« 2006年1月 | メイン | 2006年3月 »

2006年2月

2006年2月24日 (金)

祝!ひまわり7号!!

ども,焼酎タイムを楽しんでいたらテレビのひまわり7号にびっくり!の(た)です(命名が今日だった,忘れてた!).

気象庁のページ
に発表があったのですが,いろいろ調べてみたら,
北本 朝展 研究室 @ 国立情報学研究所(NII)
こちらに詳しく紹介されています.
(ううむ,非常にわかりやすいですね)
で,ひまわりの歴史としてはNASDAのこちらのページがありました.

私が気象の世界に入った時には「ひまわり2号」だったのですが20年あまりが経過して,ついに7号ですか.....

福岡県の警報注意報基準が変わります

ども,勤務中の(た)です.

ちょっとコーヒーブレイクで(ま)と雑談してたら,福岡県の警報注意報基準変更が話題になりました.

昨日,プレスへの発表があり,(ま)が福岡管区気象台で説明を受けました.具体的な変更は,福岡管区気象台のおしらせページをご覧いただくとして,変更のポイントを少々ご説明します.

1.発表の基準となる1時間雨量変更
 これまで大雨警報は1時間に50mmの雨が予想されているときに発表していましたがこれを1時間に60mmの雨に変更しました.洪水警報なども雨量を変更しています.

2.大雨警報に総雨量の基準を追加
 大雨警報の1時間雨量に,今回から総雨量100mmという条件が追加されました
 この変更により,短期間の豪雨のみで終わるもの(夏場の夕立)など,災害に結びつかないようなものをのぞくことができるわけで,より信頼性の高い警報発表となります.


いずれの変更も,過去の災害と雨量の関係を確認しながら,より現実的な基準に変更を行うもので,福岡管区気象台だけでなく,各地の気象台でも随時検討・変更を行っています.

これから季節が移るにつれ,雨の災害が起こりやすくなります.
今年の福岡は警報発表の回数そのものは減るかもしれませんが,逆に発表されたときには災害に結びつく可能性がより高いといえます.

「どうせたいした雨ではなかろう」なんて油断は禁物です.


以上,職場からまじめモードでした.

2006年2月22日 (水)

鹿児島空港AED

ども、携帯から(た)です。

なんと6ヶ所設置ずみでした!

やるな、鹿児島空港ビル!

2006年2月21日 (火)

雨とロケット打ち上げ延期

ども本日早起きだった(た)です.

目的は,そう,オリンピックのカーリングでした.
おもしろいですね〜カーリング.氷上のチェス,だそうです.
私は,チェスも将棋も囲碁もバックギャモンもルールがやっとわかるくらいですが,とにかくカーリングは楽しめました.

で,引き続きニュースを見ていたら,種子島のロケット打ち上げ延期のニュースが!
先週は運輸多目的衛星(ひまわり6号の後継ですね)打ち上げ成功!ということで関係者(?)として喜んでいたものですから,ちょっと複雑な感じでした.

しかも延期の原因が打ち上げ直前のrainによるとのこと.福岡は晴れてるのになあと思いながらレーダーをチェックしたところ,確かに種子島方面に雨雲がかかってました.

今回のロケットは,特に雨に弱い部分があるとのことでしたが,次回は順調に打ち上げられて欲しいですね.

宇宙機構が打ち上げ延期を決めたころのレーダ

2006年2月16日 (木)

鹿児島県庁にAED

ども、携帯から(た)です。
鹿児島県庁1階、正面玄関からエレベータホールをすぎてつきあたりに設置されています。

最近、AEDハンターですね。

2006年2月14日 (火)

花粉の季節...

ども,花粉症暦十数年の(た)です.


本日朝の会話.

(た):おっはよ〜
同僚1:おはよう(た)さん,ねえねえ,来とらん?
(た):うんうん,きのうからなんかきとったけど,やっぱり!
同僚2:おお,おれもきとっちゃね〜,たまらんばい!
(た):やっぱりですか,マスクがはずせんですねぇ...

もちろん,花粉悲惨(おっ,誤変換だけど飛散よりイメージぴったり!)の話です.

で,今日はちょっと手抜きで(ま)のメルマガから抜粋です.

====================================================================
   お天気Magazine九州 2006.2.9号
====================================================================
◆スギ花粉シーズン到来
 ついにやってきました。花粉の季節が。先週、気温が高い時期があったこ
とから、九州の所々でスギ花粉の飛散が観測され始めました。今週は気温が
下がり、花粉は比較的飛びにくい気象条件になりましたが、今週末から来週
前半にかけては、次第に暖かくなり、花粉の飛散が急に増える可能性もあり
ます。
 この春のスギとヒノキ科の花粉飛散数は、大飛散となった昨年より大幅に
少なく、また過去の平均と比べても少ないと予想されています。しかし、や
はり飛散ピークの時期を中心に、花粉症が発症するには十分な数の花粉が飛
散する見込みです。
 そろそろ花粉症への対策が必要です。

日本気象協会tenki.jp「花粉情報」
http://www.tenki.jp/kfn/index.html
(全国の花粉飛散状況や予防法などをご覧いただけます。)

福岡県医師会「九州各県の花粉情報」
http://www.fukuoka.med.or.jp/kafun/kafun.htm

--------------------------------------------------------------------

ううむ,やはり昨日からたくさん飛んでる!

心臓振とう,しっとう?

ども,(た)です.

12日の地元新聞に
 心臓振とう予防策進む
 胸への衝撃→突然死
 司法が関係認定
 子供の発症多数
 球場に救命機器設置

の記事が出てました.
おや?と思ってみてみると,AED関連でした!


AEDについては,こちらこちらを参照ください.

記事の内容は,健康でも胸に衝撃を受けただけで突然死を誘発する「心臓振とう」がスポーツの中で発生することが多く,再発防止を願う遺族が「救命にはすばやい電気ショック(AED)が必要」と訴えていて,高校野球の球場にも設置が進んでいるとのことでした.
記事の中で紹介されていたサイトはこちらです.
心臓震盪から子供を救う会

博多あんぜんあんしん塾・防災士取得をきっかけとしてAEDを知ったのですが,その後いろんな形でAEDとその周辺のことに気が付くようになりました.
今回の記事のなかにもありましたが,「命を救う」ためにいろんな人がいろんな活動をしているんですね....

タイトルは,ちょっとシャレを入れたのですが,一人でも多くの方にAEDを知って欲しいです.

2006年2月 6日 (月)

AED不具合報告!

ども,本日同僚とAED設置場所のネタで盛り上がってた(た)です.

が,一部のAEDに不具合があるとのこと!

くるみさんの水色><「AEDで子供を救おう」というページに詳細が掲載されています.
(くるみさんサイトにトラックバックさせてもらいました)

寝酒のほろ酔いキゲンが,ちと醒めました.

ともあれ,大事なAED.万全であってほしいです.


AEDについては,こちらこちらを参照ください.



追.同僚(一児の母)と盛り上がった中身

同僚:ねぇねぇ,(た)さん,AEDウチの近所にあったっちゃけんね!
(た):えっ,近所って,小郡(福岡県小郡市です)に?
同僚:うん,子供のスイミングスクールにいったら,(た)さんのブログのハートマークと同じのがあったったい!
二人:さすがスイミングスクール,溺れても安心やね!

(いえいえ,溺れてはなりませぬ!!)

霧島山火山情報と「ぼるけん」

ども,本日携帯メールで火山情報を受け取って,ちょとびっくり,の(た)です.

気象情報をお客様にご提供する関係から,私もモニターとして各種気象情報を携帯電話で受け取っています.今日の午後,一息ついてたら,
 「火山情報 霧島山」
を入電!おんやぁ?と思いつつ確認をしたのですが,

新燃岳の火山活動はやや活発な状態が続いています。
<新燃岳の火山活動度レベルは2が継続しています。>

という状況でした.
この「火山活動レベル」は0から5までの6段階に分かれていて,3くらいからそろそろ注意といったところですから,霧島山では今後噴火活動に移行する可能性があるかもしれない,様子を見たほうがよい状況,といえます.

で,火山活動レベル3は,って,説明をはじめると長くなりますから,あとは気象庁のこちらのページをご覧ください.
気象庁の気象統計情報の火山のページ

あ,火山観測は全国12ヶ所で行われていて,九州ではそのうち8つの火山があります.近くに火山のある方は,一度情報をのぞいてはいかがでしょうか?

大分県九重山の今の火山活動度レベル
熊本県阿蘇山の今の火山活動度レベル
長崎県雲仙岳の今の火山活動度レベル
宮崎県、鹿児島県の霧島山新燃岳の今の火山活動度レベル
宮崎県、鹿児島県の霧島山御鉢の今の火山活動度レベル
鹿児島県桜島の今の火山活動度レベル
鹿児島県薩摩硫黄島の今の火山活動度レベル
鹿児島県口永良部島の今の火山活動度レベル
鹿児島県諏訪之瀬島の今の火山活動度レベル


ちなみに今回貼り付けた画像は
鹿児島地方気象台のイメージキャラクタ<「ぼるけん」です.