が多くなり、29日(土)は九州南部を
中心に午前中一時雨。崩れは比較的小さい見込みです。30日(日)には回復し、
来週の5月5日こどもの日ぐらいにかけては、一時的に雲が多くなったりは
しますが、全般には晴れ間が多い天気となりそうです。
 すでに紫外線が強くなっています。お出かけの際には紫外線対策が必要で
す。

※「お天気Magazine九州」は、原則として毎週木曜日にお送りしております
が、来週はゴールデンウィーク中に当たっておりますので、お休みとさせて
いただきます。ご了承ください。
  (ま)
====================================================================
(財)日本気象協会九州支社 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================


2006年4月27日 (木)

天気予報に関するアンケート調査結果!

ども,まだ居残りの(た)です.

そろそろ帰ろうかと思ってメールチェックをしたら,ネタが飛び込んできたので,報告です.

〜メールから〜


======================================================================
気象庁 http://www.jma.go.jp/jma/index.html
======================================================================
【報道発表資料】
地震防災対策強化地域判定会会長会見(定例)
http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/gaikyo/hantei20060424/index.html
天気予報に関するアンケート調査の結果について
http://www.jma.go.jp/jma/press/0604/24b/h18_manzokudo.html
自治体が設置した震度計の設置環境調査結果について
http://www.jma.go.jp/jma/press/0604/24a/20060424shindokei_kankyo.html


ってことで,早速「天気予報に関するアンケート調査の結果について」サイトで中味を確認!

主な項目をピックアップすると...
【天気予報全般に対する満足度、信頼度】
【予報の入手媒体】
【各予報の重視度と満足度】
【予報に対して不満に思うこと】
【黄砂情報】
【紫外線情報】

アンケートは郵送とWebの両方で行っており,それぞれの特徴が視られるのがおもしろいですね.

内容としては,なんて分析をするにはまだ早いですね,じっくり読んでみよう.

2006年4月26日 (水)

構内速度制限35km!

ども,お客様巡りでちと疲れた(た)です.

今日は車で郊外のお客様を訪問です.
まず正門の受付で登録をすると,差し出されたのが
  ・入門章(いわゆるバッジですね)
  ・ヘルメット(構内では必須だとのこと)
  ・消火器(はい,構内では必須だそうです)
です.

で,ご担当者のかたにバイクで正門までお出迎えをいただきました.
気象端末設置の場所までついてくるようにいわれ,まず直進して1km右折してまた1km,です.

このときの構内のスピード標識が[35]でした.
先導くださったご担当者は,きっちり道路の左端を時速35km!
「安全規則の遵守」という言葉が頭に浮かびました.


打ち合わせ無事終了.
後は一人で構内を正門まで戻りました.
もちろん時速35kmです.

2006年4月25日 (火)

この時期の寒さをなんという?

ども,初心忘るるべからず,の(た)です.

私たちの事務所には,よく一般の方からの電話がかかってきます.
お天気のお問い合わせが多いのですが,時々侮れない電話も.

受付の女性から
「(た)さぁん,問い合わせなんですけど...」
んん?何事?
桜の咲いてる頃の寒さは『花冷え』だけど,今時の寒さはなんていうか,って問い合わせなんです」
むむ,なんだっけ,ううむ,ええっと,思い出せない,って思ってると,横にいた先輩が一言.
 「若葉寒(わかばざむ)」

そうだった,うん....

ちょと恥ずかしいのと,さすが先輩,ってのが混ざり合ったひとときでした.



追.内線で(ま)に,同じ質問をしたら,間髪入れず正解が帰ってきました.
 ううむ,先輩も現役もさすが,負けられねぇ...

追2.しばらく気温が低いです.新緑はきれいですが,体調を崩しませぬよう.

2006年4月24日 (月)

黄砂に関する情報!

ども、月曜の朝,妻からいきなり「空,白いよ,黄砂?洗濯物大丈夫かしら?」と質問をうけた(た)です.

んん?とおもっていると携帯にメールが.

黄砂に関する福岡県気象情報 第1号
黄砂による見通しは、福岡市中央区で9km,洗濯物に汚れのつく恐れがあるとの内容です.
ちなみに,私や(ま)の携帯には,警報注意報,地震をはじめ,各種気象に関する情報が24時間飛び込んでくるようにしてあるのです


妻に洗濯物を部屋に干すようにいって出勤してたら,ほんと空が白い(黄色い).あしたも続きますから,ちょっとご注意です.


府県気象情報:福岡県
府県気象情報:長崎県
府県気象情報:熊本県
府県気象情報:大分県

※気象庁の黄砂ページ,広い範囲で観測されてます!
※環境省の黄砂のページ(国も対策を練っているのです)
※黄砂のお話は[お天気Magazine九州 2006.4.6号]もご参考ください



【大濠公園の空とそれをうつす水面】

↓昨日の夕方撮影


↓今朝撮影

2006年4月21日 (金)

金曜日はメルマガ

ども(た)です.
金曜日は(ま)のメルマガです.
====================================================================
   お天気Magazine九州 2006.4.20号
====================================================================
◆春の嵐
 今週19日(水)の夜から20日(木)にかけて、九州は暴風に見舞われ、大荒れ
の天気となりました。
 この嵐をもたらしたのは、日本海に進んできた発達した低気圧です。この
影響で、宮崎市で4月としては観測史上最高の最大瞬間風速27.0m/sを記録
するなど、各地でたいへん強い西寄りの風が吹き荒れました。
 この影響で、海や空の便、道路など交通機関に影響が出ました。
 この荒れた天気をもたらした低気圧は、スピードは遅いもののゆっくりと
東へ進んでおり、21日には九州への影響は次第に小さくなる見込みです。

大荒れの天気についての西日本新聞の記事
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/20060420/20060420_033.shtml

--------------------------------------------------------------------
◆「ひまわり6号」ダウン
 今週17日(月)に、気象衛星「ひまわり6号」による気象観測が行えなくな
るという事態が発生しました。
 これは、気象衛星のコンピュータが一時的に停止し、衛星の姿勢がずれた
ことが原因で、姿勢を直すなどの対策に時間がかかってしまいました。この
ため、17日午前2時から観測が停止し、正常に観測が再開されたのは午後9
時で、約20時間にわたって観測が休止しました。
 「ひまわり6号」については、打ち上げ後、これまでも観測が一時的にで
きなくなったことがありましたが、今回ほどの長時間にわたって欠測したの
はこれが初めてです。

ひまわり障害について、気象庁からのお知らせ
http://www.jma.go.jp/jma/press/0604/17a/20060417a.html
http://www.jma.go.jp/jma/press/0604/17b/20060417b.html
http://www.jma.go.jp/jma/press/0604/17c/20060417c.html
http://www.jma.go.jp/jma/press/0604/17d/20060417d.html 

-----------------------[天気のこ・と・ば]---------------------------
きしょうえいせいノア【気象衛星NOAA】
 今週17日に、「ひまわり6号が」ダウンした際、一部の新聞の天気予報欄
に、いつもの「ひまわり6号」ではなく、アメリカの気象衛星「NOAA」
が撮影した雲の画像が掲載されました。
 「ひまわり6号」など日本がこれまでに打ち上げてきた気象衛星は「静止
気象衛星」と呼ばれ、常に日本の南の赤道上にあります。つまり、地球の自
転と同じスピードで移動することによって、常に日本の雲が写るようにして
います。そして、日本から見るとあたかもじっと止まっているかのように見
えるので「静止」気象衛星と呼ばれるわけです。 
 一方、「NOAA」は「極軌道気象衛星」と呼ばれます。これは、地球を
南北にぐるぐるとまわる、まったく違う軌道をまわっています。つまり、北
極と南極の間をまわっているので「極軌道」気象衛星というわけです。これ
だと、静止気象衛星と同じようにいつも同じ場所を撮影するということはで
きないのですが、静止気象衛星が苦手な高緯度の観測が正確にできます。ま
た、「ひまわり」などの気象衛星が上空約36,000kmという高いところを飛ん
でいるのに対し、「NOAA」は約800kmという低い高度を飛んでいるため、
高い解像度の画像が得られるという利点もあります。

------------------------[お天気屋のつぶやき]------------------------
 今週、九州は春の嵐に見舞われましたが、この嵐の原因となる寒気は、シ
ベリアから日本付近へ南下してきます。すると、寒気の通り道となる中国な
どの国々でも嵐は起こっており、日本以上にたいへんなことになっていたり
するのです。それがこちら
http://j.peopledaily.com.cn/2006/04/17/jp20060417_59048.html
http://j.peopledaily.com.cn/2006/04/18/jp20060418_59054.html
 まさに北京の街がまっ茶色。黄砂が、あたかも雪か火山灰のように街を覆
ってしまっているのです。(そして、この黄砂が日本へ飛来し、東京で6年
ぶりに黄砂が観測されるなどしたのでした。)
 九州でもこの春は、強い風が吹くことが多いのですが、やはりその点も中
国でも同じようで、ことしは頻繁に激しい黄砂に見舞われ、生活にも大きな
影響が出ているそうです。
 やはり天気に国境はないのですね。

東京の黄砂の様子(18日、毎日新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060419-00000000-maip-soci.view-000

--------------------------[これからの天気]--------------------------
 天気は引き続きはやいペースで変化します。
 21日(金)は全般に晴れ。風も弱まり、次第に穏やかな天気に戻りそうです。
しかし、22日(土)は早くも次の低気圧が近づいてくるため、午後は次第に雨。
23日(日)は雨は朝までにはやんで、日中は急速に晴れ間が広がりそうです。
  (ま)
====================================================================
(財)日本気象協会九州支社 http://www.jwaq.gr.jp/

 ご意見・ご質問などは jwaq-mag@jwaq.gr.jp までご遠慮なくどうぞ
配信の登録・停止などは
   http://www.jwaq.gr.jp/jwaq_new/mag/mag_toroku.html をご覧下さい
====================================================================

2006年4月19日 (水)

寒冷前線通過,あすにかけ暴風!

ども,無事帰宅の(た)です.

いやあ,さっき帰ってきたのですが,暴風にはマイッタ!
自転車が進まないではないですか!

まあ,自転車くらいならよいのですが,この強い西風で災害が起きないことを祈ります.




さて,このデータ↑ですが,いわゆる「教科書どおり」の寒冷前線の通過の記録になってますので,アップしてみました.

特徴としては...
  ・風向が南よりから北西へ
  ・気温の急激な降下
があげられます.
また,各地の雨量は多いところでも10mm程度ですが,これが10分間ぐらいのごく短い時間に集中しました.「雨量強度」という意味では,10分間に10mmですから,いつもの一時間雨量に換算すると60mm!一時間続けば大雨警報の基準にもなりかねない雨だったわけです.

とまれ,今回,雨はたいしたことなく終了ですが,風が強い!
明日にかけ強い西風には要警戒です!

大荒れのお天気になります!!

ども,本日残業の(た)です.

さっき仕事を終えた(ま)から,「雨の後,暴風警報,でますよ」って話を聞いたので,早速調べて見ました.

←おおっ,顕著な寒冷前線の通過だ!





長崎から佐賀,福岡方面はこれから一時的に雨です,場所によっては強くふるところもありそうです



20日9時の予想天気図です.
日本海に寒気を伴った発達した低気圧,これの影響で強い西風の恐れ.



例によって気象台の情報をチェックすると,すでに各地に強風・波浪・雷の注意報がでていて,あすの朝までに警報に切り替わる可能性があるとのこと!



穏やかな陽気が一転,大荒れの天気になります.

情報入手で備えてください.


府県気象情報:福岡県
府県気象情報:佐賀県
府県気象情報:長崎県
府県気象情報:熊本県
府県気象情報:大分県
府県気象情報:宮崎県
府県気象情報:鹿児島県
府県気象情報:沖縄県

※気象庁のページ